AWS SDK または CLI ListVocabulariesで を使用する - Amazon Transcribe

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK または CLI ListVocabulariesで を使用する

以下のコード例は、ListVocabularies の使用方法を示しています。

アクション例は、より大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。次のコード例で、このアクションのコンテキストを確認できます。

.NET
AWS SDK for .NET
注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

/// <summary> /// List custom vocabularies for the current account. Optionally specify a name /// filter and a specific state to filter the vocabularies list. /// </summary> /// <param name="nameContains">Optional string the vocabulary name must contain.</param> /// <param name="stateEquals">Optional state of the vocabulary.</param> /// <returns>List of information about the vocabularies.</returns> public async Task<List<VocabularyInfo>> ListCustomVocabularies(string? nameContains = null, VocabularyState? stateEquals = null) { var response = await _amazonTranscribeService.ListVocabulariesAsync( new ListVocabulariesRequest() { NameContains = nameContains, StateEquals = stateEquals }); return response.Vocabularies; }
  • API の詳細については、「 API リファレンスListVocabularies」の「」を参照してください。 AWS SDK for .NET

CLI
AWS CLI

カスタム語彙を一覧表示するには

次のlist-vocabularies例では、 AWS アカウントとリージョンに関連付けられているカスタム語彙を一覧表示します。

aws transcribe list-vocabularies

出力:

{ "NextToken": "NextToken", "Vocabularies": [ { "VocabularyName": "ards-test-1", "LanguageCode": "language-code", "LastModifiedTime": "2020-04-27T22:00:27.330000+00:00", "VocabularyState": "READY" }, { "VocabularyName": "sample-test", "LanguageCode": "language-code", "LastModifiedTime": "2020-04-24T23:04:11.044000+00:00", "VocabularyState": "READY" }, { "VocabularyName": "CRLF-to-LF-test-3-1", "LanguageCode": "language-code", "LastModifiedTime": "2020-04-24T22:12:22.277000+00:00", "VocabularyState": "READY" }, { "VocabularyName": "CRLF-to-LF-test-2", "LanguageCode": "language-code", "LastModifiedTime": "2020-04-24T21:53:50.455000+00:00", "VocabularyState": "READY" }, { "VocabularyName": "CRLF-to-LF-1-1", "LanguageCode": "language-code", "LastModifiedTime": "2020-04-24T21:39:33.356000+00:00", "VocabularyState": "READY" } ] }

詳細については、「Amazon Transcribe デベロッパーガイド」の「カスタムボキャブラリー」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListVocabularies」の「」を参照してください。 AWS CLI

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

def list_vocabularies(vocabulary_filter, transcribe_client): """ Lists the custom vocabularies created for this AWS account. :param vocabulary_filter: The returned vocabularies must contain this string in their names. :param transcribe_client: The Boto3 Transcribe client. :return: The list of retrieved vocabularies. """ try: response = transcribe_client.list_vocabularies(NameContains=vocabulary_filter) vocabs = response["Vocabularies"] next_token = response.get("NextToken") while next_token is not None: response = transcribe_client.list_vocabularies( NameContains=vocabulary_filter, NextToken=next_token ) vocabs += response["Vocabularies"] next_token = response.get("NextToken") logger.info( "Got %s vocabularies with filter %s.", len(vocabs), vocabulary_filter ) except ClientError: logger.exception( "Couldn't list vocabularies with filter %s.", vocabulary_filter ) raise else: return vocabs
  • API の詳細については、ListVocabulariesAWS 「 SDK for Python (Boto3) API リファレンス」の「」を参照してください。

AWS SDK デベロッパーガイドとコード例の完全なリストについては、「」を参照してくださいAWS SDK でこのサービスを使用する。このトピックには、使用開始方法に関する情報と、以前の SDK バージョンの詳細も含まれています。