改善点の優先順位を付けて計画する - 持続可能性の柱

改善点の優先順位を付けて計画する

最も低いコストと許容できるリスクで、最も大きな効果が期待できるものに基づいて、特定した改善点の優先順位を決定します。

最初にどの改善に重点を置くかを決め、リソース計画や開発ロードマップに盛り込みます。

このステップを サンプルシナリオに適用して、目標の改善点を次のように優先します。

優先度 改善 潜在的な コスト リスク
1 より効果的な圧縮メカニズムを実装する
2 予測スケーリングを実装する ミディアム

ファイル圧縮の更新は、可能性が高く低コスト、そしてリスクを伴うため、貴社にとって価値の高いターゲットであり、予測スケーリングの実装よりも優先されます。ファイル圧縮が完了したら、潜在的影響が中程度で低コスト、そしてリスクが低い予測スケーリングを実装することを優先的に改善すべきと判断します。

ファイル圧縮の改善と予測スケーリングをバックログに追加するよう、チームメンバーを任命します。