メニュー
Amazon Simple Email Service
開発者ガイド (API Version 2010-12-01)

Amazon SES を介して E メールを送信する

E メールを送信すると、その E メールは何らかのタイプのアウトバウンド E メールサーバーを通過します。このような E メールサーバーは、インターネットサービスプロバイダー(ISP)や企業の IT 部門で用意されますが、ユーザーが自分でセットアップする場合もあります。メールサーバーはメールコンテンツを受け取り、E メール標準に準拠するようにフォーマットしてから、インターネット経由で送信します。E メールは最終的に受信者(受取人の代わりに E メールを受け取る ISP などのエンティティ)に到達する前に、他のサーバーを通過する場合があります。その後、受信者が E メールを受取人に送信します。次の図は、基本的な E メール送信プロセスを示しています。

 E メール送信プロセス

Amazon SES を使用する場合は、Amazon SES がアウトバウンド E メールサーバーになります。または、既存のメールサーバーを維持して、送信メールが Amazon SES 経由で送信されるように設定することもできます。この場合は、E メールクライアントの設定を変更する必要がありません。次の図は、E メール送信プロセスでの Amazon SES の役割を示しています。

 Amazon SES の役割

送信者は、さまざまな方法で E メールコンテンツを生成できます。メールクライアントアプリケーションでメールを作成するか、E メールの自動生成プログラム(購入トランザクションのレスポンスとして注文確認を送信するアプリケーションなど)を使用します。

Amazon SES を使用して E メールを送信する方法

Amazon SES を使用して E メールを送信するには、いくつかの方法があります。Amazon SES コンソール、Simple Mail Transfer Protocol(SMTP)インターフェイス、または Amazon SES API の呼び出しを使用できます。

  • Amazon SES コンソール - システムをセットアップしていくつかのテスト E メールを送信するための最も迅速な方法です。E メールキャンペーン開始の準備が完了した後は、このコンソールは主に送信アクティビティを監視するために使用されます。たとえば、送信済みの E メールの数や、受け取ったバウンスおよび苦情の数をすばやく表示できます。

  • SMTP インターフェイス - SMTP インターフェイスを使用して Amazon SES にアクセスするには、2 とおりの方法があります。最初の方法は、SMTP 対応ソフトウェアで Amazon SES 経由の E メール送信を設定する方法です。コーディングは必要ありません。たとえば、既存の E メールクライアントまたはソフトウェアプログラムで、現在のアウトバウンド E メールサーバーの代わりに Amazon SES SMTP エンドポイントに接続するように設定します。

    2 番目の方法は、SMTP と互換性のあるプログラミング言語(Java など)で、その言語の組み込み SMTP 関数およびデータ型を使用して Amazon SES SMTP インターフェイスにアクセスする方法です。

  • Amazon SES API—HTTPS を介して Amazon SES クエリ API を直接呼び出すか、AWS Command Line InterfaceAWS Tools for Windows PowerShell、または AWS SDK を使用することができます。AWS SDK は、Amazon SES API の低レベル機能を、詳細を自動的に処理する高レベルのデータ型および関数の呼び出しでラップします。AWS SDK は Amazon SES のオペレーションだけでなく、基本的な AWS 機能(リクエスト認証、リクエスト再試行、エラー処理など)も提供します。

開始する方法

Amazon SES を初めて使用する方には、次のセクションを初めに読むことをおすすめします。

次の表に示すセクションを読むことで、Amazon SES を使用した E メール送信の詳細を学ぶことができます。

セクション 説明

E メールのセットアップ

AWS へのサインアップ、AWS アクセスキーの取得、AWS SDK のダウンロード、E メールアドレスやドメインの確認、Amazon SES サンドボックスの外への移動を行う方法を示します。

SMTP インターフェイス の使用

Amazon SES SMTP 認証情報を取得し、Amazon SES SMTP エンドポイントに接続する方法について説明します。また、Amazon SES 経由で E メールを送信するための E メールクライアントおよびソフトウェアパッケージの設定方法の例を示します。すべての送信 E メールが Amazon SES を通過するように、既存の E メールサーバーを設定する方法についても説明します。

API の使用

Amazon SES API を使用して、フォーマットされたメールおよび raw Eメールを送信する方法を示します。raw Eメールを送信するときに多目的インターネットメール拡張(MIME)標準を使用して、標準以外の文字を使用する方法および添付ファイルを送信する方法について説明します。

E メールの認証

Amazon SES で DKIM を使用して、送信元のドメインを所有していることを ISP に示す方法について説明します。

送信アクティビティのモニタリング

Amazon SES コンソールを使用するか、Amazon SES API を呼び出して、使用統計(配信、バウンス、苦情の数など)および送信制限を表示する方法を示します。バウンスおよび苦情の通知を E メールで受け取る方法と、Amazon SNS 通知をセットアップしてバウンス、苦情、および配信の通知を受け取る方法も示します。

送信制限の管理

2 つの Amazon SES 送信制限(送信クォータと最大送信レート)、これらの制限を緩和する方法、および制限に近付くと生成されるエラーについて説明します。

配信可能性の向上

E メールが受取人の受信箱に到達する割合を向上させる方法のヒントを提供します。送信アクティビティの監視や、バウンスおよび苦情の統計を低い値に抑える予防策の実施が含まれます。

送信承認の使用

お客様の代わりにお客様の ID から E メールを送信することを他のユーザーに承認する方法を説明します。

専用 IP アドレスの使用

Amazon SES での送信に共有 IP アドレスを使用するか専用 IP アドレスを使用するかを判断するために役立ちます。

E メール送信のテスト

Amazon SES メールボックスシミュレーターを使用して、送信統計(バウンスおよび苦情メトリクスなど)に影響を与えずに一般的な E メールシナリオをシミュレートする方法について説明します。テストできるシナリオは、正常な配信、バウンス、苦情、不在(OOTO)、およびサプレッションリストのアドレスです。

トラブルシューティング

配信問題の一般的な原因について説明し、一般的な Amazon SES の例外および SMTP レスポンスコードを示します。

Amazon SES のさまざまなトピックに関する技術的な考察については、「Amazon SES ブログ」をご覧ください。お問い合わせを参照あるいは発信するには「Amazon SES フォーラム」をご覧ください。