OPS06-BP08 テストとロールバックを自動化する - 運用上の優秀性の柱

OPS06-BP08 テストとロールバックを自動化する

デプロイした環境のテストを自動化し、望ましい結果が得られるかどうか確認します。結果が得られなかった場合に、以前の正常な状態へのロールバックを自動化し、復旧時間を最小限に抑え、手動プロセスによるエラーを低減します。

一般的なアンチパターン:

  • あなたは、ワークロードに変更をデプロイします。変更が完了したことを確認した後、あなたは、デプロイ後のテストを開始します。テストが完了したことを確認した後、あなたは、ワークロードが操作不可であり、顧客の接続が切断されたことに気づきます。その後、あなたは、以前のバージョンへのロールバックを開始します。問題を検出するのに長い時間をかけた後、復旧にかかる時間は、手動による再デプロイによってさらに長くなります。

このベストプラクティスを確立するメリット: デプロイ後の変更をテストして検証することで、問題をすぐに特定できます。以前のバージョンに自動的にロールバックすることで、顧客への影響を最小限に抑えることができます。

このベストプラクティスが確立されていない場合のリスクレベル:

実装のガイダンス

  • テストとロールバックを自動化する: デプロイした環境のテストを自動化し、望ましい結果が得られるかどうか確認します。結果が得られなかった場合に、以前の正常な状態へのロールバックを自動化し、復旧時間を最小限に抑え、手動プロセスによるエラーを低減します。例えば、デプロイ後に詳細な合成ユーザートランザクションを実施し、その結果を確認して、失敗した場合にはロールバックします。

リソース

関連するドキュメント: