メニュー
AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド (API Version 2010-12-01)

AWS Toolkit for Visual Studio を使用して .NET コンテナを設定する

[Container/.NET Options] パネルでは、Amazon EC2 インスタンスの動作を微調整し、Amazon S3 のログの更新を有効か無効にすることができます。AWS Toolkit for Visual Studio を使用して、コンテナ情報を設定できます。

注記

環境の CNAME を切り替えることで、ダウンタイムなしで設定を変更できます。詳細については、「AWS Elastic Beanstalk を使用した Blue-Green Deployment」を参照してください。

必要に応じて、パラメータの数を拡張できます。パラメータの拡張の詳細については、「オプション設定」を参照してください。

Elastic Beanstalk アプリケーションの [Container/.NET Options] パネルにアクセスするには

  1. AWS Toolkit for Visual Studio で Elastic Beanstalk ノードとアプリケーションノードを展開します。

  2. [AWS Explorer] で Elastic Beanstalk 環境をダブルクリックします。

  3. [Overview] ペインの下部にある [Configuration] タブをクリックします。

  4. [Container] で、コンテナのオプションを設定できます。

     Elastic Beanstalk の [Container] パネル

.NET コンテナのオプション

アプリケーションの .NET Framework のバージョンを選択できます。[Target runtime] には、2.0 または 4.0 を選択します。 32 ビットアプリケーションを有効にするには、[Enable 32-bit Applications] を選択します。

アプリケーションの設定

[Application Settings] セクションで、アプリケーションコードから読み取ることのできる環境変数を指定できます。

 Elastic Beanstalk の [Container] パネル

このページの内容: