メニュー
Amazon Redshift
管理ガイド (API Version 2012-12-01)

Amazon Redshift リザーブドノードの購入

概要

AWS では、Amazon Redshift を使用するために発生する料金はコンピューティングノードに基づいています。各コンピューティングノードに対して、時間料金で課金されます。時間料金は、リージョン、ノードの種類、ノードに適用されるのがオンデマンドノード料金であるかリザーブドノード料金であるかなどの要因によって異なります。

オンデマンドノード料金は最も高価ですが、Amazon Redshift で最も柔軟性のあるオプションです。オンデマンドレートでは、実行中のクラスターにあるコンピューティングノードに対してのみ課金されます。クラスターをシャットダウンまたは削除すると、そのクラスターにあったコンピューティングノードに対して、それ以降は課金されません。使用するコンピューティングノードに対してのみ請求され、それ以外は課金されません。各コンピューティングノードに対して課金される時間料金は、リージョンやノードの種類などの要因によって異なります。

リザーブドノード料金はコンピューティングノードに対して、割引された時間単位の料金で課金されるため、オンデマンド料金よりも安価です。ただし、これらの割引料金の適用を受けるには、リザーブドノードのサービスを購入する必要があります。サービスを購入する際は、予約を行います。予約により、予約期間中に予約する各ノードについて割引料金が設定されます。サービスの割引料金は、リージョン、ノードの種類、期間、支払いオプションなどの要因によって異なります。

このトピックでは、リザーブドノードのサービスについてと、これらのサービスを購入して Amazon Redshift クラスターの実行コストを削減する方法について説明します。このトピックでは、一般的な用語としてオンデマンドレートまたは割引料金について説明し、料金の概念と、それによる課金への影響について理解できるようにします。特定のレートの詳細については、「Amazon Redshift料金設定」を参照してください。

リザーブドノードサービスについて

長期間にわたって Amazon Redshift クラスターを実行したままにする予定の場合は、リザーブドノードサービスの購入を検討してください。これらのサービスでは、オンデマンド料金に比べて大幅なコスト削減ができますが、コンピューティングノードを予約し、1 年または 3 年の期間にわたってこれらのノードの料金の支払いを確約する必要があります。

リザーブドノードは、ノードに対する課金レートを決定するために厳密に使用される課金の概念です。ノードを予約しても、実際にはノードは作成されません。使用量にかかわらず、リザーブドノードに対して課金されます。つまり、割引料金の適用対象となる実行中のクラスターにノードがあるかどうかにかかわらず、予約期間中に予約する各ノードについて支払いを行う必要があります。

プロジェクトの評価フェーズ、または概念実証を開発する場合、オンデマンド料金により、従量料金制の柔軟性を得ることができ、使用した分だけ支払い、クラスターをシャットダウンまたは削除することでいつでも支払いを停止することができます。本稼働環境のニーズが確立され、実装段階を開始したら、1 つ以上のサービスを購入して、コンピューティングノードの予約を検討してください。

サービスでは 1 つ以上のコンピューティングノードを適用できます。サービスを購入するときに、予約するコンピューティングノードの数を指定します。複数のコンピューティングノードの 1 つのサービスを購入するか、複数のサービスを購入し、各ノードのコンピューティングノードの特定の数を指定する選択ができます。

たとえば、次のいずれも、3 つのコンピューティングノードのサービスを購入するための有効な方法です。

  • 1 つのサービスを購入し、3 つのコンピューティングノードを指定する。

  • 2 つのサービスを購入し、最初のサービスに対して 1 つのコンピューティングノード、2 つ目のサービスに対して 2 つのコンピューティングノードを指定する。

  • 3 つのサービスを購入し、サービスごとに 1 つのコンピューティングノードを指定する。

リザーブドノードサービス間の価格の比較

Amazon Redshift には、サービスについて複数の支払いオプションがあります。選択する支払いオプションは、支払いスケジュールと、予約に対して課金される割引料金に影響します。予約に対して支払う前払い料金が高いほど、全体的な削減額が大きくなります。

次の支払いオプションがサービスで利用できます。サービスは、オンデマンドレートに対する削減額が小さいものから大きいものの順に示されています。

注記

予約に指定された期間中は、リザーブドノードを使用するかどうかにかかわらず、毎時間、該当する時間料金で課金されます。支払いオプションによって決定されるのは、支払いの頻度と、適用される割引だけです。詳細については、「リザーブドノードサービスについて」を参照してください。

リザーブドノードサービスの比較

お支払い方法 支払いスケジュール 比較の削減額 所要時間 前払い料金 繰り返しの月額料金
前払いなし 予約期間中の月次の支払い額。前払い料金はありません。 オンデマンド料金に対して約 20 パーセントの割引。 1 年間の期間 なし はい
一部前払い 予約の期間については部分的な前払い料金と月次の支払い額。 期間によって最大 41~73 パーセントの割引。 1 年間または 3 年間 はい はい
全前払い 予約の完全な前払い料金。月額料金なし. 期間によって最大 42~76 パーセントの割引。 1 年間または 3 年間 はい なし

注記

以前に Amazon Redshift の重度使用サービスを購入した場合、比較できるサービスは部分的な前払いサービスとなります。

リザーブドノードの動作

リザーブドノードサービスでは、前のセクションで説明したように、支払い条件に応じて支払いが発生します。すでに実行中のクラスターがあるか、予約後にクラスターを起動するかどうかにかかわらず、この方法で支払いを行います。

サービスを購入すると、予約が処理されるまで予約のステータスは payment-pending になります。予約の処理に失敗した場合、ステータスは payment-failed と表示され、プロセスを再試行することができます。予約が正常に処理されると、ステータスは active になります。予約の該当する割引料金は、ステータスが active になるまで適用されません。予約期間が経過すると、ステータスは retired になりますが、履歴の目的で予約に関する情報に引き続きアクセスすることができます。予約が retired になると、クラスターは引き続き実行されますが、ノードに割引価格を適用する別の予約がない限り、オンデマンドレートで課金される場合があります。

リザーブドノードは、サービスを購入するリージョンに固有です。Amazon Redshift コンソールを使用してサービスを購入する場合は、サービスを購入する AWS リージョンを選択し、予約プロセスを完了します。サービスをプログラムで購入する場合、リージョンは接続先の Amazon Redshift エンドポイントによって決まります。Amazon Redshift リージョンの詳細については、アマゾン ウェブ サービス全般のリファレンス の「リージョンとエンドポイント」を参照してください。

クラスターを起動するときに割引料金がすべてのノードに適用されるようにするには、リージョン、ノードの種類、および選択するノードの数が、1 つ以上のアクティブな予約に一致することを確認します。それ以外の場合、アクティブな予約に一致しないノードについては、オンデマンドレートで課金されます。

実行中のクラスターで、予約したノードの数を超えた場合は、それらの追加のノードに対して、オンデマンドレートで課金が発生し続けます。この発生は、予約したノードの数に応じて、同じクラスターのノードに対してさまざまなレートで課金される場合があることを示します。別のサービスを購入して、これらの追加のノードに対応することができます。その場合、予約のステータスが active になると、残りの期間は割引料金がノードに適用されます。

別のノードの種類にクラスターのサイズを変更し、その種類のノードを予約していない場合は、オンデマンドレートで課金されます。サイズ変更したクラスターに対して割引料金の適用を受けたい場合は、新しいノードの種類の別のサービスを購入できます。ただし、期間が経過するまで、元の予約についても引き続き支払いが発生します。期間の終了前に予約を変更する必要がある場合は、redshift-feedback@amazon.com にご連絡ください。

リザーブドノードと一括請求 (コンソリデーティッドビリング)

購入アカウントが、1 つの一括請求の支払いアカウントに請求される一連のアカウントの一部である場合、リザーブドノードの料金面でのメリットを広範囲に利用できます。すべてのサブアカウントの時間単位の使用量が月次で支払いアカウントに集約されます。さまざまな役割を持つチームやグループがある企業にとっては特に便利です。したがって、請求書の計算には通常のリザーブドノードのロジックが適用されます。詳しくは、AWS Billing and Cost Management ユーザーガイド の「一括請求 (コンソリデーティッドビリング)」を参照してください。

リザーブドノードの例

このセクションのシナリオでは、次の予約の詳細を使用し、オンデマンドレートと割引料金に基づいて料金がどのように発生するかを示します。

  • リージョン: 米国西部 (オレゴン)

  • [Node Type]: ds1.xlarge

  • 支払い方法: 前払い料金なし

  • 期間: 1 年

  • リザーブドノード数: 16

例 1

20 個のノードがある 米国西部 (オレゴン) リージョンに、1 つの ds1.xlarge クラスターがある。

このシナリオでは、16 個のノードで予約から割引料金が適用されますが、クラスターのその他の 4 つのノードはオンデマンドレートで課金されます。

例 2

12 個のノードがある 米国西部 (オレゴン) リージョンに、1 つの ds1.xlarge クラスターがある。

このシナリオでは、クラスターの 12 個のノードにはすべて、予約から割引料金が適用されます。ただし、現在それらの適用対象となる実行中のクラスターがなくても、予約の残りのリザーブドノードに対して支払いが発生します。

例 3

12 個のノードがある 米国西部 (オレゴン) リージョンに、1 つの ds1.xlarge クラスターがある。この設定ではクラスターを数か月実行し、その後でクラスターにノードを追加する必要があります。クラスターのサイズを変更し、同じノードの種類を選択して、合計 16 個のノードを指定します。

このシナリオでは、16 個のノードに対して割引料金が請求されます。クラスターにあるノードの数は予約したノード数と等しいため、料金は 1 年間は同じままです。

例 4

16 個のノードがある 米国西部 (オレゴン) リージョンに、1 つの ds1.xlarge クラスターがある。この設定ではクラスターを数か月実行し、その後でノードを追加する必要があります。クラスターのサイズを変更し、同じノードの種類を選択して、合計 20 個のノードを指定します。

このシナリオでは、サイズ変更の前のすべてのノードに対して割引料金で課金されます。サイズ変更後は、1 年の残りの期間は 16 個のノードに対して割引料金で課金され、クラスターに追加した 4 つの追加のノードについてはオンデマンドレートで課金されます。

例 5

米国西部 (オレゴン) リージョンに 2 つの ds1.xlarge クラスターがある。クラスターの 1 つは 6 個のノードを持ち、他のクラスターは 10 個のノードを持つ。

このシナリオでは、両方のクラスターのノードの合計数は予約したノードの数と等しいため、すべてのノードに対して割引料金で課金されます。

例 6

米国西部 (オレゴン) リージョンに 2 つの ds1.xlarge クラスターがある。クラスターの 1 つは 4 個のノードを持ち、他のクラスターは 6 個のノードを持つ。

このシナリオでは、実行中のクラスターの 10 個のノードに対して割引料金で課金され、割引料金の適用対象となる実行中のクラスターが現在なくても、予約したその他の 6 個のノードに対して割引料金で支払いが発生します。

このページの内容: