ゲートウェイの作成 - AWS Storage Gateway

Amazon S3 ファイルゲートウェイのドキュメントはAmazon S3 ファイルゲートウェイとは

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ゲートウェイの作成

注記

Amazon Simple Storage Service へのファイルインターフェイスをサポートするファイルゲートウェイのドキュメントはAmazon S3 ファイルゲートウェイとは

このセクションでは、ファイルゲートウェイを作成、デプロイ、およびアクティブ化する方法の手順を確認できます。

注記

新しいコンソールインターフェイスは、ゲートウェイの作成に使用できます。使用しているコンソールに基づき、新しいコンソールまたは元のコンソールの手順を選択します。

ゲートウェイの種類の選択

ファイルゲートウェイでは、最後に使用したデータへの低レイテンシーアクセスのためのローカルキャッシュを使用して、Amazon S3 にオブジェクトを保存し取得します。

ゲートウェイの種類を選択するには

  1. を開くAWS Management Consoleathttps://console.aws.amazon.com/storagegateway/home/を選択し、AWSゲートウェイを作成するリージョン。

    以前にこの [ゲートウェイの作成] (Gateway) を作成したことがある場合AWSリージョンで、コンソールはそのゲートウェイを表示します。それ以外の場合、サービスのホームページが表示されます。

  2. ゲートウェイをまだ作成していない場合は、AWS選択したリージョンで、[] を選択します。開始方法。に既にゲートウェイがある場合AWS選択したリージョンで、[] を選択します。ゲートウェイナビゲーションペインの [] を選択し、続いて [] を選択します。ゲートウェイの作成

  3. を使用する場合ゲートウェイの種類の選択] で、ファイルゲートウェイ[] を選択してから、[

ホストプラットフォームを選択し、VM をダウンロードする

ゲートウェイをオンプレミスで作成する場合は、ハードウェアアプライアンスをデプロイするか、ゲートウェイ VM をダウンロードしてデプロイしてから、ゲートウェイをアクティブ化します。Amazon EC2 インスタンスにゲートウェイを作成する場合、ゲートウェイ VM イメージを含む Amazon Machine Image (AMI) を起動し、ゲートウェイをアクティブ化します。サポートされるホストプラットフォームについては、」サポートされているハイパーバイザーとホストの要件

注記

ファイル、キャッシュボリューム、テープゲートウェイのみ Amazon EC2 インスタンスで実行できます。

ホストプラットフォームを選択して VM をダウンロードするには

  1. を使用する場合ホストプラットフォームの選択で、ゲートウェイを実行する仮想化プラットフォームを選択します。

  2. 次のいずれかを行ってください。

    • ハードウェアアプライアンスを選択する場合は、「ハードウェアアプライアンスのアクティベーション」の手順に従ってアクティブにします。

    • 他のオプションを選択する場合は、仮想プラットフォームの横にある [Download image (イメージをダウンロード)] を選択し、仮想化プラットフォームの .ova ファイルを含む .zip ファイルをダウンロードします。

      注記

      .zip ファイルのサイズは 500 MB を超え、ネットワーク接続によっては、ダウンロードに時間がかかる場合があります。

      Amazon EC2 の場合、提供された AMI からインスタンスを作成します。

  3. ハイパーバイザーオプションを選択した場合は、ダウンロードしたイメージをハイパーバイザーにデプロイします。デプロイ中に、少なくともキャッシュ用に 1 つのローカルディスクとアップロードバッファ用に 1 つのローカルディスクを追加する必要があります。ファイルゲートウェイでは、1 つのキャッシュに必要なローカルディスクは 1 つだけです。ローカルディスクの要件については、」ハードウェアとストレージの要件

    ハイパーバイザーに応じて、特定のオプションを設定します。

    • [VMware (ヴイエム)] を選択した場合は、次の操作を行います。

      • [Thick provisioned format (シックプロビジョン形式)] オプションを使用してディスクを保存します。シックプロビジョニングを使用すると、ディスクストレージがすぐに割り当てられます。その結果、パフォーマンスが良くなります。これとは対照的に、シン・プロビジョニングはオンデマンドでストレージを割り当てます。オンデマンドの割り当てによって、Storage Gateway の通常の機能に影響が生じることがあります。Storage Gateway を正しく機能させるには、VM ディスクをシックプロビジョニング形式で格納する必要があります。

      • 準仮想化ディスクコントローラーを使用するように、ゲートウェイ VM を設定します。詳細については、「準仮想化ディスクコントローラーを使用するように AWS Storage Gateway VM を構成する」を参照してください。

    • Microsoft Hyper-V を選択した場合は、次の操作を行います。

      • [Fixed size (固定サイズ)] オプションを使用してディスクタイプを構成します。固定サイズのプロビジョニングを使用すると、ディスクストレージが直ちに割り当てられます。このため、パフォーマンスが良くなります。固定サイズのプロビジョニングを使用しない場合、ストレージはオンデマンドで割り当てられます。オンデマンドの割り当てによって、Storage Gateway の機能に影響が生じることがあります。Storage Gateway が正しく機能するためには、VM ディスクが固定サイズのプロビジョニングされた形式で格納されている必要があります。

      • ディスクを割り当てる場合は、仮想ハードディスク (.vhd) ファイル。Storage Gateway は、.vhdx ファイルタイプをサポートします。このファイルタイプを使用すると、他のファイルタイプよりも大きな仮想ディスクを作成できます。.vhdx タイプの仮想ディスクを作成する場合は、作成する仮想ディスクのサイズが、ゲートウェイの推奨ディスクサイズを超えないようにしてください。

    • Linux カーネルベースの仮想マシン (KVM) を選択した場合は、以下を実行します。

      • sparse フォーマットを使用するようにディスクを構成しないでください。容量固定 (非スパース) のプロビジョニングを使用した場合、ディスクストレージが直ちに割り当てられます。このため、他のオプションを使用する場合よりもパフォーマンスが良くなります。

      • 新しい仮想マシンをプロビジョニングする virt-install コマンドを使用して、仮想マシンに新しい仮想ディスクを作成するときに、sparse=false パラメータを使用してディスクを非スパース形式で保存します。

      • ディスクおよびネットワークデバイスには virtio ドライバーを使用します。

      • current_memory オプションは設定しないことをお勧めします。必要に応じて、--ram パラメータでゲートウェイにプロビジョニングされた RAM と同じ値を設定します。

      以下は、KVMをインストールする virt-install コマンドの例です。

      virt-install --name "SGW_KVM" --description "SGW KVM" --os-type=generic --ram=32768 --vcpus=16 --disk path=fgw-kvm.qcow2,bus=virtio,size=80,sparse=false --disk path=fgw-kvm-cache.qcow2,bus=virtio,size=1024,sparse=false --network default,model=virtio --graphics none --import
注記

VMware、Microsoft Hyper-V、および KVM で、ゲートウェイを正常にアクティブ化するには、VM の時刻とホストの時刻を同期する必要があります。ホストの時計が正しい時刻に設定されてかを確認し、ネットワークタイムプロトコル (NTP) サーバーと同期します。

ゲートウェイを Amazon EC2 ホストにデプロイすることに関する情報は、「」を参照してください。Amazon EC2 ホストにファイルゲートウェイをデプロイする

サービスエンドポイントの選択

ゲートウェイをアクティブ化するには、以下を使用します。

  • パブリックサービスエンドポイントで、ゲートウェイがAWSパブリックインターネット経由のストレージサービス。

  • 連邦情報処理規格 (FIPS) に準拠したパブリックサービスエンドポイントで、ゲートウェイがAWSパブリックインターネット経由のストレージサービス。

  • パブリックサービスエンドポイントで、ゲートウェイがAWSストレージサービスは、プライベートであるVirtual Private Cloud (VPC) エンドポイントを使用します。

注記

VPC エンドポイントを使用する場合、ゲートウェイから、すべての VPC エンドポイント通信AWSサービスは、パブリックサービスエンドポイント経由で VPC を使用してAWS。

New Console

サービスエンドポイントを選択するには

  1. を使用する場合サービスエンドポイントの選択[] で、次のいずれかを選択します。

    • ゲートウェイにアクセスできるようにするにはAWSパブリックサービスエンドポイントを使用してパブリックインターネット経由のサービスを許可するには、Public

    • ゲートウェイにアクセスできるようにするにはAWSサービスを FIPS に準拠するパブリックサービスエンドポイントを使用してパブリックインターネット経由でインストールするには、FIPS

      コマンドラインインターフェイスまたは API を使用して AWS にアクセスするときに FIPS 140-2 検証済みの暗号化モジュールが必要な場合は、FIPS エンドポイントを使用します。使用可能な FIPS エンドポイントの詳細については、「連邦情報処理規格 (FIPS) 140-2」を参照してください。

    • ゲートウェイにアクセスできるようにするにはAWSサービスをパブリックサービスエンドポイントを使用してプライベート VPC エンドポイント接続経由で接続するには、VPC

    注記

    FIPS サービスエンドポイントは、一部のAWS[リージョン] 詳細については、「」を参照してください。Storage Gateway エンドポイントとクォータAWS全般のリファレンス

    この手順は、パブリックエンドポイントを使用してゲートウェイをアクティブ化していることを前提としています。VPC エンドポイントを使用してゲートウェイをアクティブ化する方法については、「Virtual Private Cloud でゲートウェイをアクティベートする」を参照してください。

  2. 選択ゲートウェイに接続してアクティブ化します。

Original Console

サービスエンドポイントを選択するには

  1. を使用する場合エンドポイントタイプ[] で、次のいずれかを選択します。

    • ゲートウェイにアクセスできるようにするにはAWSパブリックサービスエンドポイントを使用してパブリックインターネット経由のサービスを許可するには、Public

    • ゲートウェイにアクセスできるようにするにはAWSサービスを FIPS に準拠するパブリックサービスエンドポイントを使用してパブリックインターネット経由でインストールするには、FIPS

      コマンドラインインターフェイスまたは API を使用して AWS にアクセスするときに FIPS 140-2 検証済みの暗号化モジュールが必要な場合は、FIPS エンドポイントを使用します。使用可能な FIPS エンドポイントの詳細については、「連邦情報処理規格 (FIPS) 140-2」を参照してください。

    • ゲートウェイにアクセスできるようにするにはAWSサービスをパブリックサービスエンドポイントを使用してプライベート VPC エンドポイント接続経由で接続するには、VPC

    注記

    FIPS サービスエンドポイントは、一部のAWS[リージョン] 詳細については、「」を参照してください。Storage Gateway エンドポイントとクォータAWS全般のリファレンス

    この手順は、パブリックエンドポイントを使用してゲートウェイをアクティブ化していることを前提としています。VPC エンドポイントを使用してゲートウェイをアクティブ化する方法については、「Virtual Private Cloud でゲートウェイをアクティベートする」を参照してください。

  2. 選択ゲートウェイに接続してアクティブ化します。

ゲートウェイへの接続

ゲートウェイに接続するには、最初にゲートウェイ VM の IP アドレスまたはアクティベーションキーを取得します。ゲートウェイをアクティブ化するには、IP アドレスまたはアクティベーションキーを使用します。オンプレミスホストでデプロイしてアクティブ化したゲートウェイの場合、ゲートウェイ VM のローカルコンソールまたはハイパーバイザークライアントから IP アドレスまたはアクティベーションキーを取得できます。Amazon EC2 インスタンスにデプロイしてアクティブ化したゲートウェイの場合、Amazon EC2 コンソールから IP アドレスまたはアクティベーションキーを取得できます。

アクティブ化を行うと、ゲートウェイがAWSアカウント. 成功するには、ゲートウェイ VM がアクティベーションの実行中であることが必要です。

注記

適切なゲートウェイの種類を選択するようにしてください。ゲートウェイタイプの .ova ファイルと Amazon マシンイメージ (AMI) は異なっており、互換性がありません。

ローカルコンソールからゲートウェイ VM の IP アドレスまたはアクティベーションキーを取得するには

  1. ゲートウェイ VM のローカルコンソールにログインします。詳細な手順については、以下を参照してください。

  2. メニューページの上部から IP アドレスを取得し、後で使用できるようにメモしておきます。

EC2 インスタンスから IP アドレスまたはアクティベーションキーを取得するには

  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Instances (インスタンス)] を選択してから、EC2 インスタンスを選択します。

  3. [の詳細下部の [] タブをクリックし、IP アドレスまたはアクティベーションキーを書き留めます。これらのいずれかを使用して、ゲートウェイをアクティブ化します。

注記

IP アドレスを使用したアクティベーションには、ゲートウェイに割り当てられたパブリックまたはプライベート IP アドレスを使用できます。アクティベーションを実行するブラウザから、使用する IP アドレスに到達できる必要があります。

New Console

ゲートウェイをAWSアカウント

  1. を使用する場合ゲートウェイへのConnect[] で、次のいずれかを選択します。

    • IP アドレス

    • アクティベーションキー

  2. ゲートウェイの IP アドレスまたはアクティベーションキーを入力し、[

Original Console

ゲートウェイをAWSアカウント

  1. [Connect to gateway (ゲートウェイに接続)] ページが開いていない場合は、コンソールを開きそのページへ移動します。

  2. [IP address (IP アドレス)] にゲートウェイの IP アドレスを入力してから、[Connect gateway (ゲートウェイ接続)] を選択します。

ゲートウェイ IP アドレスの詳しい取得方法については、「ゲートウェイへの接続」を参照してください。

ゲートウェイのアクティブ化

次に示すのは、アクティベーションページに表示され、選択したゲートウェイ設定です。前述のように、ゲートウェイをAmazon Web Services アカウントに関連付けると、アクティベーションページが表示されます。

  • [ゲートウェイタイプ] で、アクティブ化するゲートウェイのタイプを指定します。

  • [エンドポイントタイプ] で、ゲートウェイ用に選択したエンドポイントのタイプを指定します。

  • AWSリージョンは、AWSゲートウェイをアクティブ化し、データを保存するリージョン。もしエンドポイントタイプVPCとすると、AWSリージョンは、VPC エンドポイントが配置されているリージョンと同じである必要があります。

New console

ゲートウェイをアクティブ化するには

  1. Eclipseゲートウェイのアクティブ化] で、次の作業を行います。

    • を使用する場合ゲートウェイのタイムゾーンで、ゲートウェイで使用するタイムゾーンを選択します。

    • を使用する場合ゲートウェイ名[ゲートウェイを識別するための名前を入力します。コンソールでゲートウェイを管理するには、この名前を使用します。ゲートウェイをアクティブ化した後で、この名前を変更できます。この名前はアカウントに対して一意である必要があります。

      注記

      ゲートウェイ名は 2~255 文字の長さにする必要があります。

  2. (オプション)タグを追加するで、キーと値を入力して、ゲートウェイにタグを追加します。タグは、ゲートウェイの管理、フィルタリング、検索に便利な、大文字と小文字の区別があるキーと値のペアです。

  3. [ゲートウェイのアクティブ化] を選択します。

Original console

ゲートウェイをアクティブ化するには

  1. アクティベーションプロセスを完了するには、アクティベーションページにある情報を提供し、ゲートウェイを設定します。

    • [ゲートウェイのタイムゾーン] では、ゲートウェイで使用するタイムゾーンを指定します。

    • [ゲートウェイ名] では、ゲートウェイを特定します。コンソールでゲートウェイを管理するには、この名前を使用します。ゲートウェイをアクティブ化した後で、この名前を変更できます。この名前はアカウントに対して一意である必要があります。

  2. (オプション) [Add tags (タグの追加)] セクションで、キーと値を入力して、ゲートウェイにタグを追加します。タグは、ゲートウェイの管理、フィルタリング、検索に便利な、大文字と小文字の区別があるキーと値のペアです。

  3. [ゲートウェイのアクティブ化] を選択します。

アクティベーションが正常に実行されない場合、考えられる解決策については「ゲートウェイのトラブルシューティング」を参照してください。

ローカルディスクの設定

VM をデプロイするときに、ゲートウェイのローカルディスクが割り当てられます。ここでは、これらのディスクを使用するようにゲートウェイを設定します。エフェメラルストレージの使用については、「EC2 ゲートウェイでのエフェメラルストレージの使用」を参照してください。

ローカルディスクを設定するには

  1. を使用する場合ローカルディスクの設定で、追加されたディスクを識別し、どのディスクをキャッシュストレージ用に割り当てるかを決定します。ディスク容量制限の詳細については、「ゲートウェイの推奨ローカルディスクサイズ」を参照してください。

  2. を使用する場合割り当て済み] で、Cacheキャッシュストレージとして設定するディスク用に。

    ディスクが表示されない場合は、[更新] を選択します。

  3. [保存して続行] を選択し、設定を保存します。

Amazon CloudWatch ログ記録の設定

ファイルゲートウェイとそのリソースのヘルスについて通知を受け取るには、Amazon CloudWatch ロググループを設定できます。詳細については、「CloudWatch ロググループを使用したファイルゲートウェイヘルスログの取得」を参照してください。

New Console

ファイルゲートウェイの CloudWatch ロググループを設定するには

  1. を使用する場合のログ記録の設定-optional[] で、次のいずれかを選択します。

    • [Disable logging (ログ記録の無効化)]は、CloudWatch ロググループを使用してゲートウェイを監視したくない場合に選択します。

    • 新しいロググループの作成新しい CloudWatch ロググループを作成します。

    • 既存のロググループの使用を使用して、既に存在する CloudWatch ロググループを使用します。

      ロググループを既存のロググループリスト

  2. [保存して続行] を選択し、設定を保存します。

Original Console

ファイルゲートウェイの CloudWatch ロググループを設定するには

  1. ゲートウェイロググループウィザードで、新しいロググループを作成するには、[Create new Log Group (新しいロググループの作成)] リンクを選択します。CloudWatch コンソールが表示されたら、新しいロググループを作成します。ゲートウェイのモニタリングに使用する CloudWatch ロググループがすでにある場合は、ゲートウェイロググループ

  2. 新しいロググループを作成した場合は、更新ボタンを選択すると、リストに新しいロググループが表示されます。

  3. ゲートウェイが、VMware High Availability (HA) クラスターが有効になっている VMware ホストにデプロイされている場合は、VMware HA 設定を検証してテストするように求められます。この場合は、[Verify VMware HA (VMware HA の検証)] を選択します。それ以外の場合は、[Save and Continue (保存して続行)] を選択します。

VMware High Availability の検証 (VMware HA クラスターのみ)

VMware High Availability (HA) が有効になっている VMware ホストにゲートウェイがデプロイされていない場合は、このセクションを省略できます。

VMware High Availability (HA) クラスターが有効になっている VMware ホストにゲートウェイがデプロイされている場合は、ゲートウェイのアクティブ化時またはゲートウェイのアクティブ化後に設定をテストできます。次の手順は、アクティブ化中に設定をテストする方法を示しています。

New Console

VMware HA をテストするには

  1. を使用する場合VMware HA 設定の確認] で、。検証には、最大で 2 分かかります。

    テストが成功すると、テストが成功したことを示すメッセージがバナーに表示されます。テストが失敗した場合は、失敗のメッセージが表示されます。vSphere 設定を変更し、テストを繰り返すことができます。

  2. テストを繰り返すには、[] で、[] のゲートウェイダッシュボードでゲートウェイを選択し、[アクション] で、VMware HA の確認

Original Console

VMware HA をテストするには

  1. リポジトリの []VMware HA 設定の確認ページで [] を選択します。VMware HA の確認。この処理には、最大で 2 分かかります。

  2. テストが成功すると、テストが成功したことを示すメッセージがバナーに表示されます。テストが失敗した場合は、失敗のメッセージが表示されます。vSphere 設定を変更し、テストを繰り返すことができます。

  3. テストを繰り返すには、[Actions (アクション)] で、[Verify VMware HA (VMware HA の確認)] を選択します。

VMware HA 用にゲートウェイを設定する方法については、「VMware vSphere High Availability の使用」を参照してください。

次のステップ

ファイル共有の作成