メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

Linux の拡張ネットワーキング

拡張ネットワーキングでは、シングルルート I/O 仮想化 (SR-IOV) を使用して、サポートされるインスタンスタイプにおける高性能ネットワーキング機能が提供されます。SR-IOV は、従来の仮想化ネットワークインターフェイスと比較し、I/O パフォーマンスが高く、CPU 利用率が低いデバイス仮想化の手法です。拡張ネットワーキングは、高い帯域幅、1 秒あたりのパケット (PPS) の高いパフォーマンス、常に低いインスタンス間レイテンシーを実現します。拡張ネットワーキングは追加料金なしで使用できます。

拡張ネットワーキングのタイプ

インスタンスタイプに応じて、次のいずれかのメカニズムを使用して拡張ネットワーキングを有効にすることができます。

Intel 82599 Virtual Function (VF) インターフェイス

Intel 82599 Virtual Function インターフェイスでは、サポートされているインスタンスタイプについて最大 10 Gbps のネットワーク速度がサポートされています。詳細については、「インスタンスタイプのマトリックス」を参照してください。

C3、C4、R3、I2、M4 (m4.16xlarge を除く)、および D2 インスタンスでは、拡張ネットワーキングに インテル 82599 VF インターフェイスが使用されます。

Elastic Network Adapter (ENA)

Elastic Network Adapter (ENA) では、最大 20 Gbps のネットワーク速度がサポートされています。

P2、X1、および m4.16xlarge インスタンスでは、拡張ネットワーキングに Elastic Network Adapter が使用されます。

インスタンスでの拡張ネットワーキングの有効化

ご使用のインスタンスタイプで拡張ネットワーキングに Intel 82599 VF インターフェイスがサポートされている場合、「VPC 内の Linux インスタンスにおける Intel 82599 VF インターフェイスを使用した拡張ネットワーキングの有効化」の手順に従います。

ご使用のインスタンスタイプで拡張ネットワーキングに Elastic Network Adapter がサポートされている場合、「VPC 内の Linux インスタンスにおける Elastic Network Adapter (ENA) を使用した拡張ネットワーキングの有効化」の手順に従います。