運用上の優秀性の柱 – AWS Well-Architected フレームワーク - 運用上の優秀性の柱

運用上の優秀性の柱 – AWS Well-Architected フレームワーク

公開日: 2023 年 10 月 3 日 (改訂履歴)

このホワイトペーパーは AWS Well-Architected フレームワークの運用上の優秀性の柱に焦点を当てています。本書は、お客様が AWS のワークロードの設計、提供、メンテナンスにベストプラクティスを適用するうえで役立つガイダンスを提供します。

はじめに

それらの AWS Well-Architected Framework は、AWS でワークロードを構築する際に行う決定の利点とリスクを理解するのに役立ちます。このフレームワークを使用すれば、クラウド内で信頼性、安全性、効率性、コスト効率に優れ、持続可能なワークロードを設計および運用するための運用上およびアーキテクチャ上のベストプラクティスを学ぶことができます。運用とアーキテクチャを、ベストプラクティスに照らし合わせて一貫した方法で評価し、改善すべき領域を特定する方法を提供します。AWS は、運用を念頭に置いて設計された Well-Architected ワークロードがあれば、ビジネスを成功させる可能性は大幅に高まると確信しています。

このフレームワークは次の 6 つの柱に基づいています。

  • オペレーショナルエクセレンス

  • セキュリティ

  • 信頼性

  • パフォーマンス効率

  • コスト最適化

  • サステナビリティ

このホワイトペーパーは、運用上の優秀性の柱と、それを優れた設計のソリューションの基礎としてどのように適用するかに焦点を当てています。運用が、サポートする事業部門や開発チームとは別の、独立した機能として認識される環境では、運用上の優秀性を達成することは困難です。このホワイトペーパーに記載されたプラクティスを採用することで、状況の把握と、効果的かつ効率的な運用とイベント対応を可能にするアーキテクチャを構築して、ビジネス上の目標を継続的に改善し、サポートできます。

このホワイトペーパーの対象者は、最高技術責任者 (CTO)、アーキテクト、デベロッパー、オペレーションチームメンバーなどの技術担当者です。このホワイトペーパーを読むと、運用上の優秀性のためのクラウドアーキテクチャを設計する際に使用する AWS のベストプラクティスと戦略を理解できます。このホワイトペーパーでは、実装の詳細やアーキテクチャ上のパターンは扱いません。ただし、この情報に関する適切なリソースへの参照が含まれています。