ストレージ - Amazon Web Services の概要

ストレージ

Amazon Elastic Block Store

Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) は、AWS クラウドの Amazon EC2 インスタンス用の永続的なブロックストレージボリュームを提供します。コンポーネントに障害が発生した場合でも高い可用性と耐久性を提供できるように、各 Amazon EBS ボリュームはアベイラビリティーゾーン内で自動的にレプリケートされます。Amazon EBS ボリュームは、ワークロードの実行に必要とされる安定した低レイテンシーのパフォーマンスを実現します。Amazon EBS では使用量の拡張と縮小を分単位で行うことができます。さらに、プロビジョニングしたサイズに合わせて、低料金でご利用いただけます。

Amazon Elastic File System

Amazon Elastic File System (Amazon EFS) は、AWS クラウドサービスおよびオンプレミスリソースで利用できる、Linux ベースのワークロード向けのシンプルでスケーラブルかつ伸縮自在なファイルシステムです。アプリケーションを中断することなく、オンデマンドでペタバイト規模までスケールできるよう構築されており、ファイルの追加や削除に合わせて自動的に拡大/縮小します。このため、アプリケーションでは必要なときに必要なサイズのストレージを利用できます。数千規模の Amazon EC2 インスタンスに対し大規模で並列の共有アクセスを提供するよう設計されているため、アプリケーションは高いレベルの総スループットおよび IOPS を一定の低レイテンシーで達成できます。Amazon EFS は、既存のアプリケーションおよびツールに変更を加える必要のないフルマネージドサービスとして、標準的なファイルシステムインターフェイスを介したアクセスによるシームレスな統合を実現します。Amazon EFS は、耐久性と可用性を高めるために複数のアベイラビリティーゾーン (AZ) に分散されるデータを保存するリージョナルサービスです。AZ および AWS リージョン間でファイルシステムにアクセスでき、また、AWS Direct Connect あるいは AWS VPN を介して数多くの Amazon EC2 インスタンスやオンプレミスサーバー間でファイルを共有できます。

Amazon EFS は、レイテンシーの影響を受けやすい単一スレッドのワークロードに可能な限り高いスループットを必要とする、高度に並列化されたスケールアウト型ワークロードの多様なユースケースをサポートするのに最適です。ユースケースには、リフトアンドシフトのエンタープライズアプリケーション、ビッグデータ分析、ウェブサービスとコンテンツ管理、アプリケーションの開発とテスト、メディアとエンターテインメントワークフロー、データベースのバックアップ、コンテナストレージなどがあります。

Amazon FSx for Lustre

Amazon FSx for Lustre は、高機能コンピューティング、機械学習、およびメディアデータ処理のワークフローなどのコンピューティング集約型ワークロードのために最適化されたフルマネージド型のファイルシステムです。これらのアプリケーションの多くは、高性能かつ低レイテンシーのスケールアウトと並列ファイルシステムを必要とします。これらのファイルシステムの操作は、通常、高度な専門知識と管理オーバーヘッドを必要とし、ストレージサーバーをプロビジョニングして複雑なパフォーマンスのパラメータを調整する必要があります。Amazon FSx を使用すれば、1 秒間に最大数百ギガバイトのスループット、百万単位の IOPS、ミリ秒未満のレイテンシーで大量のデータセットを処理できる Lustre ファイルシステムを起動し、実行できます。

Amazon FSx for Lustre は Amazon S3 とシームレスに統合されているため、長期のデータセットを高パフォーマンスのファイルシステムと簡単に結び付けて、コンピューティング負荷の高いワークロードを実行できます。データを自動的に S3 から FSx for Lustre にコピーしてワークロードを実行し、結果を S3 に書き込むことができます。FSx for Lustre では、Amazon Direct Connect または VPN を使用して FSx ファイルシステムにアクセスできるようにすることで、コンピューティング集約型ワークロードをオンプレミスから AWS にバーストさせることができます。FSx for Lustre を使用すると、コンピューティング集約型ワークロードのストレージコストを最適化できます。低コストでパフォーマンスが高く、レプリケートされないストレージをデータ処理に使用し、長期のデータを Amazon S3 やその他の低コストのデータストアに耐久性の高い方法で保存できます。Amazon FSx の料金は、使用したリソースに対してのみ発生します。最低限料金の制約はなく、ハードウェアやソフトウェアの先行投資費用や追加費用も不要です。

Amazon FSx for Windows ファイルサーバー

Amazon FSx for Windows ファイルサーバーは、フルマネージド型のネイティブ Microsoft Windows ファイルシステムを提供するため、ファイルストレージを必要とする Windows ベースのアプリケーションを AWS に簡単に移行できます。Windows サーバーに構築された Amazon FSx は、Windows ベースのアプリケーションが依存する互換性と機能を備えた共有ファイルストレージを提供し、これには SMB プロトコルと Windows NTFS、Active Directory (AD) 統合、および 分散ファイルシステム (DFS) に対する完全なサポートが含まれます。Amazon FSx は、SSD ストレージを使用し、高速なスループットと IOPS、一貫したミリ秒未満のレイテンシーという、Windows アプリケーションとユーザーが期待する高速パフォーマンスを実現しています。Amazon FSx の互換性とパフォーマンスは、CRM、ERP、.NET アプリケーションなど、Windows の共有ファイルストレージを必要とするワークロードやホームディレクトリを移行する際にとりわけ重要になります。

Amazon FSx を使用すれば、業界標準の SMB プロトコルを使って、最大数千台のコンピューティングインスタンスからアクセス可能な、高い耐久性と可用性を備えた Windows ファイルシステムを構築できます。また、Amazon FSx により、Windows ファイルサーバーの管理に伴う経費を削減できます。料金は、使用したリソースに対してのみ発生します。前払い料金、最低限料金の制約、追加料金はありません。

Amazon Simple Storage Service

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) は、業界をリードするスケーラビリティ、データ可用性、セキュリティ、およびパフォーマンスを提供するオブジェクトストレージサービスです。つまり、規模や業界を問わず、このサービスをご使用いただくと、ウェブサイト、モバイルアプリケーション、バックアップと復元、アーカイブ、エンタープライズアプリケーション、IoT デバイス、ビッグデータ分析といったさまざまなユースケースでどのような量のデータでも保存し、保護することができます。Amazon S3 はデータを整理しアクセス制御を細かく調整するために使いやすい機能を提供しており、ビジネスや組織における規則やコンプライアンスの要件を満たしやすく設計されています。Amazon S3 は 99.999999999% (9 が 11 個) の耐久性を実現するように設計されており、世界中の企業向けに数百万ものアプリケーションのデータを保存しています。

Amazon S3 Glacier

Amazon S3 Glacier は、データのアーカイブおよび長期バックアップを行うための、安全性と耐久性に優れたきわめて低コストのストレージサービスです。このサービスは、99.999999999% の耐久性を実現するように設計されおり、最も厳格な規制要件にも対応できる包括的なセキュリティとコンプライアンスの機能を提供します。Amazon S3 Glacier はインプレースクエリ機能を提供するため、保存時のアーカイブデータに対して強力な分析を実行することが可能になります。毎月わずか 1 USD/テラバイトでデータを保存でき、オンプレミスのソリューションに比べてコストを大幅に削減できます。低コストに抑えつつさまざまな取得ニーズに対応するために、Amazon S3 Glacier ではアーカイブへのアクセスについて、数分から数時間までの 3 つのオプションが用意されています。また、S3 Glacier Deep Archive には、12 時間から 48 時間までの 2 つのアクセスオプションが用意されています。

AWS Backup

AWS Backup により、AWS のサービス全体でデータ保護を一元化および自動化できます。AWS Backup は、費用効果が高く、ポリシーベースのフルマネージドサービスを提供し、大規模なデータ保護をさらに簡素化します。また、AWS Backup は、データ保護に関する規制コンプライアンスやビジネスポリシーのサポートにも役立ちます。AWS Organizations と併せて、AWS Backup により、データ保護ポリシーを一元的にデプロイし、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンス、Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ボリューム、Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) データベース (Amazon Aurora クラスターを含む)、Amazon DynamoDB テーブル、Amazon Elastic File System (Amazon EFS) ファイルシステム、Amazon FSx for Lustre ファイルシステム、Amazon FSx for Windows ファイルサーバーのファイルシステム、AWS Storage Gateway ボリュームを含む、お客様の組織の AWS アカウントとリソース全体のバックアップアクティビティを設定および管理できます。

Storage Gateway

Storage Gateway は、オンプレミスアプリケーションによる AWS クラウドストレージのシームレスな使用を可能にするハイブリッドストレージサービスです。このサービスは、バックアップとアーカイブ、災害対策、クラウドデータ処理、ストレージ階層化、移行などの用途で使用できます。お使いのアプリケーションは、NFS、SMB、iSCSI などの標準ストレージプロトコルを使用して、仮想マシンまたはハードウェアゲートウェイアプライアンス経由でサービスに接続します。ゲートウェイは Amazon S3、S3 Glacier、Amazon EBS といった AWS のストレージサービスに接続し、ファイル、ボリューム、仮想テープを保存する AWS のストレージを提供します。このサービスでは、帯域幅管理、自動化されたネットワーク耐障害性、効率的なデータ転送、および最も頻繁に使用するデータに低レイテンシーでオンプレミスアクセスを行うためのローカルキャッシュなどの高度に最適化されたデータ転送メカニズムを利用できます。