ListedAccess - AWS Transfer Family

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ListedAccess

指定され関連付けられたアクセス権のプロパティを一覧表示します。

内容

ExternalId

ディレクトリ内の特定のグループを識別するために必要な一意の識別子。関連付けするグループのユーザーは、AWS Transfer Family を使用して、有効なプロトコル経由で Amazon S3 または Amazon EFS リソースにアクセスできます。グループ名がわかっている場合は、Windows を使用して次のコマンドを実行することで SID 値を表示できます PowerShell。

Get-ADGroup -Filter {samAccountName -like "YourGroupName*"} -Properties * | Select SamAccountName,ObjectSid

そのコマンドで、 を Active Directory グループの名前YourGroupNameに置き換えます。

このパラメータの検証に使用される正規表現は、スペースを含まない大文字と小文字の英数字からなる文字列です。下線文字 (_) や =,.@:/- の文字を含めることもできます。

型: 文字列

長さの制限:最小長は 1 です。最大長は 256 です。

パターン:S-1-[\d-]+

必須: いいえ

HomeDirectory

ユーザーがクライアントを使用してサーバーにログインするときの、ユーザーのランディングディレクトリ (フォルダ)。

HomeDirectory の例は /bucket_name/home/mydirectory です。

注記

HomeDirectory パラメータは、HomeDirectoryTypePATH に設定されている場合のみ使用されます。

型: 文字列

長さの制限: 最小長は 0 です。最大長は 1,024 です。

パターン: (|/.*)

必須: いいえ

HomeDirectoryType

ユーザーがサーバーにログインするときにホームディレクトリにするランディングディレクトリ (フォルダ) のタイプ。これを PATH に設定した場合、ユーザーには、ファイル転送プロトコルクライアントに、絶対的な Amazon S3 バケットまたは現状の Amazon EFS パスが表示されます。これを LOGICAL に設定した場合、Amazon S3 または Amazon EFS パスをユーザーに表示する方法に関して、HomeDirectoryMappings でマッピングを指定する必要があります。

注記

HomeDirectoryTypeLOGICAL の場合は、HomeDirectoryMappings パラメータを使用してマッピングを指定する必要があります。一方、HomeDirectoryTypePATH の場合は、HomeDirectory パラメータを使用して絶対パスを指定します。テンプレートに HomeDirectoryHomeDirectoryMappings の両方を含めることはできません。

型: 文字列

有効な値:PATH | LOGICAL

必須:いいえ

Role

Amazon S3 バケットまたは Amazon EFS ファイルシステムへのユーザーのアクセスを制御する AWS Identity and Access Management IAM ロールの Amazon リソースネーム (ARN) を指定します。このロールにアタッチされたポリシーにより、ファイルを Amazon S3 バケットまたは Amazon EFS ファイルシステム間で転送する際の、ユーザーに付与するアクセスレベルが決定されます。IAM ロールには、ユーザーの転送リクエストを処理する際に、サーバーによるリソースへのアクセスを許可する信頼関係も含まれる必要があります。

型: 文字列

長さの制限: 最小長は 20 です。最大長は 2,048 です。

パターン: arn:.*role/\S+

必須: いいえ

その他の参照資料

言語固有の AWS SDK のいずれかでこの API を使用する方法の詳細については、以下を参照してください。