ご利用開始にあたって (AWS Command Line Interface) - Amazon Transcribe

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

ご利用開始にあたって (AWS Command Line Interface)

次の演習では、AWS Command Line Interface (AWS CLI) を使用して音声をテキストに文字起こします。この演習を完了するには、以下のことが必要です。

テキストを書き起こすには、JSON ファイルに入力パラメータを指定する必要があります。

テキストを書き起こすには

  1. 入力音声を S3 バケットにコピーします。この場所は、呼び出し先のエンドポイントと同じリージョン内に存在する必要があります。この例では、ファイルは test-transcribe という名前の S3 バケットにあり、ファイル名は answer2.wav であることを前提としています。

  2. test-start-command.json オペレーションの入力パラメータが含まれている StartTranscriptionJob という名前の JSON ファイルを作成します。[TranscriptionJobName] に、文字起こしジョブの一意の名前を入力します。

    { "TranscriptionJobName": "unique job name", "LanguageCode": "en-US", "MediaFormat": "wav", "Media": { "MediaFileUri": "https://S3 endpoint/test-transcribe/answer2.wav" } }
  3. AWS CLI で、次のコマンドを実行します。例は、Unix、Linux、および macOS 用にフォーマットされています。Windows の場合は、各行末のバックスラッシュ (\) Unix 連結文字をキャレット (^) に置き換えてください。

    aws transcribe start-transcription-job \ --region region \ --cli-input-json file://test-start-command.json

    Amazon Transcribe は次のように応答します。

    { "TranscriptionJob": { "TranscriptionJobName": "unique job name", "LanguageCode": "en-US", "TranscriptionJobStatus": "IN_PROGRESS", "Media": { "MediaFileUri": "https://S3 endpoint/test-transcribe/answer2.wav" }, "CreationTime": timestamp, "MediaFormat": "wav" } }

書き起こしジョブを一覧表示するには

  • 次のコマンドを実行します。

    aws transcribe list-transcription-jobs \ --region region \ --status IN_PROGRESS

    Amazon Transcribe は次のように応答します。

    { "Status": "IN_PROGRESS", "TranscriptionJobSummaries": [ { "TranscriptionJobName": "unique job name", "LanguageCode": "en-US", "CreationTime": timestamp, "TranscriptionJobStatus": "IN_PROGRESS" } ] }

書き起こしジョブの結果を取得するには

  1. ジョブのステータスが COMPLETED になったら、ジョブの結果を取得します。次のコマンドを入力します。

    aws transcribe get-transcription-job \ --region region \ --transcription-job-name "unique job name"

    Amazon Transcribe は次のように応答します。

    { "TranscriptionJob": { "TranscriptionJobName": "unique job name", "LanguageCode": "en-US", "TranscriptionJobStatus": "COMPLETED", "Media": { "MediaFileUri": "input URI" }, "CreationTime": timestamp, "CompletionTime": timestamp, "Transcript": { "TranscriptFileUri": "output URI" } } }
  2. 出力 URI を使用して、オーディオファイルから書き起こしたテキストを取得します。次の出力は、短いオーディオクリップを書き起こしたものです。

    { "jobName":"job ID", "accountId":"account ID", "results": { "transcripts":[ { "transcript":" that's no answer" } ], "items":[ { "start_time":"0.180", "end_time":"0.470", "alternatives":[ { "confidence":0.84, "content":"that's" } ], "type": "pronunciation" }, { "start_time":"0.470", "end_time":"0.710", "alternatives":[ { "confidence":0.99, "content":"no" } ], "type": "pronunciation" }, { "start_time":"0.710", "end_time":"1.080", "alternatives":[ { "confidence":0.874, "content":"answer" } ], "type": "pronunciation" } ] }, "status":"COMPLETED" }