AWS Step Functions
開発者ガイド

Step Functions Local 設定のオプション

jar ファイルを起動して Step Functions Local を使用するには、AWS CLI で設定するか、システム環境に含めて、設定オプションを指定できます。Docker の場合、Step Functions Local を起動するときに、ファイルでこれらのオプションを指定する必要があります。

設定オプション

オプション コマンドライン 環境
アカウント -account,--aws-account AWS_ACCOUNT_ID
リージョン -region,--aws-region AWS_DEFAULT_REGION
待機タイムスケール -waitTimeScale,--wait-time-scale WAIT_TIME_SCALE
Lambda エンドポイント -lambdaEndpoint,--lambda-endpoint LAMBDA_ENDPOINT
バッチエンドポイント -batchEndpoint,--batch-endpoint BATCH_ENDPOINT
DynamoDB エンドポイント -dynamoDBEndpoint,--dynamodb-endpoint DYNAMODB_ENDPOINT
ECS エンドポイント -ecsEndpoint,--ecs-endpoint ECS_ENDPOINT
Glue エンドポイント -glueEndpoint,--glue-endpoint GLUE_ENDPOINT
SageMaker エンドポイント -sageMakerEndpoint,--sagemaker-endpoint SAGE_MAKER_ENDPOINT
SQS エンドポイント -sqsEndpoint,--sqs-endpoint SQS_ENDPOINT
SNS エンドポイント -snsEndpoint,--sns-endpoint SNS_ENDPOINT

Docker の認証情報と設定

Step Functions Local for Docker を設定するには、aws-stepfunctions-local-credentials.txt ファイルを作成します。

このファイルには、認証情報および次のような他の設定オプションが含まれています。

AWS_DEFAULT_REGION=AWS_REGION_OF_YOUR_AWS_RESOURCES AWS_ACCESS_KEY_ID=YOUR_AWS_ACCESS_KEY AWS_SECRET_ACCESS_KEY=YOUR_AWS_SECRET_KEY WAIT_TIME_SCALE=VALUE LAMBDA_ENDPOINT=VALUE BATCH_ENDPOINT=VALUE DYNAMODB_ENDPOINT=VALUE ECS_ENDPOINT=VALUE GLUE_ENDPOINT=VALUE SAGE_MAKER_ENDPOINT=VALUE SQS_ENDPOINT=VALUE SNS_ENDPOINT=VALUE

認証情報と設定オプションを aws-stepfunctions-local-credentials.txt で設定したら、次のコマンドを使用して Step Functions を起動します。

docker run -p 8083:8083 --env-file aws-stepfunctions-local-credentials.txt amazon/aws-stepfunctions-local

このページの内容: