WorkSpace のメンテナンス - Amazon WorkSpaces

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

WorkSpace のメンテナンス

WorkSpaces を定期的にメンテナンスすることをお勧めします。Amazon WorkSpaces は WorkSpaces のデフォルトのメンテナンスウィンドウをスケジュールします。メンテナンスウィンドウ中に、WorkSpace は必要に応じて重要な更新を Amazon WorkSpaces からインストールして再起動します。オペレーティングシステムの更新プログラム (利用可能な場合) は、WorkSpace が使用するように設定されている OS アップデートサーバーからもインストールされます。メンテナンス中は、WorkSpaces が使用できないことがあります。

注記

デフォルトでは、Windows WorkSpaces は Windows Update から更新プログラムを受信するように設定されています。ユーザー独自の Windows 自動更新メカニズムを設定する方法については、Windows Server Update Services (WSUS) および Configuration Manager のドキュメントを参照してください。

AlwaysOn WorkSpaces のメンテナンスウィンドウ

AlwaysOn WorkSpaces では、メンテナンスウィンドウはオペレーティングシステムの設定によって決まります。デフォルトは、WorkSpace のタイムゾーンの、毎週日曜日午前 0:00~4:00 の 4 時間です。デフォルトでは、AlwaysOn WorkSpace のタイムゾーンは、WorkSpace の AWS リージョンのタイムゾーンです。ただし、別のリージョンから接続し、タイムゾーンリダイレクトが有効にされた後に切断した場合は、WorkSpace のタイムゾーンは、接続元リージョンのタイムゾーンに更新されます。

グループポリシーを使用して、Windows WorkSpaces のタイムゾーンリダイレクトを無効にすることができます。Linux WorkSpaces のタイムゾーンリダイレクトを無効にすることはできません。

Windows WorkSpaces には、グループポリシーを使用してメンテナンスウィンドウを設定できます。「自動更新のためのグループポリシーの設定」を参照してください。Linux WorkSpace のメンテナンスウィンドウを設定することはできません。

AutoStop WorkSpaces のメンテナンスウィンドウ

AutoStop WorkSpaces は重要な更新をインストールするために月に 1 度自動的に開始されます。その月の第 3 月曜日から開始して、2 週間、WorkSpace の AWS リージョンのタイムゾーンの毎日 0:00 ~ 5:00 に、メンテナンスウィンドウが開かれます。WorkSpace はメンテナンスウィンドウのいずれかの日に保守されます。

WorkSpace のメンテナンス期間中、WorkSpace の状態は MAINTENANCE に設定されます。

AutoStop WorkSpaces のメンテナンスに使用するタイムゾーンを変更することはできませんが、以下のようにして AutoStop WorkSpaces のメンテナンスウィンドウを無効にすることはできます。メンテナンスモードを無効にすると、WorkSpaces は再起動されず、MAINTENANCE 状態になりません。

メンテナンスモードを無効にするには

  1. Amazon WorkSpaces コンソール (https://console.aws.amazon.com/workspaces/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [ディレクトリ] を選択します。

  3. ディレクトリを選択し、[Actions]、[Update Details] の順に選択します。

  4. [メンテナンスモード] を展開し ます。

  5. 自動更新を有効にするには、[Enabled] を選択します。更新を手動で管理する場合は、[無効] を選択します。

  6. [Update and Exit] を選択します。

手動メンテナンス

必要に応じて、独自のスケジュールで WorkSpaces を管理できます。メンテナンスタスクを実行する場合は、WorkSpaceの状態を ADMIN_MAINTENANCE。 完了したら、WorkSpaceの状態を AVAILABLE.

WorkSpace が ADMIN_MAINTENANCE モードの場合、以下の動作が発生します。

  • WorkSpace は、再起動、停止、起動、再構築には対応しません。

  • ユーザーは WorkSpace にログインできません。

  • AutoStop WorkSpace は、休止状態ではありません。

コンソールを使用して WorkSpace の状態を変更するには

注記

WorkSpaceの状態を変更するには、WorkSpaceのステータスが AVAILABLE。 は 状態の変更 WorkSpaceのステータスが STOPPED.

  1. Amazon WorkSpaces コンソール (https://console.aws.amazon.com/workspaces/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [WorkSpaces] を選択します。

  3. WorkSpace を選択して、[アクション]、[WorkSpace の変更] の順に選択します。

  4. [Modify State (状態の変更)] を選択します。[Intended State (想定される状態)] で、[ADMIN_MAINTENANCE] または [利用可能] を選択します。

  5. [変更] を選択します。

AWS CLI を使用して WorkSpace の状態を変更するには

modify-workspace-state コマンドを使用します。