AWS Step Functions
開発者ガイド

Step Functions Local (ダウンロード可能バージョン) のセットアップ

ダウンロード可能なバージョンの AWS Step Functions が、実行可能な .jar ファイルおよび Docker イメージとして提供されています。Java アプリケーションは、Windows、Linux、macOS X、および Java をサポートする他のプラットフォームで動作します。Java に加えて、AWS Command Line Interface のインストールも必要です。AWS CLI のインストールおよび設定の詳細については、「AWS Command Line Interface ユーザーガイド」を参照してください。

警告

ダウンロード可能なバージョンの AWS Step Functions は、テストにのみ使用することを意図したものであり、機密情報を処理するためには使用しないでください。

以下のステップに従って Step Functions をコンピュータにセットアップして実行します。

  1. 次のリンクを使用して Step Functions をダウンロードします。

    ダウンロードリンク チェックサム
    .tar.gz 8672b951e4dad1e354598898b56f3bf0
    .zip c3c0956a1f9b1bfcab539665602523ba
  2. .zip ファイルを展開します。

  3. ダウンロードをテストし、バージョン情報を表示します。

    $ java -jar StepFunctionsLocal.jar -v Step Function Local Version: 1.0.0 Build: 2019-01-21
  4. (オプション) 使用可能なコマンドのリストを表示します。

    $ java -jar StepFunctionsLocal.jar -h
  5. コンピュータで Step Functions を起動するには、コマンドプロンプトウィンドウを開き、StepFunctionsLocal.jar を展開したディレクトリに移動し、次のコマンドを入力します。

    java -jar StepFunctionsLocal.jar
  6. ローカルで実行中の Step Functions にアクセスするには、--endpoint-url パラメータを使用します。たとえば、AWS Command Line Interface を使用して Step Functions コマンドを次のように指定します。

    aws stepfunctions --endpoint-url http://localhost:8083 command

注記

デフォルトでは、Step Functions Local はフェイクアカウントと認証情報を使用し、リージョンは 米国東部(バージニア北部) に設定されます。Step Functions Local を AWS Lambda またはその他のサポートされているサービスで使用するには、認証情報とリージョンを設定する必要があります。

AWS Lambda、AWS SAM CLI Local、または他のサポートされているサービスと連携するよう Step Functions Local を設定および実行するには、以下のトピックを参照してください。