メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

コンソール出力の取得とインスタンスの再起動

コンソール出力は問題を診断する際に役立つツールで、特に、カーネルの問題やサービス設定の問題のトラブルシューティングを行うときに便利です。これらの問題が発生すると、SSH デーモンの開始前にインスタンスが停止したり、インスタンスに到達不能になったりする可能性があります。

同様に、到達できないインスタンスを再起動する機能も重要で、こうした機能はトラブルシューティングと一般的なインスタンス管理の両方で利用できます。

EC2 インスタンスには、コンソール出力を表示できる物理的なモニターがありません。また、インスタンスの起動、再起動、またはシャットダウンするための物理的なコントロールもありません。代わりに、Amazon EC2 API とコマンドラインインターフェイス (CLI) を通じてこれらのタスクを実行します。

インスタンスの再起動

リセットボタンを押してコンピュータをリセットするように、Amazon EC2 コンソール、CLI、または API を使用して EC2 インスタンスをリセットできます。詳細については、「インスタンスの再起動」を参照してください。

警告

Windows インスタンスの場合、この動作によりハードウェアが再起動され、その結果データが破損する可能性があります。

インスタンスコンソール出力

Linux/Unix インスタンスの場合、マシンに接続されている物理的なモニターに通常表示されるようなコンソール出力がインスタンスコンソール出力に表示されます。インスタンスで出力が生成されると、この出力はバッファに入れられ、ストアに送られます。インスタンスの所有者はこのストアから出力を取得できます。

Windows インスタンスの場合は、インスタンスコンソール出力に直近のシステムイベントログエラーが 3 つ表示されます。

表示される出力は、継続的には更新されず、更新する価値があると思われる場合にのみ更新されます。たとえば、インスタンスの起動直後、再起動後、インスタンスの終了時に更新されます。

注記

表示される出力のうち、保存されるのは最新の64 KB のみです。この出力は、出力の送信から少なくとも1時間使用可能です。

インスタンスの所有者のみがコンソール出力にアクセスできます。 コンソールまたはコマンドラインを使用して、インスタンスのコンソール出力を取得できます。

コンソールを使用してコンソール出力を取得するには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. 左ナビゲーションペインで [Instances] を選択し、インスタンスを選択します。

  3. [Actions]、[Instance Settings]、[Get System Log] の順に選択します。

コマンドラインを使用してコンソール出力を取得するには

次のコマンドの 1 つを使用できます。これらのコマンドラインインターフェイスの詳細については、Amazon EC2 へのアクセス を参照してください。

一般的なシステムログエラーの詳細については、Linux ベースのインスタンスに関するシステムログエラーのトラブルシューティング を参照してください。

接続できないインスタンスのスクリーンショットの取得

SSH または RDP を介してインスタンスに接続できない場合、インスタンスのスクリーンショットをキャプチャし、イメージとして表示できます。これにより、インスタンスのステータスについて可視化されるため、迅速にトラブルシューティングすることができます。

このスクリーンショットにはデータ転送コストがかかりません。イメージは 100KB 未満の JPG 形式で生成されます。

インスタンスコンソールにアクセスするには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. 左のナビゲーションペインの [Instances] を選択します。

  3. キャプチャするインスタンスを選択します。

  4. [Actions]、[Instance Settings] の順に選択します。

  5. [Get Instance Screenshot] を選択します。

イメージを右クリックし、ダウンロードして保存します。

コマンドラインを使用してスナップショットをキャプチャするには

次のコマンドの 1 つを使用できます。返されるコンテンツは base64 でエンコードされます。これらのコマンドラインインターフェイスの詳細については、Amazon EC2 へのアクセス を参照してください。

ホストコンピュータに障害が発生した場合のインスタンスの復旧

基になるホストコンピュータのハードウェアで復旧不可能な問題が発生した場合、AWS はインスタンスの停止イベントをスケジュールすることがあります。このようなイベントは事前に E メールで通知されます。

障害が発生したホストコンピュータで実行されている Amazon EBS-backed インスタンスを復旧するには

  1. インスタンスストアボリュームの重要なデータを Amazon EBS または Amazon S3 にバックアップします。

  2. インスタンスを停止します。

  3. インスタンスを起動します。

  4. 重要なデータを復元します。

  5. [EC2-Classic] インスタンスに関連付けられた Elastic IP アドレスがある場合は、次のようにして再び関連付ける必要があります。

詳細については、「インスタンスの停止と起動」を参照してください。

障害が発生したホストコンピュータで実行されている Instance-store Backed インスタンスを復旧するには

  1. インスタンスから AMI を作成します。

  2. イメージを Amazon S3 にアップロードします。

  3. 重要なデータを Amazon EBS または Amazon S3 にバックアップします。

  4. インスタンスを終了します。

  5. AMI から新しいインスタンスを起動します。

  6. 重要なデータを新しいインスタンスに復元します。

  7. [EC2-Classic] 元のインスタンスに関連付けられた Elastic IP アドレスがある場合は、新しいインスタンスと関連付ける必要があります。

詳細については、「Instance Store-Backed Linux AMI の作成」を参照してください。