メニュー
Amazon Kinesis Streams
開発者ガイド

AWS CLI のインストールと設定

AWS CLI のインストール

このセクションでは、Windows 用と、Linux、OS X、UNIX オペレーティングシステム用の AWS CLI のインストール方法について説明します。

Windows

  1. AWS Command Line Interface ユーザーガイド』の「完全インストールの手順」の「Windows」セクションから、適切な MSI インストーラをダウンロードします。

  2. ダウンロードした MSI インストーラを実行します。

  3. 表示される手順に従います。

Linux, macOS, or Unix

以下の手順では Python 2.6.3 以降が必要です。問題が発生した場合は、『AWS Command Line Interface ユーザーガイド』の完全インストールの手順を参照してください。

  1. pip のウェブサイトからインストールスクリプトをダウンロードし実行します。

    curl "https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py" -o "get-pip.py"
    sudo python get-pip.py
  2. pip を使用して AWS CLI をインストールします。

    sudo pip install awscli

使用可能なオプションとサービスのリストを表示するには、次のコマンドを使用します。

aws help

Streams サービスを使用しているため、次のコマンドを使用して、Streams に関連する AWS CLI サブコマンドを確認できます。

aws kinesis help

このコマンドの出力には、使用できる Streams コマンドが含まれます。

AVAILABLE COMMANDS

       o add-tags-to-stream

       o create-stream

       o delete-stream

       o describe-stream

       o get-records

       o get-shard-iterator

       o help

       o list-streams

       o list-tags-for-stream

       o merge-shards

       o put-record

       o put-records

       o remove-tags-from-stream

       o split-shard

       o wait

このコマンドリストは、『Amazon Kinesis サービス API リファレンス』に記載されている Streams API に対応しています。たとえば、create-stream コマンドは CreateStream API アクションに対応します。

これで AWS CLI は正常にインストールされましたが、まだ設定されていません。これについては、次のセクションで説明します。

AWS CLI の設定

一般的な使用の場合、aws configure コマンドが、AWS CLI のインストールをセットアップするための最も簡単な方法です。AWS CLI ではセッション間で設定が保存されるため、ユーザー設定に変更がない場合、このセットアップは 1 回限りです。

aws configure
AWS Access Key ID [None]: AKIAIOSFODNN7EXAMPLE
AWS Secret Access Key [None]: wJalrXUtnFEMI/K7MDENG/bPxRfiCYEXAMPLEKEY
Default region name [None]: us-west-2
Default output format [None]: json

AWS CLI によって、4 種類の情報の入力が求められます。AWS アクセスキー ID と AWS シークレットアクセスキーは、アカウントの認証情報です。キーがない場合は、「アマゾン ウェブ サービスへのサインアップ」を参照してください。

デフォルトのリージョンは、デフォルトで呼び出しを実行する対象のリージョンの名前です。これは、通常、お客様の最寄りのリージョンですが、どのリージョンでもかまいません。

Note

AWS CLI を使用するときは AWS リージョンを指定する必要があります。サービスと利用可能なリージョンのリストについては、「リージョンとエンドポイント」を参照してください。

デフォルトの出力形式は json、text、table のいずれかです。出力形式を指定しない場合、json が使用されます。

aws configure で作成されたファイル、追加の設定、名前付きプロファイルの詳細については、『AWS Command Line Interface ユーザーガイド』の「AWS コマンドラインインターフェイスの設定」を参照してください。