SUS03-BP03 時間やリソースを最も多く消費するコード領域を最適化する - 持続可能性の柱

SUS03-BP03 時間やリソースを最も多く消費するコード領域を最適化する

ワークロードアクティビティをモニターして、リソースの消費が最も大きいアプリケーションコンポーネントを特定します。それらのコンポーネント内で実行されているコードを最適化して、パフォーマンスを最大化しながらリソースの使用量を最小化します。

このベストプラクティスが確立されていない場合のリスクレベル:

実装のガイダンス

  • リソース使用率が作用するパフォーマンスをモニターして、作業単位でリソースを多く必要とするコンポーネント特定し、最適化の対象とします。

  • コードプロファイラーを使用して、時間またはリソースを最も多く使用するコードの領域を特定し、最適化の対象とします。

  • アルゴリズムを同じ結果が生成される、より効率的なバージョンに置き換えます。

  • ハードウェアアクセラレーションを使用して、実行時間が長いコードブロックの効率を改善します。

  • 最も効率的なオペレーティングシステムとプログラム言語をワークロードに使用します。

  • 不要なソートと書式設定を削除します。

  • データの変更頻度と消費方法に基づいて使用されるリソースを最小化するデータ転送パターンを使用します。例えば、状態変更情報は、クライアントがリソースを消費してポーリングし価値のない「変更なし」のメッセージを受信するのではなく、クライアントにプッシュします。

リソース

関連するドキュメント:

関連動画: