メニュー
Amazon Redshift
管理ガイド (API Version 2012年12月1日)

Amazon Redshift イベント通知

概要

Amazon Redshift は、Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) を使用して、Amazon Redshift イベント通知を送信します。通知は、Amazon Redshift イベントサブスクリプションを作成して有効にします。Amazon Redshift サブスクリプションでは、Amazon Redshift イベントと Amazon SNS トピックの一連のフィルタを指定します。フィルタ条件に一致するイベントが発生するたびに、Amazon Redshift は Amazon SNS トピックに通知メッセージを発行します。次に、Amazon SNS はそのトピックへの Amazon SNS サブスクリプションを持つすべての Amazon SNS ユーザーにメッセージを送信します。Amazon SNS ユーザーに送信されたメッセージは、AWS リージョンの Amazon SNS によりサポートされるどの形式の可能性もあります (メール、テキストメッセージ、HTTP エンドポイントへの呼び出し)。たとえば、すべてのリージョンでメール通知がサポートされますが、SMS 通知は 米国東部 (バージニア北部) リージョン でのみ作成できます。

イベント通知サブスクリプションを作成するときは、1 つ以上のイベントフィルタを指定します。Amazon Redshift は、すべてのフィルタ条件に一致するイベントが発生するたびに、サブスクリプションを介して通知を送信します。フィルタ条件には、ソースのタイプ (クラスターやスナップショットなど)、ソース ID (クラスターまたはスナップショットの名前など)、イベントカテゴリ (モニタリングやセキュリティなど)、イベントの重大度 (INFO や ERROR など) が含まれます。

AWS マネジメントコンソール で [Enabled] ラジオボタンを No に設定するか、Amazon Redshift CLI または API を使用して Enabled パラメータを false に設定することで、サブスクリプションを削除しなくても通知を無効にできます。

Amazon Redshift イベント通知の請求は、Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) を通じて行われます。Amazon SNS 料金は、イベント通知を使用するときに適用されます。Amazon SNS の請求の詳細については、「Amazon Simple Notification Service Pricing」を参照してください。

管理コンソールを使用して、発生した Amazon Redshift イベントを表示することもできます。詳細については、「Amazon Redshift イベント」を参照してください。

Amazon Redshift イベント通知にサブスクライブする

Amazon Redshift イベント通知サブスクリプションを作成して、特定のクラスター、スナップショット、セキュリティグループ、パラメータグループでイベントが発生したときに通知を受け取ることができます。サブスクリプションを作成する最も簡単な方法は、Amazon SNS コンソールを使用する方法です。Amazon SNS トピックを作成してサブスクライブする方法については、「Getting Started with Amazon SNS」を参照してください。

Amazon Redshift イベント通知サブスクリプションを作成して、特定のクラスター、スナップショット、セキュリティグループ、パラメータグループでイベントが発生したときに通知を受け取ることができます。サブスクリプションを作成する最も簡単な方法は、AWS マネジメントコンソール を使用する方法です。CLI または API を使用してイベント通知サブスクリプションを作成する場合、Amazon Simple Notification Service トピックを作成し、Amazon SNS コンソールまたは Amazon SNS API を使用してそのトピックにサブスクライブする必要があります。トピックの Amazon Resource Name (ARN) は、CLI コマンドや API アクションを送信するときに使用されるため維持する必要があります。Amazon SNS トピックを作成してサブスクライブする方法については、「Getting Started with Amazon SNS」を参照してください。

Amazon Redshift イベントサブスクリプションは、これらのイベント条件を指定できます。

  • ソースタイプの値は、クラスター、スナップショット、パラメータグループ、およびセキュリティグループです。

  • リソースのソース ID (my-cluster-1my-snapshot-20130823 など)。ID は、イベントサブスクリプションと同じリージョンのリソースの ID にする必要があります。

  • イベントカテゴリの値は、Configuration、Management、Monitoring、Security です。

  • イベントの重大度の値は、INFO または ERROR です。

イベント条件は、別個に指定できますが、コンソールでソース ID を指定するにはソースタイプを指定する必要があります。たとえば、ソースタイプ、ソース ID、重大度を指定しなくてもイベントカテゴリを指定できます。ソースタイプで指定したタイプではないリソースのソース ID を指定できますが、それらのリソースからのイベントには通知が送信されません。たとえば、クラスターのソースタイプとセキュリティグループの ID を指定した場合、そのセキュリティグループが生じたどのイベントも、ソースタイプのフィルタ条件に一致しないので、それらのイベントに通知は送信されません。

Amazon Redshift は、サブスクリプションで指定されているすべての条件に一致するすべてのイベントに通知を送信します。返されるイベントセットの例

  • サブスクリプションは、クラスターのソースタイプ、ソース ID my-cluster-1、カテゴリ Monitoring、重大度 ERROR を指定します。サブスクリプションは、my-cluster-1 から生じた、重大度が ERROR のモニタリングイベントにのみ通知を送信します。

  • サブスクリプションは、クラスターのソースタイプ、カテゴリ Configuration、INFO の重大度を指定します。サブスクリプションは、AWS アカウント内のすべての Amazon Redshift クラスターから生じた、重大度が INFO の設定イベントに通知を送信します。

  • サブスクリプションは、カテゴリ Configuration と重大度 INFO を指定します。サブスクリプションは、AWS アカウント内のすべての Amazon Redshift リソースから生じた、重大度が INFO の設定イベントに通知を送信します。

  • サブスクリプションは、重大度 ERROR を指定します。サブスクリプションは、AWS アカウント内のすべての Amazon Redshift リソースから生じた、重大度が ERROR のすべてのイベントに通知を送信します。

既存のサブスクリプションで名前がソース ID として参照されているオブジェクトを削除または名前変更する場合、サブスクリプションはアクティブのままになりますが、そのオブジェクトから転送されるイベントはありません。サブスクリプションソース ID で参照されるのと同じ名前の新しいオブジェクトを後で作成する場合、サブスクリプションは新しいオブジェクトから生じたイベントの通知の送信を開始します。

Amazon Redshift は、Amazon Resource Name (ARN) によって識別される Amazon SNS トピックにイベントの通知を発行します。Amazon Redshift コンソールを使用してイベントサブスクリプションを作成するときは、既存の Amazon SNS トピックを指定するか、サブスクリプションの作成時にコンソールがトピックを作成することリクエストすることができます。Amazon SNS トピックに送信されたすべての Amazon Redshift イベント通知は、そのトピックにサブスクライブしているすべての Amazon SNS ユーザーに順番に送信されます。Amazon SNS コンソールを使用して Amazon SNS トピックに変更を加えます (トピックへのユーザーサブスクリプションの追加や削除など)。Amazon SNS トピックの作成とサブスクライブの詳細については、「Getting Started with Amazon Simple Notification Service」を参照してください。

次のセクションに、通知を受け取ることができるすべてのカテゴリとイベントを示します。さらに、Amazon Redshift イベントサブスクリプションにサブスクライブして操作する方法に関する情報も示します。

Amazon Redshift イベントのカテゴリおよびイベントメッセージ

このセクションには、各 Amazon Redshift ソースタイプのイベント ID とカテゴリを示します。

次の表は、クラスターがソースタイプである場合のイベントカテゴリとイベントのリストを示します。

クラスターソースタイプのカテゴリとイベント

Amazon Redshift カテゴリ イベント ID イベントの重大度 説明

設定

REDSHIFT-EVENT-1000 INFO

パラメータグループ [パラメータグループ名] が [時間] に更新されました。変更は、再起動時に関連するクラスターに適用されます。

設定

REDSHIFT-EVENT-1001 INFO

Amazon Redshift クラスター [クラスター名] が、[時間] にパラメータグループ [パラメータグループ名] を使用するように変更されました。

設定

REDSHIFT-EVENT-1500 ERROR

Amazon VPC [VPC 名] が存在しません。クラスター [クラスター名] の設定の変更が適用されませんでした。AWS マネジメントコンソール にアクセスして問題を修正してください。

設定

REDSHIFT-EVENT-1501 ERROR

Amazon VPC [VPC 名] に指定した顧客サブネット [サブネット名] が存在しないか、無効です。クラスター [クラスター名] の設定の変更が適用されませんでした。AWS マネジメントコンソール にアクセスして問題を修正してください。

設定

REDSHIFT-EVENT-1502 ERROR

Amazon VPC [VPC 名] には使用可能な IP アドレスがありません。クラスター [クラスター名] の設定の変更が適用されませんでした。AWS マネジメントコンソール にアクセスして問題を修正してください。

設定

REDSHIFT-EVENT-1503 ERROR

Amazon VPC [VPC 名] にインターネットゲートウェイが接続されていません。クラスター [クラスター名] の設定の変更が適用されませんでした。AWS マネジメントコンソール にアクセスして問題を修正してください。

設定

REDSHIFT-EVENT-1504 ERROR

クラスター [クラスター名] の HSM に到達できません。

設定

REDSHIFT-EVENT-1505 ERROR

クラスター [クラスター名] の HSM を登録できません。別の設定を試してください。

設定

REDSHIFT-EVENT-1506 ERROR

Amazon Redshift は、アカウントの EC2 Network Interface (ENI) 制限を超えています。[ENI の最大数] までの ENI を削除するか、あるいは EC2 のリージョンごとのネットワークインターフェース数の制限を上げるようにリクエストしてください。

管理

REDSHIFT-EVENT-2000 INFO

Amazon Redshift クラスター: [クラスター名] が作成され、使用可能です。

管理

REDSHIFT-EVENT-2001 INFO

Amazon Redshift クラスター [クラスター名] の名前が [時刻] に削除されました。最終スナップショットが保存 [されました/されませんでした]。

管理 REDSHIFT-EVENT-2002 INFO

VPC セキュリティグループ [セキュリティグループ名] が [時間] に更新されました。

管理

REDSHIFT-EVENT-2003 INFO

メンテナンスは Amazon Redshift クラスター [クラスター名] で [時間] に開始されました。メンテナンス中、クラスターを使用できない場合があります。

管理

REDSHIFT-EVENT-2004 INFO

メンテナンスは Amazon Redshift クラスター [クラスター名] で [時間] に完了しました。

管理

REDSHIFT-EVENT-2006 INFO

Amazon Redshift クラスター [クラスター名] のサイズ変更が [時間] に開始されました。サイズ変更操作中、クラスターは読み取り専用モードになります。

管理

REDSHIFT-EVENT-2007 INFO

Amazon Redshift クラスター [クラスター名] のサイズ変更は、進行中です。クラスターは読み取り専用モードです。

管理

REDSHIFT-EVENT-2008 INFO

新しい Amazon Redshift クラスター [クラスター名] スナップショット [スナップショット名] を作成する復元操作が [時間] に開始しました。復元の進行状況をモニタリングするには、AWS マネジメントコンソール にアクセスしてください。

管理

REDSHIFT-EVENT-2013 INFO

Amazon Redshift クラスター [クラスター名] の名前が [時刻] に変更されました。

管理

REDSHIFT-EVENT-2014 INFO

Amazon Redshift クラスター [クラスター名] のテーブル復元リクエストが受信されました。

管理

REDSHIFT-EVENT-2015 INFO

Amazon Redshift クラスター [クラスター名] のテーブル復元が [時間] にキャンセルされました。

管理

REDSHIFT-EVENT-2016 INFO

Amazon Redshift クラスター [クラスター名] の置換が [時間] に開始されました。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-2050 INFO

Amazon Redshift クラスター [cluster name] でハードウェア問題が検出されました。置換リクエストが [time] に開始されました。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-3000 INFO

Amazon Redshift クラスター [クラスター名] の名前が [時刻] に再起動されました。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-3001 INFO

Amazon Redshift クラスター: [クラスター名] のノードが [時間] に自動的に置き換えられ、クラスターは通常動作中です。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-3002 INFO

Amazon Redshift クラスター [クラスター名] のサイズ変更が完了したため、クラスターを読み取りおよび書き込みできます。サイズ変更は [時間] に開始され、完了までに [時間数] かかりました。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-3003 INFO

Amazon Redshift クラスター [クラスター名] は、スナップショット [スナップショット名] から正常に作成されたため、使用できます。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-3007 INFO

Amazon Redshift スナップショット [スナップショット名] が [コピー元リージョン] から [コピー先リージョン] に [時刻] に正常にコピーされました。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-3008 INFO

Amazon Redshift クラスター [クラスター名] のテーブル復元が [時間] に開始しました。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-3009 INFO

Amazon Redshift クラスター [クラスター名] のテーブル復元が [時間] に完了しました。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-3011 ERROR

Amazon Redshift クラスター [クラスター名] のテーブル復元が [時間] に失敗しました。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-3500 ERROR

Amazon Redshift クラスター [クラスター名] のサイズ変更に失敗しました。サイズ変更は数分後に自動的に再試行されます。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-3501 ERROR

スナップショット [スナップショット名] から Amazon Redshift クラスター [クラスター名] を作成する復元操作が [時間] に失敗しました。操作を再実行してください。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-3504 ERROR

Amazon S3 バケット [バケット名] はクラスター [クラスター名] のログ作成には無効です。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-3505 ERROR

Amazon S3 バケット [バケット名] にはクラスター [クラスター名] に関する正しい IAM ポリシーがありません。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-3506 ERROR

Amazon S3 バケット [バケット名] が存在しません。クラスター [クラスター名] のログ作成を続行できません。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-3507 ERROR

Amazon Redshift クラスター [クラスター名] が EIP [IP アドレス] を使用して作成できません。この EIP は既に使われています。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-3508 ERROR

Amazon Redshift クラスター [クラスター名] が EIP [IP アドレス] を使用して作成できません。EIP が見つかりません。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-3509 ERROR

クラスター [クラスター名] のクロスリージョンスナップショットのコピーが有効になっていません。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-3510 ERROR

Amazon Redshift クラスター [クラスター名] のテーブル復元が [時間] に開始に失敗しました。理由: [理由]。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-3511 ERROR

Amazon Redshift クラスター [クラスター名] のテーブル復元が [時間] に失敗しました。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-3512 ERROR

Amazon Redshift クラスター [クラスター名] は、ハードウェアの問題により失敗しました。クラスターは、[時間] に作成された最新スナップショット [スナップショット名] から自動的に復元されています。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-3513 ERROR

Amazon Redshift クラスター [クラスター名] は、ハードウェアの問題により失敗しました。クラスターは、[時間] に作成された最新スナップショット [スナップショット名] から自動的に復元されています。この時間後にデータベースに行った変更は、再送信する必要があります。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-3514 ERROR

Amazon Redshift クラスター [クラスター名] は、ハードウェアの問題により失敗しました。クラスターは、ハードウェア障害の状態に配置されます。 クラスターを削除して、[時間] に作成した最新スナップショット [スナップショット名] から復元してください。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-3515 ERROR

Amazon Redshift クラスター [クラスター名] は、ハードウェアの問題により失敗しました。クラスターは、ハードウェア障害の状態に配置されます。 クラスターを削除して、[時間] に作成した最新スナップショット [スナップショット名] から復元してください。この時間後にデータベースに行った変更は、再送信する必要があります。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-3516 ERROR

Amazon Redshift クラスター [クラスター名] は、ハードウェアの問題により失敗し、このクラスターにはバックアップが存在しません。クラスターは、ハードウェア障害のステータスに配置され、削除されます。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-3519 INFO

クラスター [cluster name] は [time] に再起動を開始しました。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-3520 INFO

クラスター [cluster name] は [time] に再起動を完了しました。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-3521 INFO

クラスター「[クラスター名]」に接続の問題が検出されました。[時刻] に自動診断が開始されました。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-3522 INFO

クラスター「[クラスター名]」の復旧アクションが [時刻] に失敗しました。Amazon Redshift チームがソリューションに向けて動いています。

セキュリティ REDSHIFT-EVENT-4000 INFO

Amazon Redshift クラスター: [クラスター名] のマスター認証情報が [時間] に更新されました。

セキュリティ REDSHIFT-EVENT-4001 INFO

セキュリティグループ [セキュリティグループ名] が [時間] に変更されました。変更は、関連付けられたすべてのクラスターに対して自動的に行われます。

セキュリティ

REDSHIFT-EVENT-4500 ERROR

指定されたセキュリティグループ [セキュリティグループ名] は無効です。クラスター [クラスター名] の設定の変更が適用されませんでした。AWS マネジメントコンソール にアクセスして問題を修正してください。

セキュリティ

REDSHIFT-EVENT-4501 ERROR

クラスターセキュリティグループ [クラスターセキュリティグループ名] で指定されたセキュリティグループ [セキュリティグループ名] が見つかりませんでした。認可を完了できません。

次の表は、パラメータグループがソースタイプである場合のイベントカテゴリとイベントのリストを示します。

パラメータグループソースタイプのカテゴリとイベント

Amazon Redshift カテゴリ

イベント ID イベントの重大度

説明

設定

REDSHIFT-EVENT-1002 INFO

パラメータ [パラメータ名] が [時間] に [value] から [value ] に更新されました。

設定

REDSHIFT-EVENT-1003 INFO

クラスターパラメータグループ [グループ名] が作成されました。

設定

REDSHIFT-EVENT-1004 INFO

クラスターパラメータグループ [グループ名] が削除されました。

設定

REDSHIFT-EVENT-1005 INFO

クラスターパラメータグループ [名前] が [時間] に更新されました。変更は、再起動時に関連するクラスターに適用されます。

次の表は、セキュリティグループがソースタイプである場合のイベントカテゴリとイベントのリストを示します。

セキュリティグループソースタイプのカテゴリとイベント

Amazon Redshift カテゴリ

イベント ID イベントの重大度

説明

セキュリティ

REDSHIFT-EVENT-4002 INFO

クラスターセキュリティグループ [グループ名] が作成されました。

セキュリティ

REDSHIFT-EVENT-4003 INFO

クラスターセキュリティグループ [グループ名] が削除されました。

セキュリティ

REDSHIFT-EVENT-4004 INFO

クラスターセキュリティグループ [グループ名] が [時間] に変更されました。変更は、関連するすべてのクラスターに自動的に適用されます。

次の表は、スナップショットがソースタイプである場合のイベントカテゴリとイベントのリストを示します。

スナップショットソースタイプのカテゴリとイベント

Amazon Redshift カテゴリ

イベント ID イベントの重大度

説明

管理

REDSHIFT-EVENT-2009 INFO

Amazon Redshift クラスター [クラスター名] のユーザースナップショット [スナップショット名] が [時間] に開始されました。スナップショットの進行状況をモニタリングするには、AWS マネジメントコンソール にアクセスしてください。

管理

REDSHIFT-EVENT-2010 INFO

Amazon Redshift クラスター [クラスター名] のユーザースナップショット [スナップショット名] が [時間] にキャンセルされました。

管理

REDSHIFT-EVENT-2011 INFO

Amazon Redshift クラスター [クラスター名] のユーザースナップショット [スナップショット名] が [時間] に削除されました。

管理

REDSHIFT-EVENT-2012 INFO

Amazon Redshift クラスター [クラスター名] の最終スナップショット [スナップショット名] が [時間] に開始されました。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-3004 INFO

Amazon Redshift クラスター [クラスター名] のユーザースナップショット [スナップショット名] が [時間] に正常に完了しました。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-3005 INFO

Amazon Redshift クラスター [名前] の最終スナップショット [名前] が [時間] に正常に完了しました。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-3006 INFO

Amazon Redshift クラスター [クラスター名] の最終スナップショット [スナップショット名] が [時間] にキャンセルされました。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-3502 ERROR

Amazon Redshift クラスター [クラスター名] の最終スナップショット [スナップショット名] が [時間] に失敗しました。チームは問題を調査しています。AWS マネジメントコンソール にアクセスして操作を再試行してください。

Monitoring

REDSHIFT-EVENT-3503 ERROR

Amazon Redshift クラスター [クラスター名] のユーザースナップショット [スナップショット名] が [時間] に失敗しました。チームは問題を調査しています。AWS マネジメントコンソール にアクセスして操作を再試行してください。