サブネット CIDR ブロック - Amazon Virtual Private Cloud

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

サブネット CIDR ブロック

サブネット の IP アドレスは、Classless Inter-Domain Routing (CIDR) 表記で表されます。サブネットの CIDR ブロックは、VPC の CIDR ブロック (VPC で 1 つのサブネットを作成するため)、または VPC の CIDR ブロックのサブネット (VPC で複数のサブネットを作成するため) と同じにすることができます。VPC に複数のサブネットを作成する場合、サブネットの CIDR ブロックは重複できません。

例えば、CIDR ブロック 10.0.0.0/24 を持つ VPC を作成した場合、その VPC では 256 個の IP アドレスがサポートされます。この CIDR ブロックは 2 つのサブネットに分割でき、それぞれのサブネットで 128 個の IP アドレスがサポートされています。一方のサブネットでは CIDR ブロック 10.0.0.0/25 (アドレス 10.0.0.010.0.0.127) が、もう一方のサブネットでは CIDR ブロック 10.0.0.128/25 (アドレス 10.0.0.12810.0.0.255) が使用されます。


        CIDR ブロック 10.0.0.0/24 を持つ VPC は、2 つのサブネットに分割されます。

インターネット上には、IPv4 および IPv6 サブネット CIDR ブロックの計算と作成に役立つツールがあります。「サブネット計算ツール」や「CIDR 計算ツール」などの用語を検索して、お客様のニーズに合ったツールを見つけることができます。ネットワーク技術グループが、サブネットに指定する IPv4 および IPv6 CIDR ブロックを特定することもできます。

IPv4 のサブネットのサイズ設定

サブネットで許可される IPv4 CIDR ブロックサイズは、/28 ネットマスクから /16 ネットマスクの間です。各サブネット CIDR ブロックの最初の 4 つの IP アドレスと最後の IP アドレスは使用できず、EC2 インスタンスなどのリソースに割り当てることができません。例えば、CIDR ブロック 10.0.0.0/24 を持つサブネットの場合、次の 5 つの IP アドレスが予約されます。

  • 10.0.0.0.: ネットワークアドレスです。

  • 10.0.0.1: AWS が VPC ルーター用に予約しています。

  • 10.0.0.2: AWS が予約しています。DNS サーバーの IP アドレスは、VPC ネットワーク範囲のベースにプラス 2 したものです。複数の CIDR ブロックを持つ VPC の場合、DNS サーバーの IP アドレスはプライマリ CIDR にあります。また、VPC 内のすべての CIDR ブロックに対して、各サブネットの範囲 + 2 のベースを予約します。(詳しくは、「Amazon DNS サーバー」を参照してください。)

  • 10.0.0.3: 将来の利用のために AWS が予約しています。

  • 10.0.0.255: ネットワークブロードキャストアドレスです。VPC ではブロードキャストがサポートされないため、このアドレスを予約します。

コマンドラインツールまたは Amazon EC2 API を使用してサブネットを作成すると、CIDR ブロックは自動で正規形式に変更されます。例えば、CIDR ブロックに 100.68.0.18/18 を指定した場合、100.68.0.0/18 の CIDR ブロックが作成されます。

IPv6 のサブネットのサイズ設定

IPv6 CIDR ブロックと VPC を関連付けている場合、IPv6 CIDR ブロック を VPC の既存のサブネットに関連付けるか、または新しいサブネットを作成するときに関連付けることができます。可能な IPv6 のネットマスク長は、/44 から /64/4 刻みです。

インターネット上には、IPv6 サブネット CIDR ブロックの計算と作成に役立つツールがあります。「IPv6 サブネット計算ツール」や「IPv6 CIDR 計算ツール」などの用語を検索して、自分のニーズに合ったツールを見つけることができます。ネットワーク技術グループが、サブネットに指定する IPv6 CIDR ブロックを特定することもできます。

各サブネット CIDR ブロックの最初の 4 つの IPv6 アドレスと最後の IPv6 アドレスは使用できず、EC2 インスタンスに割り当てることができません。例えば、CIDR ブロック 2001:db8:1234:1a00/64 を持つサブネットの場合、次の 5 つの IP アドレスが予約されます。

  • 2001:db8:1234:1a00::

  • 2001:db8:1234:1a00::1: VPC ルーター用に AWS で予約されています。

  • 2001:db8:1234:1a00::2

  • 2001:db8:1234:1a00::3

  • 2001:db8:1234:1a00:ffff:ffff:ffff:ffff

上記の例の VPC ルーター用に AWS で予約された IP アドレスに加えて、次の IPv6 アドレスがデフォルト VPC ルーター用に予約されています。

  • EUI-64 を使用して生成された FE80::/10 範囲のリンクローカル IPv6 アドレス。リンクローカルアドレスの詳細については、「Link-local address」(リンクローカルアドレス) を参照してください。

  • リンクローカル IPv6 アドレス FE80:ec2::1

IPv6 経由で VPC ルーターと通信する必要がある場合は、ニーズに最適なアドレスと通信するようにアプリケーションを設定できます。