WorkSpace の再起動 - Amazon WorkSpaces

WorkSpace の再起動

場合によっては、WorkSpace を手動で再起動する必要があります。WorkSpace を再起動すると、ユーザーが切断され、WorkSpace のシャットダウンと再起動が実行されます。データの損失を避けるため、WorkSpace を再起動する前に、開いているドキュメントやその他のアプリケーションファイルを必ず保存してください。ユーザーデータ、オペレーティングシステム、およびシステム設定には影響しません。

警告

暗号化された WorkSpace を再起動するには、AWS KMS キーが有効であることを最初に確認します。有効でない場合、WorkSpace は使用できません。KMS キーが有効になっているかどうかを確認する方法については、「AWS Key Management Service デベロッパーガイド」の 「コンソールで KMS キーを表示する」を参照してください。

WorkSpace を再起動するには

  1. https://console.aws.amazon.com/workspaces/ で WorkSpaces コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [WorkSpaces] を選択します。

  3. 再起動する WorkSpace を選択したら、[Actions (アクション)]、[Reboot WorkSpaces (WorkSpace の再起動)] の順に選択します。

  4. 確認を求めるメッセージが表示されたら、[Reboot WorkSpaces] を選択します。

を使用して WorkSpace を再起動するにはAWS CLI

reboot-workspaces コマンドを使用します。