AWS CloudFormation のクォータ - AWS CloudFormation

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

AWS CloudFormation のクォータ

AWS アカウントには、テンプレートとスタックを作成する場合に知っておく必要がある AWS CloudFormation のクォータがあります。これらのクォータを理解することで、テンプレートまたはスタックの再設計が必要になる、クォータによるエラーを回避できます。

AWS CloudFormation のクォータ

クォータ

説明

調整方法

cfn-signal の待機条件データ

cfn-signal が渡すことができるデータの最大量。

4,096 バイト

より多くの量のデータを渡すには、データをいったん Amazon S3 バケットに送信します。次に、cfn-signal を使用して、Amazon S3 URL をそのバケットへ渡します。

カスタムリソース応答

カスタムリソースプロバイダが渡すことができるデータの最大量。

4,096 バイト

マッピング

AWS CloudFormation テンプレートで宣言できるマッピングの最大数。

200 個のマッピング

さらに多くのマッピングを指定するには、ネストされたスタックを使用するなどして、1 つのテンプレートを複数のテンプレートに分離します。

マッピング属性

AWS CloudFormation テンプレートで宣言できる各マッピングのマッピング属性の最大数。

200 個の属性

さらに多くのマッピング属性を指定するには、1 つの属性を複数のマッピングに分離します。

マッピング名およびマッピング属性名

各マッピング名の最大サイズ。

255 文字

モジュール

アカウントおよびリージョンごとに、CloudFormation レジストリに登録できるモジュールの最大数。

100 モジュール

モジュールのバージョン

特定のモジュールの CloudFormation レジストリに登録できるバージョンの最大数。

100 バージョン

新しいバージョンを登録するには、最初に DeregisterType を使用して、使用していないバージョンの登録を解除します。

出力

AWS CloudFormation テンプレートで宣言できる出力の最大数。

200 個の出力

出力名

出力名の最大サイズ。

255 文字

パラメータ

AWS CloudFormation テンプレートで宣言できるパラメータの最大数。

200 個のパラメータ

さらに多くのパラメータを指定するには、複数の値を 1 つのパラメータに割り当てるために、マッピングまたはリストを使用します。

パラメータ名

パラメータ名の最大サイズ。

255 文字

パラメータ値

パラメータ値の最大サイズ。

4,096 バイト

さらに大きなパラメータ値を使用するには、複数のパラメータを作成した後、Fn::Join を使用して、1 つの値に複数の値を追加します。

プライベートリソース

アカウントおよびリージョンごとに、CloudFormation レジストリに登録できるプライベートリソースの最大数。

50 プライベートリソース

プライベートリソースのバージョン

特定のプライベートリソースの CloudFormation レジストリに登録できるバージョンの最大数。

50 プライベートリソース

新しいバージョンを登録するには、最初に DeregisterType を使用して、使用していないバージョンの登録を解除します。

リソース

AWS CloudFormation テンプレートで宣言できるリソースの最大数。

500 個のリソース

さらに多くのリソースを指定するには、ネストされたスタックを使用するなどして、1 つのテンプレートを複数のテンプレートに分離します。

同時スタックオペレーションのリソース

リージョンで同時にスタックオペレーション (作成、更新、または削除オペレーション) に関与させることができるリソースの最大数。

特定のリージョンにおけるアカウントの現在の制限を確認するには、DescribeAccountLimits API を使用します。

リソース名

リソース名の最大サイズ。

255 文字

スタック

作成できる AWS CloudFormation スタックの最大数。

200 個のスタック

さらに多くのスタックを作成するには、不要なスタックを削除するか、AWS アカウントの最大スタック数の増加をリクエストしてください。詳細については、AWS General Reference の「AWS のサービスのクォータ」を参照してください。

スタックの名前

スタック名の最大サイズ。

128 文字

スタックセット

管理者アカウントで作成することができる最大 AWS CloudFormation スタックセット数。

100 個のスタックセット

さらに多くのスタックセットを作成するには、不要なスタックセットを削除するか、AWS アカウントの最大スタックセット数の引き上げをリクエストしてください。詳細については、AWS General Reference の「AWS のサービスのクォータ」を参照してください。

スタックインスタンス

スタックセットごとに作成できる最大スタックインスタンス数。

スタックセットごとの 2000 個スタックインスタンス

さらに多くのスタックインスタンスを作成するには、不要なスタックインスタンスを削除するか、AWS アカウントの最大スタックインスタンス数の引き上げをリクエストしてください。詳細については、AWS General Reference の「AWS のサービスのクォータ」を参照してください。

StackSets インスタンスオペレーション

各リージョンで、関係するスタックセット全体で、管理者アカウントにつき同時にオペレーションを実行できるスタックインスタンスの最大数。

3500 件のオペレーション

この制限は、リージョンに関係するすべてのスタックセットに適用されます。これには、スタックセットの作成および更新オペレーションの影響を受けるスタックインスタンス、およびスタックインスタンスの直接作成、更新、または削除が含まれます。

リクエストのテンプレート本文のサイズ

CreateStackUpdateStack、または ValidateTemplate リクエストで渡すことができるテンプレート本文の最大サイズ。

51,200 バイト

さらに大きなテンプレート本文を使用するには、ネストされたスタックを使用するなどして、1 つのテンプレートを複数のテンプレートに分離します。または、テンプレートを Amazon S3 バケットにアップロードします。

Amazon S3 オブジェクト内のテンプレート本文のサイズ

Amazon S3 テンプレート URL を含む CreateStackUpdateStack、または ValidateTemplate リクエストに対して Amazon S3 オブジェクトを渡すことができるテンプレート本文の最大サイズ。

1 MB

さらに大きなテンプレート本文を使用するには、ネストされたスタックを使用するなどして、1 つのテンプレートを複数のテンプレートに分離します。または、縮小を使用して CloudFormation テンプレートのサイズを小さくします。

テンプレートの説明

テンプレートの説明の最大サイズ。

1,024 バイト

機能を利用できるリージョン

CloudFormation のすべての機能が全リージョンで使用できるわけではありません。AWS リージョンの詳細については、「グローバルインフラストラクチャリージョン表」を参照してください。

StackSets およびマクロ

StackSetsは現在、マクロを使用するテンプレートをサポートしていません。これには、AWS CloudFormation によってホストされるマクロである変換が含まれます。マクロの詳細については、マクロのテンプレート を参照してください。