AWS と連携する AWS Resource Groups のサービス - AWS Resource Groups とタグ

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS と連携する AWS Resource Groups のサービス

AWS Resource Groups では、次の AWS サービスを使用できます。

AWS サービス Resource Groups での使用

AWS CloudFormation — スタックテンプレートを使用することで、AWS CloudFormation でリソースグループを作成します。

AWS リソースのプロビジョニングと整理を同時に行います。リソースをタグ別に整理します。別のスタックのリソースを整理します。自分のインサイトを集めるAWSAmazon を使用するリソースグループのリソース CloudWatch または、を使用して運用上のアクションを実行します。AWS Systems Manager。

詳細については、AWS CloudFormation ユーザーガイドResourceGroups リソースタイプのリファレンスを参照してください。

CloudTrail— を使用して、すべてのリソースグループアクションをキャプチャします。AWS CloudTrail。

アクションを実行したユーザー(IAM ユーザーまたはロール、または)などの詳細を含む、リソースグループで実行されたアクションに関する情報をキャプチャします。AWS のサービス)、アクションが実行された日時、アクションが発生した場所(送信元 IP アドレス)など。これらのレコードは、分析やフォローアップアクションのトリガーに使用できます。

詳細については、次を参照してください。イベントの表示 CloudTrail イベント履歴

Amazon CloudWatch - AWS のリソースおよび AWS で実行しているアプリケーションのリアルタイムのモニタリングを可能にします。

単一のリソースグループのメトリクスとアラームに絞って表示します。

詳細については、次を参照してください。リソースグループのメトリクスとアラームに絞るアマゾン CloudWatch ユーザーガイド。

アマゾン CloudWatch アプリケーションインサイト-.NET および SQL Server ベースのアプリケーションの一般的な問題を検出します。

リソースグループに属する .NET および SQL Server アプリケーションリソースをモニタリングします。

詳細については、次を参照してください。サポートされるアプリケーションコンポーネントアマゾン CloudWatch ユーザーガイド

Amazon DynamoDB テーブルグループ — より簡単にリソースを管理できるように DynamoDB テーブルを論理グループに整理します。

DynamoDB アクションメニューから DynamoDB テーブルのグループを作成、編集、および削除します。

詳細については、Amazon DynamoDB 開発者ガイドを参照してください。

Amazon EC2 Dedicated Hosts – Windows Server、Microsoft SQL Server、SUSE および Linux Enterprise Server を含むソフトウェアのライセンスを、既存のソケット単位、コア単位または VM 単位で利用します。

Amazon EC2 インスタンスをホストリソースグループに対して起動して、Dedicated Hosts を最大限に活用します。

詳細については、Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイドDedicated Hosts の操作を参照してください。

Amazon EC2 キャパシティ予約 — 必要なときに Amazon EC2 インスタンスを使用するキャパシティを予約します。キャパシティ予約に属性を指定して、一致する属性で起動する Amazon EC2 インスタンスでのみ動作するようにできます。

1 つ以上のキャパシティ予約を含むリソースグループに対して Amazon EC2 インスタンスを起動します。リクエストされたインスタンスに対して一致する属性と使用可能なキャパシティを持つキャパシティ予約がグループにない場合、インスタンスはオンデマンドインスタンスとして実行されます。一致するキャパシティ予約が後の段階でターゲットグループに追加されると、インスタンスは自動的にマッチングされ、リザーブドキャパシティに移動されます。

詳細については、「Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド」の「キャパシティの予約グループの操作」を参照してください。

AWS License Manager - ソフトウェアベンダーのライセンスをクラウドに移動するプロセスを効率化します。

License Manager が Dedicated Hosts を管理できるようにホストリソースグループを構成します。

詳細については、License Manager ユーザーガイドLicense Manager のホストリソースグループを参照してください。

AWS Resilience Hub - アプリケーションを準備し、中断から保護します。

Resource Groups を使用して定義されたアプリケーションを検出します。

詳細については、AWS ニュースブログMeasure and Improve Your Application Resilience with AWS Resilience Hub を参照してください。

AWS Resource Access Manager - 自分が所有している AWS リソースを指定して、他のアカウントと共有します。

AWS RAM を使用してホストリソースグループを共有します。

詳細については、AWS RAM ユーザーガイド共有可能なリソースを参照してください。

AWS Service Catalog AppRegistry - アプリケーションとそのメタデータを定義して管理します。

AWS Service Catalog AppRegistry でアプリケーションを作成する場合、そのサービスはそのアプリケーションのリソースグループを自動的に作成します。アプリケーションリソースグループは、アプリケーション内のすべてのリソースのコレクションです。また、サービスはアプリケーションに関連付けられているすべてのスタックに対して AWS CloudFormation スタックベースのリソースグループを作成します。

詳細については、AWS Service Catalog 管理者ガイドAppRistry の使用を参照してください。

AWS Systems Manager – AWS リソースの可視性と制御を可能にします。

オペレーションインサイトを収集し、リソースグループに基づくアプリケーションで一括アクションを実行します。AWS Systems Manager コンソールでは、Application Manager の [Custom applications] (カスタムアプリケーション) ページで、リソースグループに基づくアプリケーションのオペレーションデータが自動的にインポートされ、表示されます。Application Manager の情報を使用して、アプリケーション内のどのリソースが準拠していて正しく動作しているか、どのリソースにアクションが必要なのかを判別できます。

詳細については、AWS Systems Manager ユーザーガイドApplication Manager でのアプリケーションの使用を参照してください。

Amazon VPC ネットワークアクセスアナライザー— リソースへの不要なネットワークアクセスを特定するAWS。

を使用して、ネットワークアクセス要件の送信元と宛先を指定できます。AWS Resource Groups。これにより、のネットワークアクセスを管理できます。AWS環境。ネットワークの構成方法とは無関係です。

詳細については、次を参照してください。ネットワークアクセススコープでResource Groups を使用するAmazon Virtual Private Cloud ユーザーガイド