AWS X-Ray
開発者ガイド

AWS X-Ray とは何ですか。

AWS X-Ray はアプリケーションが処理するリクエストに関するデータを収集するサービスです。データを表示、フィルタリング、洞察を取得して問題の識別や最適化の機会を識別するために使用するツールを提供します。アプリケーションに対するトレース対象のリクエストの場合、リクエストとレスポンスに関する情報だけではなく、アプリケーションがダウンストリーム AWS リソース、マイクロサービス、データベース、および HTTP ウェブ API に対して行う呼び出しの詳細な情報も表示できます。

X-RaySDK が提供するものは次のとおりです。

  • インターセプター コードに追加して受信 HTTP リクエストをトレースする

  • クライアントハンドラー アプリケーションが他の AWS サービスの呼び出しに使用する AWS SDK クライアントを計測する

  • An HTTP クライアント 別の内部および外部 HTTP ウェブサービス呼び出しを計測する

SDK では、SQL データベースへの呼び出しの計測、自動 AWS SDK クライアント計測、およびその他の機能もサポートされています。


      X-Ray SDK の仕組み

トレースデータを直接 X-Ray に送信する代わりに、SDK は JSON セグメントドキュメントを UDP トラフィックをリッスンしているデーモンプロセスに送信します。X-Ray デーモンはセグメントをキューにバッファし、バッチで X-Ray にアップロードします。デーモンは、Linux、Windows、およびで macOS で使用でき、AWS Elastic Beanstalk プラットフォームと AWS Lambda プラットフォームに含まれます。

X-Ray は、クラウドアプリケーションを強化する AWS のリソースからのデータを使用して、詳細なサービスグラフを生成します。サービスグラフには、フロントエンドサービスが呼び出してリクエストを処理しデータを維持するクライアント、フロントエンドサービス、バックエンドサービスが表示されます。サービスグラフを使用して、ボトルネック、レイテンシーのスパイク、その他の問題を識別して解決し、アプリケーションのパフォーマンスを向上させます。


      サービスグラフには、フロントエンドサービスが呼び出してリクエストを処理しデータを維持するクライアント、フロントエンドサービス、およびバックエンドサービスが表示される

X-Ray の使用を開始するには、「入門チュートリアル」を参照してください。わずか数分で、計測済みのサンプルアプリケーションの使用を開始できます。また、X-Ray で動作する言語、フレームワーク、およびサービスについては、引き続き本書をご覧ください