AWS Toolkit for JetBrains とは - JetBrains の AWS Toolkit

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Toolkit for JetBrains とは

AWS Toolkit for JetBrains をすぐに使用するには、のインストールおよび初回接続手順。

AWS Toolkit for JetBrains は、JetBrains の統合開発環境 (IDE) 用のオープンソースプラグインです。このツールキットにより、開発者はAmazon Web Services (AWS) を使用するサーバーレスアプリケーションの開発、デバッグ、デプロイが簡単になります。

AWS Toolkit for JetBrains

-JetBrains 用 AWS ツールキットには、次の特定のツールキットが含まれています。

  • AWS Toolkit for をインストールするクリオン(C&C ++開発用)

  • AWS Toolkit for をインストールするゴーランド(囲碁開発用)

  • AWS Toolkit for をインストールするIntelliJ(Java 開発用)

  • AWS Toolkit for をインストールするウェブストーム(Node.js 開発用)

  • AWS Toolkit for をインストールするライダー(.NET 開発用)

  • AWS Toolkit for をインストールするPhpStorm(PHP 開発用)

  • AWS Toolkit for をインストールするPyCharm(Python 開発用)

  • AWS Toolkit for をインストールするRubyMine(Ruby開発用)

  • AWS Toolkit for をインストールするデータグリップ(データベース管理用)

注記

サポートされている JetBrains IDE の AWS Toolkit で機能に意味のある違いがある場合については、このガイドで説明します。

また、JetBrains 用 AWS ツールキットを使用して、AWS Lambda 関数、AWS CloudFormation スタック、および Amazon Elastic コンテナサービス(Amazon ECS)クラスターを操作することもできます。JetBrains の AWS Toolkit for JetBrains には、AWS の認証情報管理や AWS リージョン管理などの機能が含まれています。

開始方法

AWS Toolkit for JetBrains の使用を開始するには、のインストールおよび初回接続手順。

AWS Toolkit をインストールして AWS アカウントに接続すると、それを使用して操作できます。AWS サーバーレスアプリケーション,AWS Lambda 関数,AWS CloudFormation スタック, およびAmazon ECS クラスターアカウントの。

AWS Toolkit の他の使用可能な機能の使用方法に関する簡単な説明については、キータスク

AWS Toolkit for JetBrains を使用できること

JetBrains の AWS Toolkit for JetBrains を使用して以下を実行できます。

関連動画

関連するウェブページ

質問とヘルプ

AWS 開発者コミュニティに質問したり、サポートを要請するには、次の AWS ディスカッションフォーラムを参照してください。

(これらのフォーラムにアクセスするには AWS へのサインインが必要になることがあります)。

当社に直接お問い合わせいただくこともできます。

AWS Toolkit でバグを報告する、または機能リクエストを作成する

JetBrains 用 AWS Toolkit でバグを報告したり、機能リクエストを行うには、問題点タブにあるaws/aws-toolkit-ジェットブレーンGitHub ウェブサイトの「GitHub」。[New issue (新しい問題)] を選択し、画面の指示に従ってバグレポートまたは機能リクエストの作成を完了します。(このウェブサイトにアクセスするには、GitHub へのサインインが必要になることがあります)。

AWS Toolkit への寄稿

AWS Toolkit への寄稿を大きく評価しています。コントリビューションを開始するには、寄稿ガイドライン()aws/aws-toolkit-ジェットブレーンGitHub ウェブサイトの「GitHub」。(このウェブサイトにアクセスするには、GitHub へのサインインが必要になることがあります)。