Micro Focus (HPE) Data Protector を使用したセットアップのテスト - AWS Storage Gateway

Amazon S3 File Gateway のドキュメントは、「What is Amazon S3 File Gateway?」に移動しました。

Amazon FSx File Gateway のドキュメントは、「What is Amazon FSx File Gateway?」に移動しました。

ボリュームゲートウェイのドキュメントは、「What is Volume Gateway?」に移動しました。

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Micro Focus (HPE) Data Protector を使用したセットアップのテスト

仮想テープへのデータのバックアップ、テープのアーカイブ、仮想テープライブラリ (VTL) デバイスの管理は、Micro Focus (HPE) Data Protector v9.x を使用して行うことができます。このトピックでは、テープゲートウェイ用に Micro Focus (HPE) Data Protector ソフトウェアを設定し、バックアップ操作と復元操作を実行する基本的な方法について説明します。Micro Focus (HPE) Data Protector ソフトウェアを使用する方法の詳細については、Hewlett Packard のドキュメントを参照してください。互換性のあるバックアップアプリケーションの詳細については、「テープゲートウェイでサポートされているサードパーティー製バックアップアプリケーション」を参照してください。

VTL デバイスと連動するように Micro Focus (HPE) Data Protector を設定する

仮想テープライブラリ (VTL) デバイスをクライアントに接続したら、デバイスを認識するように Micro Focus (HPE) Data Protector を設定します。VTL デバイスを クライアントに接続する方法については、「VTL デバイスの接続」を参照してください。

Micro Focus (HPE) Data Protector ソフトウェアは、テープゲートウェイのデバイスを自動的に認識しません。ソフトウェアにそれらのデバイスを認識させるには、手動でデバイスを追加して、次の説明に従って VTL デバイスを検出します。

VTL デバイスを追加するには
  1. Micro Focus (HPE) Data Protector のメインウィンドウの、左上のリストで [デバイス & メディア] シェルフを選択します。

    [デバイス] のコンテキストメニュー (右クリック) を開き、[デバイスの追加] を選択します。

    Data Protector のデバイスの追加画面。
  2. [デバイスの追加] タブで、[デバイス名] に値を入力します。[デバイスタイプ] に、[SCSI ライブラリ] を選択して、[次へ] を選択します。

  3. 次の画面で、以下を実行します。

    1. [ロボティックライブラリの SCSI アドレス] に特定のアドレスを選択します。

    2. [ドライブが使用中の場合に Data Protector が実行するアクション] で「中止」または希望するアクションを選択します。

    3. 以下のオプションを選択して有効にします。

      • [バーコードリーダーのサポート]

      • [変更された SCSI アドレスの自動検出]

      • [SCSI 予約/リリース (ロボットコントロール)]

    4. システムで必要がない場合は、[初期化の際にメディアラベルとしてバーコードを使用する] はクリア (オフ) のままにします。

    5. [次へ] を選択して続行します。

  4. 次の画面で、HP Data Protector で使用するスロットを指定します。スロットの範囲を示す数字の間には、ハイフン「-」を使用します (例: 1-6)。使用するスロットを指定した場合は、[次へ] を選択します。

  5. 物理デバイスが使用するメディアの標準的なタイプに、[LTO_Ultrium] を選択し、[完了] を選択してセットアップを完了します。

新しいテープライブラリを使用する準備ができました。テープライブラリにテープをロードするには、次のセクションを参照してください。

HPE Data Protector を使用するための仮想テープの準備

仮想データをテープにバックアップする前に、使用するテープを準備する必要があります。これを行うことには、次のアクションが含まれています。

  • テープライブラリに仮想テープをロードします

  • スロットに仮想テープをロードします

  • メディアプールを作成します

  • メディアプールに仮想テープをロードします

以下のセクションで、このプロセスの手順を確認できます。

テープライブラリへの仮想テープのロード

テープライブラリが [デバイス] の下に一覧表示されている必要があります。これが表示されない場合は、F5 を押して画面を更新します。ライブラリが一覧表示されているときに、ライブラリに仮想テープをロードできます。

テープライブラリに仮想テープをロードするには
  1. ロボットのパス、ドライブ、スロットのノードを表示するには、テープライブラリの横のプラス記号を選択します。

  2. [ドライブ] コンテキストメニュー (右クリック) を開き、[ドライブの追加] を選択して、テープの名前を入力し、[次へ] を選択して続行します。

  3. [データドライブの SCSI アドレス] に追加するテープドライブを選択して、[変更された SCSI アドレスの自動検出] を選択し、[次へ] を選択します。

  4. 次の画面で、[アドバンスド] を選択します。[アドバンスドオプション] ポップアップ画面が表示されます。

    1. [設定] タブで、次のオプションを検討してください。

      • [CRC チェック] (誤ったデータ変更を検出します)

      • [ダーティドライブの検出] (バックアップ前にドライブがクリーンであることを確認します)

      • [SCSI 予約/リリース (ドライブ)] (テープの競合を回避します)

      テスト目的で、これらのオプションを無効 (オフ) にしておくことができます。

    2. [サイズ] タブで、[ブロックサイズ (kB)] を [デフォルト (256)] に設定します。

    3. [OK] を選択してアドバンスドオプション画面を閉じ、[次へ] を選択して続行します。

  5. 次の画面で、[デバイスポリシー] の下の次のオプションを選択します。

    • [復元に使用するデバイス]

    • [オブジェクトコピーでソースデバイスとして使用するデバイス]

  6. [完了] を選択してテープライブラリへのテープドライブの追加を終了します。

スロットに仮想テープをロードする

テープライブラリにテープドライブがあるため、スロットに仮想テープをロードできます。

スロットにテープをロードするには
  1. テープライブラリのツリーノードで、[スロット] というノードを開きます。各スロットにはアイコンで表されるステータスがあります。

    • 緑色のテープはテープがスロットに既にロード済みであることを意味します。

    • グレーのスロットはスロットが空であることを意味します。

    • 緑青色の疑問符は、スロットのテープがフォーマットされていないことを意味します。

  2. 空のスロットのコンテキスト (右クリック) メニューを開き、[入力] を選択します。既存のテープがある場合は、スロットにロードするために 1 つのテープを選択します。

メディアプールの作成

メディアプールは、テープを整理するために使用される論理グループです。テープのバックアップを設定するには、メディアプールを作成します。

メディアプールを作成するには
  1. [デバイス & メディア] シェルフで、[メディア] のツリーノードを開いて、[プール] ノードのコンテキスト (右クリック) メニューを開き、[メディアプールの作成] を選択します。

  2. [プール名] に名前を入力します。

  3. [メディアタイプ] に、[LTO_Ultrium] を選択して、[次へ] を選択します。

  4. 次の画面で、デフォルト値のままにして、[次へ] を選択します。

  5. [完了] を選択して、メディアプールの作成を終了します。

メディアプールへのテープのロード

データをテープにバックアップする前に、作成したメディアプールにテープをロードする必要があります。

メディアプールに仮想テープをロードするには
  1. テープライブラリのツリーノードで、[スロット] ノードを選択します。

  2. ロード済みのテープを示す緑色のアイコンがあるロード済みのテープを選択します。コンテキスト (右クリック) メニューを開き、[形式] を選択して、[次へ] を選択します。

  3. 作成したメディアプールを選択し、[次へ] を選択します。

  4. [メディアの説明] に、[バーコードを使用] を選択し、[次へ] を選択します。

  5. [オプション] で、[強制操作] を選択して、[完了] を選択します。

選択したスロットが、未割り当てのステータス (グレー) から、テープが挿入済みのステータス (緑色) になっているはずです。メディアが初期化されたことを確認する一連のメッセージが表示されます。

この時点で、HPE Data Protector で仮想テープライブラリの使用を開始するために、すべてが設定されている必要があります。この場合、もう一度確認するために、次の手順を実行します。

テープライブラリの使用が設定されていることを確認するには
  • [ドライブ] を選択して、ドライブのコンテキスト (右クリック) メニューを開き、[スキャン] を選択します。

設定が正しければ、メッセージはメディアが正常にスキャンされたことを確認します。

テープへのデータのバックアップ

テープをメディアプールにロードすると、データをテープにバックアップできます。

データをテープにバックアップするには
  1. 画面の左上の [バックアップ] シェルフを選択します。

    Data Protector のバックアップ画面。
  2. [ファイルシステム] のコンテキストメニュー (右クリック) を開き、[バックアップの追加] を選択します。

  3. [新しいバックアップの作成] 画面の [ファイルシステム] の下の [空のファイルシステムバックアップ] を選択して、[OK] を選択します。

  4. ホストシステムを示すツリーノードで、バックアップするファイルシステムを選択し、[次へ] を選択して続行します。

  5. 使用するテープライブラリのツリーノードを開いて、使用するテープドライブのコンテキスト (右クリック) メニューを開き、[プロパティ] を選択します。

  6. メディアプールを選択して、[OK] を選択し、[次へ] を選択します。

  7. 次の 3 つの画面で、デフォルト設定をそのままにして、[次へ] を選択します。

  8. [バックアップ/テンプレートデザインの終了ステップを実行] 画面で、[名前を付けて保存] を選択して、セッションを保存します。ポップアップウィンドウで、バックアップに名前を付け、新しいバックアップの仕様を保存するグループに割り当てます。

  9. [インタラクティブバックアップの開始] を選択します。

ホスティングシステムがデータベースシステムを含む場合、ターゲットバックアップシステムとして選択できます。画面や選択は、説明したファイルシステムバックアップに似ています。

注記

バックアップジョブの進行中に何らかの理由でテープゲートウェイが再起動すると、バックアップジョブは失敗し、Data Protector でテープドライブに Dirty のマークが付きます。また、Data Protector はテープの品質を「不良」とみなし、そのテープへの書き込みを阻止します。テープからのデータの読み取りを続けるには、ドライブをクリーニングして、テープを再マウントする必要があります。失敗したバックアップジョブを完了するには、新しいテープで再送信する必要があります。

テープのアーカイブ

テープをアーカイブすると、テープゲートウェイはテープライブラリからオフラインストレージにテープを移動します。テープを取り出してアーカイブする前に、テープの内容を確認する場合があります。

アーカイブする前にテープの内容を確認するには
  1. [スロット] を選択して、確認するテープを選択します。

  2. [オブジェクト] を選択し、テープの内容を確認します。

アーカイブするテープを選択したら、以下の手順を使用します。

テープを取り出してアーカイブするには
  1. テープのコンテキストメニュー (右クリック) を開き、[取り出し] を選択します。

  2. Storage Gateway コンソールで、対象のゲートウェイを選択し、[VTL Tape Cartridges] (VTL テープカートリッジ) をクリックして、アーカイブ中の仮想テープのステータスを確認します。

テープが取り出されると、オフラインストレージ (S3 Glacier Flexible Retrieval または S3 Glacier Deep Archive) に自動的にアーカイブされます。アーカイブプロセスが完了までには時間がかかることがあります。テープの初期ステータスは、[IN TRANSIT TO VTS] と表示されます。アーカイブが開始されると、ステータスは [ARCHIVING] に変わります。アーカイブが完了すると、テープは S3 Glacier Flexible Retrieval または S3 Glacier Deep Archive にアーカイブされ、VTL には表示されなくなります。

テープからのデータの復元

アーカイブされたデータの復元のプロセスは、2 ステップです。

アーカイブされたテープからデータを復元するには
  1. アーカイブされたテープをテープゲートウェイに取得します。手順については、「アーカイブ済みのテープの取得」を参照してください。

  2. HPE Data Protector を使用してデータを復元します。このプロセスは、物理的なテープからデータを復元する手順と同じです。

テープからデータを復元するには、以下の手順を使用します。

データをテープから復元するには
  1. 画面の左上の [復元] シェルフを選択します。

    Data Protector のオブジェクトの復元画面。
  2. 復元するファイルシステムやデータベースシステムを選択します。復元するバックアップのダイアログボックスが選択されていることを確認します。[復元] を選択します。

  3. [復元セッションの開始] ウィンドウで、[必要なメディア] を選択します。[すべてのメディア] を選択した場合、バックアップに使用されたテープが表示されます。そのテープを選択し、[閉じる] を選択します。

  4. [復元セッションの開始] ウィンドウで、デフォルト設定のままで [次へ] を選択して、[完了] を選択します。

次のステップ

不要なリソースのクリーンアップ