サブネットのルートテーブルを変更する - Amazon Virtual Private Cloud

サブネットのルートテーブルを変更する

このセクションでは、ルートテーブルを操作する方法について説明します。このセクションの内容は、サブネットのルートテーブルにおける変更に関連した一連の手順であることにご注意ください。

サブネット用のルートテーブルの決定

サブネットが関連付けられているルートテーブルを特定するには、Amazon VPC コンソールでサブネットの詳細を確認します。

サブネットのルートテーブルを決定するには
  1. Amazon VPC コンソール (https://console.aws.amazon.com/vpc/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Subnets(サブネット)] を選択します。

  3. サブネットを選択します。

  4. [ルートテーブル] タブを選択すると、ルートテーブルとそのルートに関する情報が表示されます。関連付けがメインルートテーブルとのものか、また、その関連付けが明示的かどうかを特定する方法については、「明示的に関連付けられているサブネットまたはゲートウェイを特定する」を参照してください。

明示的に関連付けられているサブネットまたはゲートウェイを特定する

ルートテーブルに明示的に関連付けられているサブネットまたはゲートウェイとその数を特定できます。

メインルートテーブルは、サブネットとの明示的な関連付けと暗示的な関連付けを持つことができます。カスタムルートテーブルは、明示的な関連付けしか持つことができません。

どのルートテーブルにも明示的に関連付けられていないサブネットは、メインルートテーブルに暗示的に関連付けられています。メインルートテーブルには、サブネットを明示的に関連付けることができます。その理由の例については、「メインルートテーブルの置換」を参照してください。

コンソールを使用して明示的に関連付けられているサブネットを特定するには
  1. Amazon VPC コンソール (https://console.aws.amazon.com/vpc/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Route tables] (ルートテーブル) を選択します。

  3. [明示的なサブネットの関連付け] (Explicit subnet association) 列を確認して、明示的に関連付けられたサブネットを特定し、[メイン] (Main) 列を確認して、これがメインルートテーブルかどうかを判断します。

  4. ルートテーブルを選択し、[サブネットの関連付け] (Subnet associations) タブを選択します。

  5. [明示的なサブネットの関連付け] (Explicit subnet associations) の下のサブネットが、ルートテーブルに明示的に関連付けられています。[明示的な関連付けのないサブネット] (Subnets without explicit associations) の下のサブネットは、ルートテーブルと同じ VPC に属していますが、どのルートテーブルにも関連付けられていません。そのため、VPC のメインルートテーブルと暗黙的に関連付けられています。

コンソールを使用して明示的に関連付けられているゲートウェイを特定するには
  1. Amazon VPC コンソール (https://console.aws.amazon.com/vpc/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Route tables] (ルートテーブル) を選択します。

  3. ルートテーブルを選択し、[Edge associations] (エッジの関連付け) タブを選択します。

コマンドラインを使用して 1 つ以上のルートテーブルを記述し、その関連付けを表示するには

カスタムルートテーブルを作成する

Amazon VPC コンソールを使用して VPC のカスタムルートテーブルを作成できます。

注記

VPC ごとに作成できるルートテーブルの数にはクォータがあります。ルートテーブルごとに追加できるルート数にもクォータがあります。詳細については、「Amazon VPC クォータ」を参照してください。

コンソールを使用してカスタムルートテーブルを作成するには
  1. Amazon VPC コンソール (https://console.aws.amazon.com/vpc/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Route tables] (ルートテーブル) を選択します。

  3. [ルートテーブルの作成] を選択します。

  4. (オプション) [Name] (名前) には、ルートテーブルの名前を入力します。

  5. [VPC] で、ユーザーの VPC を選択します。

  6. (オプション) タグを追加するには、[Add new tag] (新しいタグを追加) を選択し、タグキーとタグ値を入力します。

  7. [ルートテーブルの作成] を選択します。

コマンドラインを使用してカスタムルートテーブルを作成するには

ルートテーブルのルートの追加と削除

ルートテーブルのルートは追加、削除、変更できます。変更できるのは、追加したルートのみです。

Site-to-Site VPN 接続の静的ルートの操作の詳細については、AWS Site-to-Site VPN ユーザーガイドの「Site-to-Site VPN 接続の静的ルートの編集」を参照してください。

注記

VPC ごとに作成できるルートテーブルの数にはクォータがあります。ルートテーブルごとに追加できるルート数にもクォータがあります。詳細については、「Amazon VPC クォータ」を参照してください。

コンソールを使用してルートテーブルのルートを更新するには
  1. Amazon VPC コンソール (https://console.aws.amazon.com/vpc/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [ルートテーブル] (Route tables) を選択して、ルートテーブルを選択します。

  3. [アクション]、[ポリシーの編集] の順に選択します。

  4. ルートを追加するには、[ルートの追加] を選択します。[送信先] に、送信先 CIDR ブロック、単一の IP アドレス、またはプレフィックスリストの ID を入力します。

  5. ルートを変更するには、[Destination] (送信先) で、送信先 CIDR ブロックまたは単一の IP アドレスを置き換えます。[ターゲット] で、ターゲットを選択します。

  6. ルートを削除するには、[Remove] (削除) を選択します。

  7. [Save changes] (変更の保存) をクリックします。

コマンドラインを使用してルートテーブルのルートを更新するには
注記

コマンドラインツールまたは API を使用してルートを追加すると、送信先 CIDR ブロックは自動的に正規形式に変更されます。例えば、CIDR ブロックに 100.68.0.18/18 を指定した場合、送信先 CIDR ブロックが 100.68.0.0/18 であるルートが作成されます。

ルート伝達は有効または無効にできます。

ルート伝達は、仮想プライベートゲートウェイがルートテーブルにルートを自動的に伝達できるようにします。これは、VPN ルートを手動で追加または削除する必要がないことを意味します。

このプロセスを完了するには、仮想プライベートゲートウェイが必要です。

詳細については、「Site-to-Site VPN ユーザーガイド」の「Site-to-Site VPN のルーティングオプション」を参照してください。

コンソールを使用してルート伝達を有効にするには
  1. Amazon VPC コンソール (https://console.aws.amazon.com/vpc/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [ルートテーブル] (Route tables) を選択して、ルートテーブルを選択します。

  3. [アクション]、[Edit route propagation (ルート伝達を編集)] の順に選択します。

  4. 仮想プライベートゲートウェイの横にある [Enable] (有効化) チェックボックスをオンにし、[Save] (保存) を選択します。

コマンドラインを使用してルート伝達を有効にするには
コンソールを使用してルート伝達を無効にするには
  1. Amazon VPC コンソール (https://console.aws.amazon.com/vpc/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [ルートテーブル] (Route tables) を選択して、ルートテーブルを選択します。

  3. [アクション]、[Edit route propagation (ルート伝達を編集)] の順に選択します。

  4. 仮想プライベートゲートウェイの横にある [Enable] (有効化) チェックボックスをオフにしてから、[Save] (保存) を選択します。

コマンドラインを使用してルート伝達を無効にするには

サブネット用のルートテーブルの編集

サブネットのルートテーブルの関連付けを変更できます。

ルートテーブルを変更すると、変更後のルートテーブルに同じターゲットへの同じトラフィックのルートが含まれていない限り、サブネット内の既存の接続は削除されます。

コンソールを使用してサブネットとルートテーブルの関連付けを変更するには
  1. Amazon VPC コンソール (https://console.aws.amazon.com/vpc/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Subnets] を選択し、サブネットを選択します。

  3. [Route table] (ルートテーブル) タブから、[Edit route table association] (ルートテーブルの関連付けを編集) を選択します。

  4. [Route table ID] (ルートテーブル ID) で、新しいルートテーブルを選択します。

  5. [Save] を選択します。

コマンドラインを使用してサブネットに関連付けられたルートテーブルを変更するには

サブネットをルートテーブルに関連付けるまたは関連付けを解除する

ルートテーブルのルートを特定のサブネットに適用するには、ルートテーブルをサブネットに関連付ける必要があります。ルートテーブルは複数のサブネットに関連付けることができます。ただし、サブネットは一度に 1 つのルートテーブルにのみ関連付けることができます。どのテーブルにも明示的に関連付けられていないサブネットは、デフォルトでメインルートテーブルに暗示的に関連付けられています。

サブネットとルートテーブルの関連付けを解除することができます。別のルートテーブルにサブネットを関連付けるまでは、メインルートテーブルに暗示的に関連付けられています。

コンソールを使用してルートテーブルをサブネットに関連付ける、または関連付けを解除するには
  1. Amazon VPC コンソール (https://console.aws.amazon.com/vpc/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [ルートテーブル] (Route tables) を選択して、ルートテーブルを選択します。

  3. [Subnet Associations] (サブネットの関連付け) タブで、 [Edit subnet associations] (サブネットの関連付けの編集) を選択します。

  4. ルートテーブルに関連付けるサブネットのチェックボックスをオンまたはオフにします。

  5. [Save associations] (関連付けを保存する) を選択します。

コマンドラインを使用してサブネットをルートテーブルに関連付けるには
コマンドラインを使用してサブネットとルートテーブルの関連付けを解除するには