メニュー
Amazon Route 53
開発者ガイド (API Version 2013-04-01)

DNS トラフィックのルーティングにトラフィックフローを使用する

複数の場所でウェブサーバーなど複数のリソースを使用する場合、Amazon Route 53 のルーティングポリシー (フェイルオーバー、位置情報、レイテンシー、複数値回答、加重) の組み合わせを使う複雑な設定のリソースレコードセットを作成するのは容易ではありません。リソースレコードセットは 1 つずつ作成できますが、コンソールの表で設定を確認する場合、リソースレコードセット間の関係を把握するのは困難です。

Amazon Route 53 コンソールを使用する場合、Amazon Route 53 のトラフィックフローで使用できるビジュアルエディターでは、わずかな時間と労力で複雑なツリーを作成できます。設定をトラフィックポリシーとして保存した後、同じホストゾーンまたは複数のホストゾーンでトラフィックポリシーを 1 つ以上のドメイン名 (example.com など) またはサブドメイン名 (www.example.com など) に関連付けます。(トラフィックフローはパブリックホストゾーンの設定を作成する場合にのみ使用できます)。また、ビジュアルエディターを使用して更新が必要なリソースをすばやく探し、www.example.com など 1 つ以上の DNS 名に更新を適用できます。さらに、新しい設定が期待どおりに機能していない場合は、更新を元に戻すことができます。

たとえば、トラフィックフローのビジュアルエディターを使用すると、位置情報ルーティングを使って 1 つの国のすべてのユーザーを単一のエンドポイントにルーティングする設定を簡単に作成できます。その後、レイテンシールーティングを使って、それらのユーザーと AWS リージョンとの間のレイテンシーに基づいて、他のすべてのユーザーを AWS リージョンにルーティングできます。またフェイルオーバールーティングを使って、ロードバランサーが機能している場合はユーザーを各リージョン内のプライマリ ELB ロードバランサーにルーティングし、プライマリロードバランサーに異常があるかメンテナンスでオフラインの場合はセカンダリロードバランサーにルーティングすることもできます。

トラフィックフローの仕組みの概要を説明します。

  1. ビジュアルエディターはトラフィックポリシーを作成するために使用します。トラフィックポリシーには、作成するルーティング設定に関する情報が含まれます。これには、使用するルーティングポリシー、および各 EC2 インスタンスの IP アドレスや各 ELB ロードバランサーのドメイン名など DNS トラフィックのルーティング先となるリソースがあります。また、ヘルスチェックをエンドポイントに関連付けて、Amazon Route 53 が正常なリソースにのみトラフィックをルーティングするようにもできます。(トラフィックフローでは AWS 以外のリソースにもトラフィックをルーティングできます)。

  2. ポリシーレコードを作成します。ここでは、トラフィックポリシーで定義した設定を作成するホストゾーン (example.com など) を指定します。ここではまた、設定を関連付ける DNS 名 (www.example.com など) を指定することもできます。同じトラフィックポリシーを使って、同じホストゾーンまたは異なるホストゾーンで 1 つ以上のポリシーレコードを作成することができます。

    ポリシーレコードを作成すると、Amazon Route 53 はリソースレコードセットのツリーを作成します。ルートリソースレコードセットは、ホストゾーンのリソースレコードセットに一覧表示されます。ルートリソースレコードセットには、ポリシーレコードを作成したときに指定した DNS 名が含まれています。Amazon Route 53 は他のすべてのツリーでもリソースレコードセットを作成しますが、ホストゾーンのリソースレコードセットのリストでは非表示になります。

  3. ユーザーが www.example.com を参照すると、Amazon Route 53 はポリシーレコードを作成するために使用したトラフィックポリシーの設定に基づいてクエリに応答します。