パフォーマンス効率の柱 - AWS Well-Architected フレームワーク - パフォーマンス効率の柱

パフォーマンス効率の柱 - AWS Well-Architected フレームワーク

公開日: 2022 年 10 月 20 日 (改訂履歴)

要約

このホワイトペーパーは、 AWS Well-Architected フレームワークのパフォーマンス効率の柱に焦点を当てています。本書は、お客様が AWS 環境の設計、提供、メンテナンスを行う際にベストプラクティスを適用できるようにするためのガイダンスを提供します。

パフォーマンス効率の柱は、本番環境を管理するためのベストプラクティスを取り扱っています。本書では、継続的なインテグレーションまたはデリバリーなど、本番以外の環境におけるプロセスの設計と管理については説明しません。

はじめに

The AWS Well-Architected フレームワーク は、AWS でワークロードを構築する際の選択技のメリットとデメリットを理解するのに役立ちます。フレームワークに従うことで、クラウド上でのワークロードを信頼性高く、セキュアでコスト効率の高いアーキテクチャとするためのベストプラクティスを学ぶことができます。フレームワークにより、アーキテクチャをベストプラクティスに照らし合わせて一貫的に測定し、改善すべき点を特定する手段を提供します。Well-Architected ワークロードを備えることによって、ビジネス成功の可能性が大幅に高まると私たちは確信しています。

このフレームワークは次の 6 つの柱に基づいています。

  • オペレーショナルエクセレンス

  • セキュリティ

  • 信頼性

  • パフォーマンス効率

  • コスト最適化

  • サステナビリティ

本書では、パフォーマンス効率の柱の原則をお客様のワークロードに適用する方法について説明します。従来のオンプレミス環境で、持続する優れたパフォーマンスを達成することは容易ではありません。本書で説明する原則は、長期にわたって持続的なパフォーマンスを効率的に提供するアーキテクチャを AWS で構築するために役立ちます。

このホワイトペーパーの対象者は、最高技術責任者 (CTO)、アーキテクト、デベロッパー、オペレーションチームメンバーなどの技術担当者です。このホワイトペーパーを読むことで、高性能なクラウドアーキテクチャを設計し運用する際に使われる AWS のベストプラクティスと戦略を理解できます。このホワイトペーパーでは、実装の詳細やアーキテクチャ上のパターンは扱いません。適切なリソースへの参照情報を記載しています。