Amazon VPC とは? - Amazon Virtual Private Cloud

Amazon VPC とは?

Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) を使用すると、定義した仮想ネットワーク内で AWS リソースを起動できます。仮想ネットワークは、お客様自身のデータセンターで運用されていた従来のネットワークによく似ていますが、 AWS のスケーラブルなインフラストラクチャを使用できるというメリットがあります。

機能

次の機能は、アプリケーションに必要な接続性を実現するよう VPC を設定するのに役立ちます。

仮想プライベートクラウド (VPC)

VPC は、お客様自身のデータセンターで運用されている従来のネットワークによく似た仮想ネットワークです。VPC の作成後、サブネットを追加できます。

サブネット

サブネットは、VPC の IP アドレスの範囲です。サブネットは、1 つのアベイラビリティーゾーンに存在する必要があります。サブネットを追加した後、VPC で AWS リソースをデプロイできます。

IP アドレス指定

IPv4 アドレスと IPv6 アドレスを VPC およびサブネットに割り当てることができます。また、AWS で パブリック IPv4 および IPv6 GUA アドレスを使用して、EC2 インスタンス、NAT ゲートウェイ、Network Load Balancer などの VPC 内のリソースに割り当てることもできます。

ルーティング

ルートテーブルを使用して、サブネットやゲートウェイからのネットワークトラフィックの転送先を指定します。

ゲートウェイとエンドポイント

ゲートウェイは、VPC を別のネットワークに接続します。例えば、インターネットゲートウェイを使用して、VPC をインターネットに接続できます。VPC エンドポイントを使用すると、インターネットゲートウェイや NAT デバイスを使用せずに、プライベートで AWS のサービス に接続できます。

ピアリング接続

VPC ピアリング接続を使用すると、2 つの VPC 内のリソース間でトラフィックをルーティングできます。

トラフィックのミラーリング

ネットワークインターフェイスからネットワークトラフィックをコピーし、それらをセキュリティおよびモニタリングのアプライアンスに送信することで、ディープパケットインスペクションを行えます。

Transit Gateway

中央のハブとして機能する Transit Gateway を使用すると、VPC、VPN 接続、AWS Direct Connect 接続間のトラフィックをルーティングできます。

VPC Flow Logs

フローフラグ は、VPC のネットワークインターフェイスに出入りする IP トラフィックに関する情報をキャプチャします。

VPN 接続

AWS Virtual Private Network (AWS VPN) を使用して、VPC をオンプレミスネットワークに接続できます。

Amazon VPC の開始方法

AWS アカウント の各 AWS リージョン に、デフォルトの VPC が含まれています。デフォルトの VPC は、EC2 インスタンスの起動と接続をすぐに開始できるように設定されています。詳細については、「Amazon VPC の使用を開始する」を参照してください。

必要なサブネット、IP アドレス、ゲートウェイ、ルーティングを使用して、追加の VPC を選択できます。詳細については、「VPC を作成する」を参照してください。

Amazon EC2 の使用

次のインターフェイスのいずれかを使用して、VPC を作成および管理できます。

  • AWS Management Console — VPC へのアクセスに使用するウェブインターフェイスを提供します。

  • AWS Command Line Interface (AWS CLI) — Amazon VPC を含むさまざまな AWS サービス用のコマンドを備えており、Windows、Mac、Linux でサポートされています。(詳しくは、AWS Command Line Interface を参照してください。)

  • AWS SDK — 言語固有の API を提供し、署名の計算、リクエストの再試行処理、エラー処理など、接続のさまざまな詳細を処理します。詳細については、AWSSDK をご参照ください。

  • クエリ API — HTTPS リクエストを使用して呼び出す低レベル API アクションを提供します。クエリ API の使用は、Amazon VPC の最も直接的なアクセス方法ですが、リクエストに署名するハッシュの生成やエラー処理など、低レベルの詳細な作業をアプリケーションで処理する必要があります。詳細については、「Amazon EC2 API リファレンス」の「Amazon VPC アクション」を参照してください。

Amazon VPC の料金

VPC は追加料金なしで使用できます。NAT ゲートウェイ、Reachability Analyzer、トラフィックミラーリングなど、一部の VPC コンポーネントには料金が発生します。詳細については、「Amazon VPC の料金」を参照してください。