改訂履歴 - 信頼性の柱

改訂履歴

このホワイトペーパーの更新に関する通知を受け取るには、RSS フィードをサブスクライブしてください。

変更説明日付

ホワイトペーパーの更新

ベストプラクティスに加筆し、改善計画を追加。

October 20, 2022

ホワイトペーパーの更新

信頼性の柱に 2 つの新しいベストプラクティスを追加: 障害部分を切り離してワークロードを保護する および コンポーネントの障害に耐えられるようにワークロードを設計する.

May 5, 2022

マイナーな更新

「イントロダクション」に持続可能性の柱を追加。

December 2, 2021

ホワイトペーパーの更新

ディザスタリカバリのガイダンスを更新して、Route 53 Application Recovery Controller を追加DevOps Guru への参照を追加。いくつかのリソースリンクの更新と編集上のマイナー変更。

October 26, 2021

マイナーな更新

AWS Fault Injection Simulator (AWS FIS) に関する情報を追加。

March 15, 2021

マイナーな更新

マイナーなテキストの更新。

January 4, 2021

ホワイトペーパーの更新

付録 A を更新して、Amazon SQS、Amazon SNS、Amazon MQ の可用性設計目標を更新。 テーブルの行を見やすく並べなおし。可用性とディザスタリカバリの違いと、それらの回復力への貢献の説明を改善。マルチリージョンアーキテクチャ (可用性) とマルチリージョン戦略 (ディザスタリカバリ) の範囲を拡大。参照書籍を最新版に更新。可用性の計算を拡張して、リクエストベースの計算とショートカット計算を加筆。ゲームデーの説明を改善。

December 7, 2020

マイナーな更新

付録 A を更新し、AWS Lambda の可用性設計の目標を更新

October 27, 2020

マイナーな更新

付録 A を更新し、AWS Global Accelerator の可用性設計の目標を追加

July 24, 2020

新しいフレームワークの更新

大幅な更新とコンテンツの新規追加 / 改訂を次のとおり実施: 「ワークロードアーキテクチャ」のベストプラクティスセクションを追加、ベストプラクティスを「変更管理」セクションと「障害管理」セクションに再編成、リソースを更新、最新の AWS リソースおよびサービス (AWS Global Accelerator、AWS Service Quotas、AWS Transit Gateway など) が盛り込まれるように更新、信頼性、可用性、回復力の定義の追加 / 更新、Well-Architected レビューに使用される AWS Well-Architected Tool (質問とベストプラクティス) に沿うようホワイトペーパーを調整、設計原則を再整理、 障害から自動的に復旧する復旧手順をテストするの前に移動、図と等式のフォーマットを更新、「主なサービス」セクションを削除して、主な AWS のサービスへの参照をベストプラクティスに統合。

July 8, 2020

マイナーな更新

壊れたリンクを修正

October 1, 2019

ホワイトペーパーの更新

付録 A を更新

April 1, 2019

ホワイトペーパーの更新

具体的な AWS Direct Connect ネットワーク推奨事項とサービス設計目標を追加

September 1, 2018

ホワイトペーパーの更新

設計の原則と制限管理のセクションを追加。リンク更新、アップストリーム/ダウンストリームの不明瞭な用語を削除、信頼性の柱の残りのトピックの可用性のシナリオに明示的な参照を追加。

June 1, 2018

ホワイトペーパーの更新

DynamoDB クロスリージョンソリューションを DynamoDB Global Tables に変更しました。サービス設計目標を追加

March 1, 2018

マイナーな更新

可用性の計算を微修正してアプリケーションの可用性を追加

December 1, 2017

ホワイトペーパーの更新

高可用性設計に関するガイダンスを更新し、概念、ベストプラクティス、実装例を追加。

November 1, 2017

初版発行

信頼性の柱 - AWS Well-Architected フレームワークを発行しました。

November 1, 2016