WorkSpace ブランドのカスタマイズ - Amazon WorkSpaces

WorkSpace ブランドのカスタマイズ

Amazon WorkSpaces では、API を使用して独自のブランドロゴ、IT サポート情報、パスワードを忘れた場合のリンク、ログインメッセージなど、WorkSpace のログインページをカスタマイズすることで、ユーザーに親しみやすい WorkSpaces エクスペリエンスを作成できます。WorkSpace ログインページには、デフォルトの WorkSpaces ブランドに代わり、お客様のブランドがユーザーに表示されます。

以下のクライアントをサポートしています。

  • Windows

  • Linux

  • Android

  • MacOS

  • iOS

  • ウェブアクセス

注記

WorkSpaces カスタムブランドは、現在 AWS GovCloud (米国西部) リージョンでは利用できません。

カスタムブランドのインポート

クライアントのカスタムブランドをインポートするには、ImportClientBranding のアクションを使用します。アクションには以下の要素が含まれます。詳細については、「 API リファレンスの ImportClientBranding」を参照してください。

重要

クライアントのブランド属性は公開されています。機密情報が含まれないようにしてください。


               WorkSpaces クライアントサインイン画面
  1. サポートリンク

  2. ロゴ

  3. パスワードを忘れた場合のリンク

  4. ログインメッセージ

カスタムブランドの要素
ブランド要素 説明 要件と推奨事項
サポートリンク ユーザーが WorkSpaces に関するヘルプを問い合わせるための サポート E メールリンクを指定できます。SupportEmail 属性を使用するか、SupportLink 属性を使用してサポートページへのリンクを提供することで指定できます。
  • 各プラットフォームタイプでは、SupportEmailSupportLink パラメータは相互に排他的です。プラットフォームタイプごとに 1 つのパラメータを指定できますが、両方指定することはできません。

  • デフォルトの E メールは workspaces-feedback@amazon.com です。

  • 長さの制限: 最小長は 1 です。最大長は 200 です。

ロゴ Logo 属性を使用して、組織のロゴをカスタマイズできます。 イメージ形式は、.png ファイルから変換したバイナリ形式のデータオブジェクトのみ使用できます。
パスワードを忘れた場合のリンク ForgotPasswordLink 属性を使用してウェブアドレスを追加し、これによりユーザーが WorkSpace のパスワードを忘れた場合に移動できます。 長さの制限: 最小長は 1 です。最大長は 200 です。
ログインメッセージ LoginMessage 属性を使用して、サインイン画面のメッセージをカスタマイズできます。
  • 長さの制限: 最小長は 0 です。HTML タグおよび異なるフォントサイズを統合するための最大長は 2,000 文字です。HTML タグがないデフォルトの場合は、ログインメッセージは 600 文字未満にすることをお勧めします。

  • サポートされている HTML タグ: a, b, blockquote, br, cite, code, dd, dl, dt, div, em, i, li, ol, p, pre, q, small, span, strike, strong, sub, sup, u, ul

以下は、ImportClientBranding を使用するためのサンプルコードスニペットです。

AWS CLI バージョン 2

警告

カスタムブランディングをインポートすると、カスタムデータで指定したプラットフォーム内の属性が上書きされます。また、デフォルトのカスタムブランディング属性値で指定していない属性も上書きされます。上書きしたくない属性のデータを含める必要があります。

aws workspaces import-client-branding —cli-input-json file://~/Downloads/import-input.json —region us-west-2

インポート JSON ファイルは、以下のようなサンプルコードになります。

{ "ResourceId": "<directory-id>", "DeviceTypeOsx": { "Logo": "iVBORw0KGgoAAAANSUhEUgAAAAIAAAACCAYAAABytg0kAAAAC0lEQVR42mNgQAcAABIAAeRVjecAAAAASUVORK5CYII=", "ForgotPasswordLink": "https://amazon.com/", "SupportLink": "https://amazon.com/", "LoginMessage": { "en_US": "Hello!!" } } }

以下のサンプル Java コードスニペットでは、ロゴイメージを base64bit バイナリ形式に変換します。

// Read image as BufferImage BufferedImage bi = ImageIO.read(new File("~/Downloads/logo.png")); // convert BufferedImage to byte[] ByteArrayOutputStream baos = new ByteArrayOutputStream(); ImageIO.write(bi, "png", baos); byte[] bytes = baos.toByteArray(); //convert byte[] to base64 format and print it String bytesBase64 = Base64.encodeBase64String(bytes); System.out.println(bytesBase64);

以下のサンプル Python コードスニペットでは、ロゴイメージを base64bit バイナリ形式に変換します。

# Read logo into 64bit based string with open("~/Downloads/logo.png", "rb") as imageFile: f = imageFile.read() base64String = base64.b64encode(f) print(base64String)

Java

警告

カスタムブランディングをインポートすると、カスタムデータで指定したプラットフォーム内の属性が上書きされます。また、デフォルトのカスタムブランディング属性値で指定していない属性も上書きされます。上書きしたくない属性のデータを含める必要があります。

// Create WS Client WorkSpacesClient client = WorkSpacesClient.builder().build(); // Read image as BufferImage BufferedImage bi = ImageIO.read(new File("~/Downloads/logo.png")); // convert BufferedImage to byte[] ByteArrayOutputStream baos = new ByteArrayOutputStream(); ImageIO.write(bi, "png", baos); byte[] bytes = baos.toByteArray(); // Create import attributes for the plateform DefaultImportClientBrandingAttributes attributes = DefaultImportClientBrandingAttributes.builder() .logo(SdkBytes.fromByteArray(bytes)) .forgotPasswordLink("https://aws.amazon.com/") .supportLink("https://aws.amazon.com/") .build(); // Create import request ImportClientBrandingRequest request = ImportClientBrandingRequest.builder() .resourceId("<directory-id>") .deviceTypeOsx(attributes) .build(); // Call ImportClientBranding API ImportClientBrandingResponse response = client.importClientBranding(request);

Python

警告

カスタムブランディングをインポートすると、カスタムデータで指定したプラットフォーム内の属性が上書きされます。また、デフォルトのカスタムブランディング属性値で指定していない属性も上書きされます。上書きしたくない属性のデータを含める必要があります。

import boto3 # Read logo into bytearray with open("~/Downloads/logo.png", "rb") as imageFile: f = imageFile.read() bytes = bytearray(f) # Create workspaces client client = boto3.client('workspaces') # Call import API response = client.import_client_branding( ResourceId='<directory-id>', DeviceTypeOsx={ 'Logo': bytes, 'SupportLink': 'https://aws.amazon.com/', 'ForgotPasswordLink': 'https://aws.amazon.com/', 'LoginMessage': { 'en_US': 'Hello!!' } } )

PowerShell

# This forces the latest version of Tools or newer. May want to just add a note incase the have the full awspowershell module #Requires -Modules @{ ModuleName="AWS.Tools.WorkSpaces"; ModuleVersion="4.1.56"} # Specify Image Path $imagePath = "~/Downloads/logo.png" # Create Byte Array from image file $imageByte = ([System.IP.File]::ReadAllBytes($imagePath)) # Call import API Import-WKSClientBranding -ResourceId <directory-id> ` -DeviceTypeLinux_LoginMessage @{en_US="Hello!!"} ` -DeviceTypeLinux_Logo $imageByte ` -DeviceTypeLinux_ForgotPasswordLink "https://aws.amazon.com/" ` -DeviceTypeLinux_SupportLink "https://aws.amazon.com/"

ログインページをプレビューするには、WorkSpaces アプリケーションまたはウェブログインページを起動します。

注記

変更が表示されるまでに最大 1 分程度かかる場合があります。

カスタムブランドの説明

現在使用しているクライアントブランドのカスタマイズの詳細を表示するには、DescribeCustomBranding のアクションを使用します。以下は、DescribeClientBranding を使用するためのサンプルスクリプトです。詳細については、「 API リファレンスの DescribeClientBranding」を参照してください。

aws workspaces describe-client-branding \ -resource-id directory-id \ -region us-west-2

カスタムブランドの削除

クライアントブランドのカスタマイズを削除するには、DeleteCustomBranding のアクションを使用します。以下は、DeleteClientBranding を使用するためのサンプルスクリプトです。詳細については、「 API リファレンスの DeleteClientBranding」を参照してください。

aws workspaces delete-client-branding \ —resource-id d-92677ad933 \ —platforms DeviceTypeAndroid DeviceTypeIos \ —region us-west-2
注記

変更が表示されるまでに最大 1 分程度かかる場合があります。