AWS::KinesisFirehose::DeliveryStream HttpEndpointDestinationConfiguration - AWS CloudFormation

AWS::KinesisFirehose::DeliveryStream HttpEndpointDestinationConfiguration

送信先の HTTP エンドポイントの設定を示します。Kinesis Firehose は、カスタム HTTP エンドポイント、または Datadog、MongoDB、New Relic など、サポートされているサードパーティーサービスプロバイダーが所有する HTTP エンドポイントをサポートします。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

プロパティ

BufferingHints

指定した送信先にデータを配信する前に使用できるバッファリングオプション。Kinesis Data Firehose は、これらのオプションをヒントとして扱い、より最適な値を選択して使用できます。SizeInMBs および IntervalInSeconds パラメータはオプションです。ただし、一方のパラメータに値を指定する場合は、他方にも値を指定する必要があります。

必須: いいえ

タイプ: BufferingHints

Update requires: No interruption

CloudWatchLoggingOptions

配信ストリームの Amazon CloudWatch ログ記録オプションを説明します。

必須: いいえ

タイプ: CloudWatchLoggingOptions

Update requires: No interruption

EndpointConfiguration

送信先として選択した HTTP エンドポイントの設定。

必須: はい

タイプ: HttpEndpointConfiguration

Update requires: No interruption

ProcessingConfiguration

データ処理設定を示します。

必須: いいえ

タイプ: ProcessingConfiguration

Update requires: No interruption

RequestConfiguration

送信先として指定した HTTP エンドポイントに送信されるリクエストの設定。

必須: いいえ

タイプ: HttpEndpointRequestConfiguration

Update requires: No interruption

RetryOptions

Kinesis Data Firehose から指定した送信先 HTTP エンドポイントにデータを配信できないか、指定した送信先 HTTP エンドポイントから有効な受信確認が届かない場合の再試行動作を指定します。

必須: いいえ

タイプ: RetryOptions

Update requires: No interruption

RoleARN

Kinesis Data Firehose は、配信ストリームに必要なすべてのアクセス許可に対して、この IAM ロールを使用します。

必須: いいえ

タイプ: 文字列

最小: 1

最大: 512

パターン: arn:.*

Update requires: No interruption

S3BackupMode

Kinesis Data Firehose から送信先の HTTP エンドポイントに配信するデータの S3 バケットバックアップオプションを示します。すべてのドキュメント (AllData) をバックアップしたり、指定した送信先の HTTP エンドポイントに Kinesis Data Firehose から配信できなかったドキュメントのみ (FailedDataOnly) をバックアップしたりできます。

必須: いいえ

タイプ: 文字列

許可された値: AllData | FailedDataOnly

Update requires: No interruption

S3Configuration

Amazon S3 で送信先の設定について説明します。

必須: はい

タイプ: S3DestinationConfiguration

Update requires: No interruption