送信 HTTP 呼び出しの計測 - AWS X-Ray

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

送信 HTTP 呼び出しの計測

ユーザーファクトリクラスは、アプリケーションが X-Ray SDK for Java の HTTPClientBuilder バージョンを使用して送信 HTTP 呼び出しを計測する方法を示します。

src/main/java/scorekeep/UserFactory.java – HTTP クライアント計測

import com.amazonaws.xray.proxies.apache.http.HttpClientBuilder; public String randomName() throws IOException { CloseableHttpClient httpclient = HttpClientBuilder.create().build(); HttpGet httpGet = new HttpGet("http://uinames.com/api/"); CloseableHttpResponse response = httpclient.execute(httpGet); try { HttpEntity entity = response.getEntity(); InputStream inputStream = entity.getContent(); ObjectMapper mapper = new ObjectMapper(); Map<String, String> jsonMap = mapper.readValue(inputStream, Map.class); String name = jsonMap.get("name"); EntityUtils.consume(entity); return name; } finally { response.close(); } }

現在 org.apache.http.impl.client.HttpClientBuilder を使用している場合は、そのクラスのインポートステートメントを com.amazonaws.xray.proxies.apache.http.HttpClientBuilder のものと交換するだけです。