計測スクリプト - AWS X-Ray

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

計測スクリプト

また、アプリケーションの一部ではないコードを計測することもできます。X-Ray デーモンが実行されている場合、X-Ray SDK によって生成されない場合でも、デーモンは受信したすべてのセグメントを X-Ray に中継します。Scorekeep は独自のスクリプトを使用して、展開中にアプリケーションをコンパイルするビルドを計測します。

bin/build.sh – 計測ビルドスクリプト

SEGMENT=$(python bin/xray_start.py) gradle build --quiet --stacktrace &> /var/log/gradle.log; GRADLE_RETURN=$? if (( GRADLE_RETURN != 0 )); then echo "Gradle failed with exit status $GRADLE_RETURN" >&2 python bin/xray_error.py "$SEGMENT" "$(cat /var/log/gradle.log)" exit 1 fi python bin/xray_success.py "$SEGMENT"

xray_start.pyxray_error.py、および xray_success.py は、セグメントオブジェクトを構築し、JSON 文書に変換し、UDP 経由でデーモンに送信する単純な Python スクリプトです。Gradle のビルドに失敗した場合は、X-Ray コンソールサービスマップの [scorekeep-build] ノードをクリックして、エラーメッセージを見つけることができます。