タイムアウトを使用して実行のスタックを回避する - AWS Step Functions

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

タイムアウトを使用して実行のスタックを回避する

デフォルトでは、Amazon States Language はステートマシン定義のタイムアウトを指定しません。明示的なタイムアウトが設定されていないと、Step Functions は多くの場合、アクティビティのワーカーからのレスポンスでしか、タスクが完了したことを知ることができません。何かがうまくいかなかったらTimeoutSecondsフィールドが指定されていませんActivityまたはTask状態の場合、実行は、返されることのないレスポンスを待ち続けているため、スタックします。

実行のスタックを回避するには、の作成時に、適切なタイムアウトを指定します。Taskステートマシンで。例:

"ActivityState": { "Type": "Task", "Resource": "arn:aws:states:us-east-1:123456789012:activity:HelloWorld", "TimeoutSeconds": 300, "HeartbeatSeconds": 60, "Next": "NextState" }

詳細については、Amazon States Language ドキュメントの Task を参照してください。

注記

Amazon States Language の定義の TimeoutSeconds フィールドを使用してステートマシンのタイムアウトを設定できます。詳細については、「ステートマシン構造」を参照してください。