VM Import/Export
ユーザーガイド

VM Import/Export の仕組み

Amazon EC2 で VM を使用するには、最初に仮想化環境からエクスポートしてから、Amazon Machine Image (AMI) またはインスタンスとして、Amazon EC2 にインポートする必要があります。

利点

VM Import/Export は、アプリケーションおよびワークロードの移行、VM イメージカタログのコピー、または VM イメージの障害復旧リポジトリの作成に使用できます。

  • 既存のアプリケーションおよびワークロードを Amazon EC2 に移行する—VM ベースのアプリケーションおよびワークロードを Amazon EC2 に移行して、ソフトウェアと構成の設定を維持することができます。VM から AMI を作成すると、インポートした同じ VM に基づいて複数のインスタンスを実行できます。また、AMI と AMI コピー機能を使用して、世界中のアプリケーションとワークロードを複製することもできます。詳細については、Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイドの「AMI のコピー」を参照してください。

  • VM イメージカタログを Amazon EC2 にインポートする — 承認された VM イメージのカタログを維持する場合、Amazon EC2 にイメージカタログをコピーして、インポートしたイメージから AMI を作成することができます。ウイルス対策ソフトウェアや侵入検知システムなどのインストール済みの製品を含む既存のソフトウェアは、すべて VM イメージと一緒にインポートすることができます。作成した AMI は Amazon EC2 イメージカタログとして使用できます。

  • VM イメージの災害対策リポジトリを作成する — バックアップと災害対策のために、ローカル VM イメージを Amazon EC2 にインポートすることができます。VM をインポートして、AMI として格納できます。作成した AMI は目的の Amazon EC2 ですぐに起動できるようになります。ローカル環境で障害が発生した場合、インスタンスをすばやく起動してビジネスを継続させると同時に、そのインスタンスをエクスポートしてローカルのインフラストラクチャを再構築することができます。

イメージのインポートとインスタンスのインポートの違い

次の表は、イメージのインポートとインスタンスのインポートの主な違いをまとめたものです。

特徴 イメージのインポート インスタンスのインポート

CLI サポート

AWS CLI

Amazon EC2 CLI

インポートでサポートされる形式

OVA、VHD、VHDX、VMDK、raw

VHD、VMDK、raw

複数ディスクのサポート

Windows BYOL サポート

イメージのインポート

まず、エクスポート用に仮想マシンを準備して、サポートされているイメージ形式の 1 つを使用してエクスポートします。次に、VM イメージを Amazon S3 にアップロードし、イメージのインポートタスクを開始します。インポートタスクが完了したら、AMI からインスタンスを起動することができます。他のリージョンに AMI をコピーすると、それらのリージョンでインスタンスを起動できます。

次の図は、仮想化環境から Amazon EC2 に VM を AMI としてエクスポートするプロセスを示しています。


                        VM Import/Export イメージのインポート

インスタンスのインポート

まず、エクスポート用に仮想マシンを準備して、サポートされているイメージ形式の 1 つを使用してエクスポートします。次に、VM イメージを Amazon S3 にアップロードし、インスタンスのインポートタスクを開始します。インポートタスクが完了したら、停止したインスタンスから AMI を作成できます。他のリージョンに AMI をコピーすると、それらのリージョンでインスタンスを起動できます。以前インポートしたインスタンスを仮想化環境にエクスポートすることもできます。

次の図は、仮想化環境から Amazon EC2 に VM を インスタンスとしてエクスポートするプロセスを示しています。


                        VM Import/Export インスタンスのインポート