Site-to-Site VPN 接続のターゲットゲートウェイを変更する - AWS Site-to-Site VPN

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Site-to-Site VPN 接続のターゲットゲートウェイを変更する

AWS Site-to-Site VPN 接続のターゲットゲートウェイを変更できます。以下の移行オプションを使用できます。

  • トランジットゲートウェイへの既存の仮想プライベートゲートウェイ

  • 別の仮想プライベートゲートウェイへの既存の仮想プライベートゲートウェイ

  • 別のトランジットゲートウェイへの既存のトランジットゲートウェイ

  • 仮想プライベートゲートウェイへの既存のトランジットゲートウェイ

ターゲットゲートウェイの変更後、新しいエンドポイントのプロビジョニング中に短時間、Site-to-Site VPN 接続が一時的に利用できなくなります。

以下のタスクは、新しいゲートウェイへの移行を完了するのに役立ちます。

ステップ 1: 新しいターゲットゲートウェイを作成する

新しいターゲットゲートウェイへの移行を実行する前に、まず新しいゲートウェイを設定する必要があります。仮想プライベートゲートウェイを追加する方法については、「仮想プライベートゲートウェイの作成」を参照してください。トランジットゲートウェイの追加の詳細については、Amazon VPC トランジットゲートウェイの「トランジットゲートウェイを作成する」を参照してください。

新しいターゲットゲートウェイがトランジットゲートウェイの場合は、VPC をトランジットゲートウェイにアタッチします。VPC アタッチメントの詳細については、Amazon VPC トランジットゲートウェイの「VPC へのトランジットゲートウェイアタッチメント」を参照してください。

仮想プライベートゲートウェイからトランジットゲートウェイにターゲットを変更する場合、オプションでトランジットゲートウェイ ASN を仮想プライベートゲートウェイ ASN と同じ値に設定できます。別の ASN を使用する場合は、カスタマーゲートウェイデバイスの ASN をトランジットゲートウェイ ASN に設定する必要があります。詳細については、「ステップ 6: カスタマーゲートウェイ ASN を更新する (条件付き)」を参照してください。

ステップ 2: 静的ルートを削除する (条件付き)

このステップは、静的ルートを持つ仮想プライベートゲートウェイからトランジットゲートウェイに移行する際に必要になります。

新しいゲートウェイに移行する前に静的ルートを削除する必要があります。

ヒント

静的ルートを削除する前に、必ずコピーを取ってください。VPN 接続の移行が完了した後、これらのルートをトランジットゲートウェイに再度追加する必要が出てきます。

ルートをルートテーブルから削除するには
  1. Amazon VPC コンソール (https://console.aws.amazon.com/vpc/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [ルートテーブル] (Route tables) を選択して、ルートテーブルを選択します。

  3. [Routes] タブで、[Edit routes] を選択します。

  4. 仮想プライベートゲートウェイへの静的ルートで [削除] を選択します。

  5. [Save changes] (変更の保存) をクリックします。

ステップ 3: 新しいゲートウェイに移行する

ターゲットゲートウェイを変更するには
  1. Amazon VPC コンソール (https://console.aws.amazon.com/vpc/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Site-to-Site VPN 接続] を選択します。

  3. VPN 接続を選択して、[アクション][VPN 接続を変更] の順に選択します。

  4. [ターゲットタイプ] でゲートウェイタイプを選択します。

    1. 新しいターゲットゲートウェイが仮想プライベートゲートウェイの場合は、[VPN ゲートウェイ] を選択します。

    2. 新しいターゲットゲートウェイがトランジットゲートウェイの場合は、[トランジットゲートウェイ] を選択します。

  5. [Save changes] (変更の保存) をクリックします。

コマンドラインまたは API を使用して Site-to-Site VPN 接続を変更するには

ステップ 4: VPC ルートテーブルを更新する

新しいゲートウェイに移行した後、VPC のルートテーブルを変更する必要がある場合があります。詳細については、Amazon VPC ユーザーガイドの「ルートテーブル」を参照してください

次の表に、VPN ゲートウェイターゲットを変更した後に実行する VPC ルートテーブルの更新に関する情報を示します。

既存のゲートウェイ 新しいゲートウェイ VPC のルートテーブルの変更
伝播されたルートを持つ仮想プライベートゲートウェイ トランジットゲートウェイ トランジットゲートウェイの ID が格納されているルートを削除します。
伝播されたルートを持つ仮想プライベートゲートウェイ 伝播されたルートを持つ仮想プライベートゲートウェイ 必要なアクションはありません。
伝播されたルートを持つ仮想プライベートゲートウェイ 静的ルートを持つ仮想プライベートゲートウェイ 新しい仮想プライベートゲートウェイの ID が格納されているルートを追加します。
静的ルートを持つ仮想プライベートゲートウェイ トランジットゲートウェイ トランジットゲートウェイの ID への仮想プライベートゲートウェイの ID を格納するルートを更新します。
静的ルートを持つ仮想プライベートゲートウェイ 静的ルートを持つ仮想プライベートゲートウェイ 新しい仮想プライベートゲートウェイの ID への仮想プライベートゲートウェイの ID を格納するルートを更新します。
静的ルートを持つ仮想プライベートゲートウェイ 伝播されたルートを持つ仮想プライベートゲートウェイ 仮想プライベートゲートウェイの ID を含むルートを削除します。
トランジットゲートウェイ 静的ルートを持つ仮想プライベートゲートウェイ 仮想プライベートゲートウェイの ID へのトランジットゲートウェイの ID を格納するルートを更新します。
トランジットゲートウェイ 伝播されたルートを持つ仮想プライベートゲートウェイ トランジットゲートウェイの ID を含むルートを削除します。
トランジットゲートウェイ トランジットゲートウェイ 新しいトランジットゲートウェイの ID へのトランジットゲートウェイの ID を格納するルートを更新します。

ステップ 5: ターゲットゲートウェイのルーティングを更新する (条件付き)

新しいゲートウェイがトランジットゲートウェイである場合、トランジットゲートウェイのルートテーブルを変更して VPC と Site-to-Site VPN 間のトラフィックを許可します。詳細については、「Amazon VPC Transit Gateway」の「Transit Gateway ルートテーブル」を参照してください。

VPN 静的ルートを削除した場合、トランジットゲートウェイルートテーブルに静的ルートを追加する必要があります。

仮想プライベートゲートウェイとは異なり、トランジットゲートウェイは VPN 添付のすべてのトンネルでマルチエグジット識別子(MED)に同じ値を設定します。仮想プライベートゲートウェイからトランジットゲートウェイに移行し、トンネル選択の MED 値に依存している場合は、接続の問題を回避するためにルーティングを変更することをお勧めします。例えば、トランジットゲートウェイで特定のルートをアドバタイズできます。詳細については、「ルートテーブルと VPN ルーティングの優先度」を参照してください。

ステップ 6: カスタマーゲートウェイ ASN を更新する (条件付き)

新しいゲートウェイに古いゲートウェイとは異なる ASN がある場合は、新しい ASN を指すようにカスタマーゲートウェイデバイスの ASN を更新する必要があります。詳細については、「Site-to-Site VPN 接続のカスタマーゲートウェイオプション」を参照してください。