ゲートウェイの IP アドレスの設定 - AWS Storage Gateway

Amazon S3 File Gateway のドキュメントは、「What is Amazon S3 File Gateway?」に移動しました。

Amazon FSx File Gateway のドキュメントは、「What is Amazon FSx File Gateway?」に移動しました。

ボリュームゲートウェイのドキュメントは、「What is Volume Gateway?」に移動しました。

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ゲートウェイの IP アドレスの設定

ハードウェアアプライアンスをアクティブ化する前に、その物理ネットワークインターフェイスに IP アドレスを割り当てました。アプライアンスをアクティブ化し、そのアプライアンス上で Storage Gateway を起動したら、今度は、そのハードウェアアプライアンス上で実行される Storage Gateway 仮想マシンに別の IP アドレスを割り当てる必要があります。ハードウェアアプライアンスにインストールされたゲートウェイに静的 IP アドレスを割り当てるには、そのゲートウェイのローカルコンソールから IP アドレスを設定します。アプリケーション (NFS や SMB クライアント、iSCSI イニシエータなど) は、この IP アドレスに接続します。ハードウェアアプライアンスのコンソールから、ゲートウェイのローカルコンソールにアクセスできます。

アプライアンスの IP アドレスを設定してアプリケーションで動作するようにするには
  1. ハードウェアコンソールで、[Open Service Console] を選択し、ゲートウェイのローカルコンソールのログイン画面を開きます。

  2. localhost のログインパスワードを入力し、Enter キーを押します。

    デフォルトのアカウントは admin で、デフォルトのパスワードは password です。

  3. デフォルトパスワードを変更します。[Actions (アクション)]、[Set Local Password (ローカルパスワードの設定)] の順に選択し、[Set Local Password (ローカルパスワードの設定)] ダイアログボックスに、新しい認証情報を入力します。

  4. (オプション) プロキシ設定の構成 手順については、「Storage Gateway コンソールからのローカルコンソールパスワードの設定」を参照してください。

  5. 次に示すように、ゲートウェイのローカルコンソールの [Network Settings] ページに移動します。

    ゲートウェイのローカルコンソールの設定ページ。ネットワーク設定などのオプションが表示されています。
  6. 2 と入力すると、次に示すように [Network Configuration] ページに移動します。

    ゲートウェイのローカルコンソールのネットワーク設定ページ。DHCP と静的 IP のオプションが表示されています。
  7. アプリケーション用のファイル、ボリューム、およびテープゲートウェイを示す、ハードウェアアプライアンスのネットワークポートの静的 IP アドレスまたは DHCP IP アドレスを設定します。この IP アドレスは、ハードウェアアプライアンスのアクティベーション中に使用された IP アドレスと同じサブネット上になければなりません。

ゲートウェイのローカルコンソールを終了するには
  • Crtl+] (括弧閉) のキーストロークを入力します。ハードウェアコンソールが表示されます。

    注記

    このキーストロークは、ゲートウェイのローカルコンソールを終了する唯一の方法です。

次のステップ

ゲートウェイの設定