インターフェイスエンドポイントを設定する - Amazon Virtual Private Cloud

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

インターフェイスエンドポイントを設定する

インターフェイス VPC エンドポイントを作成したら、その設定を更新できます。

サブネットの追加または削除

インターフェイスエンドポイントのアベイラビリティゾーンごとに 1 つのサブネットを選択できます。サブネットを追加すると、サブネットにエンドポイントのネットワークインターフェイスが作成され、サブネットの IP アドレス範囲からプライベート IP アドレスが割り当てられます。サブネットを削除すると、そのエンドポイントのネットワークインターフェイスも削除されます。

コンソールを使用してサブネットを変更するには
  1. Amazon VPCコンソール(https://console.aws.amazon.com/vpc/)を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Endpoints] (エンドポイント) を選択します。

  3. インターフェイスエンドポイントを選択します。

  4. [Actions] (アクション)、[Manage subnets] (サブネットを管理) の順に選択します。

  5. 必要に応じてアベイラビリティーゾーンを選択または選択解除します。アベイラビリティーゾーンごとに、サブネットを 1 つ選択します。デフォルトでは、サブネットの IP アドレス範囲から IP アドレスを選択し、エンドポイントのネットワークインターフェースに割り当てます。エンドポイントネットワークインターフェースの IP アドレスを選択するには、[IP アドレスの指定] を選択し、サブネットアドレス範囲から IPv4 アドレスを入力します。エンドポイントサービスが IPv6 をサポートしている場合は、サブネットアドレス範囲から IPv6 アドレスを入力することもできます。

    この VPC エンドポイントのエンドポイントネットワークインターフェースがすでに存在するサブネットの IP アドレスを指定すると、エンドポイントのネットワークインターフェースが新しく置き換わります。このプロセスにより、サブネットと VPC エンドポイントは一時的に切断されます。

  6. [Modify subnets] (サブネットを変更) を選択します。

コマンドラインを使用してサブネットを変更するには

セキュリティグループを関連付ける

インターフェイスエンドポイント用にネットワークインターフェイスに関連付けられているセキュリティグループを変更できます。セキュリティグループは、VPC のリソースからエンドポイントのネットワークインターフェイスに対して許可されているトラフィックを制御します。

コンソールを使用してセキュリティグループを変更するには
  1. Amazon VPCコンソール(https://console.aws.amazon.com/vpc/)を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Endpoints] (エンドポイント) を選択します。

  3. インターフェイスエンドポイントを選択します。

  4. [Actions]、[Manage security groups] の順に選択します。

  5. 必要に応じて、セキュリティグループを選択または選択解除します。

  6. [Modify security groups] (セキュリティグループを変更) を選択します。

コマンドラインを使用してセキュリティグループを変更するには

VPC エンドポイントポリシーを編集する

AWS のサービス がエンドポイントポリシーをサポートしている場合は、エンドポイントのエンドポイントポリシーを編集できます。エンドポイントポリシーを更新した後、変更が有効になるまでに数分かかる場合があります。詳細については、「エンドポイントポリシー」を参照してください。

コンソールを使用してエンドポイントポリシーを変更するには
  1. Amazon VPCコンソール(https://console.aws.amazon.com/vpc/)を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Endpoints] (エンドポイント) を選択します。

  3. インターフェイスエンドポイントを選択します。

  4. [Actions] (アクション)、[Manage policy] (ポリシーを管理) の順に選択します。

  5. [Full Access] (フルアクセス) を選択してサービスへのフルアクセスを許可するか、[Custom] (カスタム) を選択してカスタムポリシーをアタッチします。

  6. [Save (保存)] を選択します。

コマンドラインを使用してエンドポイントポリシーを変更するには

プライベート DNS 名を有効にする

VPC エンドポイントのプライベート DNS 名を有効にできます。プライベート DNS 名を使用するには、VPC の DNS ホスト名と DNS 解決の両方を有効にする必要があります。プライベート DNS 名を有効にした後、プライベート IP アドレスが使用可能になるまでに数分かかる場合があります。プライベート DNS 名を有効にしたときに作成される DNS レコードはプライベートです。そのため、プライベート DNS 名はパブリックに解決可能ではありません。

コンソールを使用してプライベート DNS 名オプションを変更するには
  1. Amazon VPCコンソール(https://console.aws.amazon.com/vpc/)を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Endpoints] (エンドポイント) を選択します。

  3. インターフェイスエンドポイントを選択します。

  4. [Actions] (アクション)、[Modify private DNS name] (プライベート DNS 名の変更) の順に選択します。

  5. 必要に応じて、[Enable for this endpoint] (このエンドポイントを有効にする) を選択または選択解除します。

  6. サービスが Amazon S3 の場合、前のステップで [このエンドポイントに有効にする] を選択すると、[インバウンドエンドポイントに対してのみプライベート DNS を有効にする] も選択されます。標準のプライベート DNS 機能を使用する場合は、[インバウンドエンドポイントでのみプライベート DNS を有効にする] をオフにします。Amazon S3 のインターフェイスエンドポイントに加えて Amazon S3 のゲートウェイエンドポイントがなく、[インバウンドエンドポイントに対してのみプライベート DNS を有効にする] を選択すると、次のステップで変更を保存するときにエラーが表示されます。詳細については、「プライベート DNS」を参照してください。

  7. [Save changes] (変更の保存) をクリックします。

コマンドラインを使用してプライベート DNS 名のオプションを変更するには

タグの管理

インターフェイスエンドポイントにタグを付けて、識別しやすくしたり、組織のニーズに応じて分類したりできます。

コンソールを使用してタグを管理するには
  1. Amazon VPCコンソール(https://console.aws.amazon.com/vpc/)を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Endpoints] (エンドポイント) を選択します。

  3. インターフェイスエンドポイントを選択します。

  4. [Actions] (アクション)、[Manage tags] (タグの管理) を選択します。

  5. 追加するタグごとに、[Add new tag] (新しいタグを追加) を選択し、タグキーとタグ値を入力します。

  6. タグを削除するには、タグのキーと値の右側にある [Remove] (削除) を選択します。

  7. [Save (保存)] を選択します。

コマンドラインを使用してタグを管理するには