継続的最適化 - コスト最適化の柱

継続的最適化

AWS では、新しいサービスを確認してワークロードに実装することで、経時的に最適化していきます。

AWS で新しいサービスと機能がリリースされた際は、ベストプラクティスとして、既存のアーキテクチャの決定事項を確認し、費用対効果を維持することが推奨されます。要件の変化に応じて、不要になったリソース、コンポーネント、ワークロードを積極的に排除します。経時的に最適化を行うには、次のベストプラクティスを考慮します。