責任共有モデル - 持続可能性の柱

責任共有モデル

環境持続可能性は、お客様と AWS の共有責任です。

  • AWS は、 クラウドの持続可能性の最適化に責任があり、効率的で共有されたインフラストラクチャ、水資源管理、再生可能エネルギーの調達などを提供しています。

  • お客様は、 クラウドにおける持続可能性に責任があり、ワークロードとリソース利用率を最適化し、ワークロードにデプロイする必要がある総リソースを最小限に抑えるようにします。

AWS の責任共有モデルを示す図。

責任共有モデル

クラウド上での持続可能性

クラウドプロバイダーは、効率的な電力と冷却技術に投資し、エネルギー効率の高いサーバー群を運用し、高いサーバー利用率を実現しているため、一般的なオンプレミス型と比べて二酸化炭素排出量が少なく、エネルギー効率に優れています。クラウドワークロードは、ネットワーク、電力、冷却、物理設備などの共有リソースを利用することにより、影響を減らしています。より効率的なテクノロジーが利用可能になり次第、そこにクラウドワークロードを移行し、クラウドベースのサービスを使用してワークロードを変革し、持続可能性を高めることができます。

リソース

クラウド上での持続可能性

クラウドでの持続可能性は、プロビジョニングされたリソースを最大限に活用し、必要な合計リソースを最小化することによって、ワークロードのすべてのコンポーネントにわたってエネルギーの削減と効率を主な主眼とした継続的取り組みです。この取り組みは、効率的なプログラミング言語の最初の選択から、最新のアルゴリズムの採用、効率的なデータストレージ技法の使用、適切にサイズ設定された効率的なコンピューティングインフラストラクチャへのデプロイ、高出力のエンドユーザーハードウェアの要件の最小化まで多岐にわたります。