ネットワークパラメータの設定 - AWS Storage Gateway

Amazon S3 File Gateway のドキュメントは、「What is Amazon S3 File Gateway?」に移動しました。

Amazon FSx File Gateway のドキュメントは、「What is Amazon FSx File Gateway?」に移動しました。

ボリュームゲートウェイのドキュメントは、「What is Volume Gateway?」に移動しました。

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ネットワークパラメータの設定

サーバーが起動したら、ハードウェアアプライアンスのラックへのマウントと電源への接続 に従って、ハードウェアコンソールで、最初のパスワードを入力します。

次に、ハードウェアコンソールで以下の手順を実行して、ネットワークパラメータを設定し、ハードウェアアプライアンスが AWSに接続できるようにします。

ネットワークアドレスを設定するには
  1. [Configure Network] を選択して、Enter キーを押します。[Configure Network] 画面で、次のように表示されます。

    ハードウェアアプライアンスコンソールの [Configure Network] 画面。
  2. [IP Address] に有効な IPv4 アドレスを入力します。以下のいずれかのソースを使用します。

    • 動的ホスト構成プロトコル (DHCP) サーバーによって物理ネットワークポートに割り当てられた IPv4 アドレスを使用します。

      この場合には、この IPv4 アドレスを記録し、それを後のアクティベーション手順を使用します。

    • 静的 IPv4 アドレスを割り当てます。これを行うには、em1 セクションの [Static] (静的) を選択し、Enter を押して、以下のような [Configure Static IP] (静的 IP の設定) 画面を表示します。

      em1 セクションは、ポート設定グループの左上のセクションにあります。

    有効な IPv4 アドレスを入力したら、Down arrow または Tab キーを押します。

    注記

    他のインターフェイスを設定する場合は、要件にリストされている AWS エンドポイントへの同じ常時接続を提供する必要があります。

    ハードウェアアプライアンスコンソールの [Configure NIC to Static] 画面。
  3. [Subnet] で有効なサブネットマスクを入力し、Down arrow キーを押します。

  4. [Gateway] で、ネットワークゲートウェイの IPv4 アドレスを入力し、Down arrow キーを押します。

  5. [DNS1] で、ドメインネームサービス (DNS) サーバーの IPv4 アドレスを入力し、Down arrow を押します。

  6. (オプション) [DNS2] で、2 番目の IPv4 アドレスを入力し、Down arrow を押します。2 番目の DNS サーバーの割り当ては、最初の DNS サーバーが使用不可となった場合に、追加の冗長性を提供します。

  7. [Save] を選択して Enter を押し、アプライアンスの静的 IPv4 アドレス設定を保存します。

ハードウェアコンソールからログアウトするには
  1. [Back] を選択して、メイン画面に戻ります。

  2. [Logout] を選択して、ログイン画面に戻ります。

次のステップ

ハードウェアアプライアンスのアクティブ化