Amazon EC2 とAWS App Mesh - AWS X-Ray

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon EC2 とAWS App Mesh

AWS X-Rayの との統合AWS App Meshマイクロサービスの Envoy プロキシを管理します。App Mesh には、同じタスクまたはポッドのコンテナで実行されている X-Ray デーモンにトレースデータを送信するように設定できる Envoy バージョンを使用することができます。X-Ray は、次の App Mesh 互換サービスでのトレースをサポートしています。

  • Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS)

  • Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS)

  • Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)

次の手順に従って、App Mesh を使用して X-Ray トレースを有効にする方法について説明します。

データを X-Ray に送信するように Envoy プロキシを設定するには、ENABLE_ENVOY_XRAY_TRACING 環境変数コンテナ定義に含まれます。

注記

App Mesh バージョンの Envoy は現在、設定に基づいてトレースを送信しませんサンプリング。代わりに、Envoy バージョン 1.16.3 以降では 5% の固定サンプリングレートを使用し、1.16.3 より前のバージョンの Envoy では 50% のサンプリングレートを使用します。

例 Amazon ECS の Envoy コンテナの定義

{ "name": "envoy", "image": "public.ecr.aws/appmesh/aws-appmesh-envoy:envoy-version", "essential": true, "environment": [ { "name": "APPMESH_VIRTUAL_NODE_NAME", "value": "mesh/myMesh/virtualNode/myNode" }, { "name": "ENABLE_ENVOY_XRAY_TRACING", "value": "1" } ], "healthCheck": { "command": [ "CMD-SHELL", "curl -s http://localhost:9901/server_info | cut -d' ' -f3 | grep -q live" ], "startPeriod": 10, "interval": 5, "timeout": 2, "retries": 3 }
注記

利用可能な Envoy リージョンのアドレスの詳細については、「」を参照してください。Envoy イメージのAWS App Meshユーザーガイド。

コンテナでの X-Ray デーモンを実行する詳細については、「Amazon ECS での X-Ray デーモンの実行。サービスメッシュ、マイクロサービス、Envoy プロキシ、および X-Ray デーモンを含むサンプルアプリケーションについては、colorappのサンプルApp Mesh 例 GitHub リポジトリ