AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API バージョン 2010-05-15)

Fn::GetAtt

Fn::GetAtt 組み込み関数は、テンプレートのリソースから属性の値を返します。

宣言

JSON

{ "Fn::GetAtt" : [ "logicalNameOfResource", "attributeName" ] }

YAML

完全名関数の構文:

Fn::GetAtt: [ logicalNameOfResource, attributeName ]

短縮形の構文:

!GetAtt logicalNameOfResource.attributeName

パラメータ

logicalNameOfResource

必要な属性を含むリソースの論理名 (論理 ID とも呼ばれます)。

attributeName

必要としている値のある、リソース固有の属性の名前です。各リソースタイプで使用できる属性の詳細については、リソースの参照ページに説明されています。

戻り値

属性の値です。

1 つの文字列を返す

このコード例は、論理名 myELB と共に、ロードバランサーの DNS 名を含む文字列を返します。

JSON

"Fn::GetAtt" : [ "myELB" , "DNSName" ]

YAML

!GetAtt myELB.DNSName

複数の文字列を返す

以下のテンプレート例では、SourceSecurityGroup.OwnerAlias という論理名のロードバランサーの SourceSecurityGroup.GroupNamemyELB を返しています。

JSON
{ "AWSTemplateFormatVersion": "2010-09-09", "Resources": { "myELB": { "Type": "AWS::ElasticLoadBalancing::LoadBalancer", "Properties": { "AvailabilityZones": [ "eu-west-1a" ], "Listeners": [ { "LoadBalancerPort": "80", "InstancePort": "80", "Protocol": "HTTP" } ] } }, "myELBIngressGroup": { "Type": "AWS::EC2::SecurityGroup", "Properties": { "GroupDescription": "ELB ingress group", "SecurityGroupIngress": [ { "IpProtocol": "tcp", "FromPort": "80", "ToPort": "80", "SourceSecurityGroupOwnerId": { "Fn::GetAtt": [ "myELB", "SourceSecurityGroup", "OwnerAlias" ] }, "SourceSecurityGroupName": { "Fn::GetAtt": [ "myELB", "SourceSecurityGroup", "GroupName" ] } } ] } } } }
YAML
AWSTemplateFormatVersion: 2010-09-09 Resources: myELB: Type: AWS::ElasticLoadBalancing::LoadBalancer Properties: AvailabilityZones: - eu-west-1a Listeners: - LoadBalancerPort: '80' InstancePort: '80' Protocol: HTTP myELBIngressGroup: Type: AWS::EC2::SecurityGroup Properties: GroupDescription: ELB ingress group SecurityGroupIngress: - IpProtocol: tcp FromPort: '80' ToPort: '80' SourceSecurityGroupOwnerId: !GetAtt myELB.SourceSecurityGroup.OwnerAlias SourceSecurityGroupName: !GetAtt myELB.SourceSecurityGroup.GroupName

サポートされている関数

Fn::GetAtt 論理リソース名に関数を使用することはできません。リソースの論理 ID である文字列を指定する必要があります。

Fn::GetAtt 属性名には、Ref 関数を使用できます。

属性

Fn::GetAtt を使用して、次の属性を取得できます。

リソースタイプ名 属性 説明
AWS::AmazonMQ::Broker Arn

Amazon MQ ブローカーの Amazon リソースネーム (ARN)。

例: arn:aws:mq:us-east-2:123456789012:broker:MyBroker:b-1234a5b6-78cd-901e-2fgh-3i45j6k178l9
AWS::AmazonMQ::Broker ConfigurationId

Amazon MQ によって生成された設定の固有 ID。

例: c-1234a5b6-78cd-901e-2fgh-3i45j6k178l9
AWS::AmazonMQ::Broker ConfigurationRevision

Amazon MQ 設定のリビジョン番号。

例: 1
AWS::AmazonMQ::Configuration Arn

Amazon MQ 設定の Amazon リソースネーム (ARN)。

例: arn:aws:mq:us-east-2:123456789012:configuration:MyConfigurationDevelopment:c-1234a5b6-78cd-901e-2fgh-3i45j6k178l9
AWS::AmazonMQ::Configuration Revision

Amazon MQ 設定のリビジョン番号。

例: 1

AWS::ApiGateway::DomainName

DistributionDomainName

カスタムドメイン名にマッピングされた Amazon CloudFront ディストリビューションドメイン名。

例: d111111abcdef8.cloudfront.net

AWS::ApiGateway::RestApi

RootResourceId

RestApi リソースのルートリソース ID。

例: a0bc123d4e

AWS::AppStream::ImageBuilder

StreamingUrl

Amazon AppStream 2.0 イメージビルダーストリーミングセッションを開始するための URL

AWS::Cloud9::EnvironmentEC2

Arn

AWS Cloud9 開発環境の Amazon リソースネーム (ARN)。

例: arn:aws:cloud9:us-east-2:123456789012:environment:2bc3642873c342e485f7e0c561234567

AWS::Cloud9::EnvironmentEC2

Name

AWS Cloud9 開発環境の名前。

例: my-demo-environment

AWS::CloudFormation::WaitCondition

Data

指定された待機条件の待機条件シグナルの UniqueId および Data 値を含む JSON 形式の文字列。待機条件シグナルの詳細については、「待機条件シグナルの JSON 形式」を参照してください。

2 つのシグナルを含む待機条件の例:

{"Signal1":"Step 1 complete.","Signal2":"Step 2 complete."}

AWS::CloudFormation::Stack

Outputs.NestedStackOutputName

ネストされた指定のスタックからの出力値。NestedStackOutputName は、出力値の名前です。

AWS::CloudFront::Distribution

DomainName

例: d2fadu0nynjpfn.cloudfront.net

AWS::CloudFront::CloudFrontOriginAccessIdentity

S3CanonicalUserId

例: b970b42360b81c8ddbd79d2f5df0069ba9033c8a79655752abe380cd6d63ba8bcf23384d568fcf89fc49700b5e11a0fd

AWS::CloudTrail::Trail

Arn

例: arn:aws:cloudtrail:us-east-2:123456789012:trail/myCloudTrail

AWS::CloudTrail::Trail

SnsTopicArn

CloudTrail 証跡に関連付けられる Amazon SNS トピックの Amazon リソースネーム (ARN)。

例: arn:aws:sns:us-east-2:123456789012:mySNSTopic

AWS::CloudWatch::Alarm

Arn

例: arn:aws:cloudwatch:us-east-2:123456789012:alarm:myCloudWatchAlarm-CPUAlarm-UXMMZK36R55Z

AWS::CodeBuild::Project

Arn

例: arn:aws:codebuild:us-west-2:123456789012:project/myProjectName

AWS::CodeCommit::Repository

Arn

例: arn:aws:codecommit:us-east-2:123456789012:MyDemoRepo

AWS::CodeCommit::Repository

CloneUrlHttp

例: https://codecommit.us-east-2.amazonaws.com/v1/repos/MyDemoRepo

AWS::CodeCommit::Repository

CloneUrlSsh

例: ssh://git-codecommit.us-east-2.amazonaws.com/v1/repos//v1/repos/MyDemoRepo

AWS::CodeCommit::Repository

Name

例: MyDemoRepo

AWS::CodePipeline::Pipeline

Version

パイプラインのバージョン。例: 1

AWS::CodePipeline::Webhook

Url

例: https://eu-central-1.webhooks.aws/trigger123456

AWS::Config::ConfigRule

Arn

例: arn:aws:config:us-east-2:123456789012:config-rule/config-rule-a1bzhi

AWS::Config::ConfigRule

ConfigRuleId

例: config-rule-a1bzhi

AWS::Config::ConfigRule

Compliance.Type

例: COMPLIANT

AWS::DAX::Cluster

Arn

例: arn:aws:dax:us-east-1:111122223333:cache/MyDAXCluster

AWS::DAX::Cluster

ClusterDiscoveryEndpoint

例: mydaxcluster.0h3d6x.clustercfg.dax.use1.cache.amazonaws.com:8111

AWS::DirectoryService::MicrosoftAD および AWS::DirectoryService::SimpleAD

Alias

ディレクトリのエイリアス。

例: d-12373a053a または alias4-mydirectory-12345abcgmzsk (CreateAlias プロパティを true に設定した場合)

AWS::DirectoryService::MicrosoftAD および AWS::DirectoryService::SimpleAD

DnsIpAddresses

ディレクトリの DNS サーバーの IP アドレス。

例: [ "192.0.2.1", "192.0.2.2" ]

AWS::DLM::LifecyclePolicy

Arn

例: arn:aws:dlm:us-west-2:012345678912:policy/policy-0123456789abcdef

AWS::DocDB::DBCluster

ClusterResourceId

DB クラスターのリソース ID。クラスター ID はクラスターを一意に識別し、IAM 認証ポリシーなどで使用されます。

例: cluster-ABCD1234EFGH5678IJKL90MNOP

AWS::DocDB::DBCluster

Endpoint

DB クラスターの接続エンドポイント。

例: sample-cluster.cluster-abcdefghijkl.us-east-1.rds.amazonaws.com

AWS::DocDB::DBCluster

Port

DB クラスターが接続を受け付けるポート番号。

例: 27017

AWS::DocDB::DBCluster

ReadEndpoint

クラスターの読み取り専用の接続エンドポイント。

例: "sample-cluster.cluster-ro-abcdefghijkl.us-east-1.rds.amazonaws.com

AWS::DocDB::DBInstance

Endpoint

DB インスタンスの接続エンドポイント。

例: sample-instance.abcdefghijkl.us-east-1.rds.amazonaws.com

AWS::DocDB::DBInstance

Port

DB クラスターが接続を受け付けるポート番号。

例: 27017

AWS::DynamoDB::Table

Arn

例: arn:aws:dynamodb:us-east-2:123456789012:table/myDynamoDBTable

AWS::DynamoDB::Table

StreamArn

DynamoDB テーブルストリームの Amazon リソースネーム (ARN)。この属性を使用するには、DynamoDB テーブルの StreamSpecification プロパティを指定する必要があります。

例: arn:aws:dynamodb:us-east-2:123456789012:table/testddbstack-myDynamoDBTable-012A1SL7SMP5Q/stream/2015-11-30T20:10:00.000

AWS::EC2::EIP

AllocationId

Amazon VPC で使用するアドレスの割り当てを表すために AWS によって割り当てられた ID。これは、VPC Elastic IP アドレスに対してのみ返されます。

例: eipalloc-5723d13e

AWS::EC2::Instance

AvailabilityZone

指定されたインスタンスが起動されるアベイラビリティーゾーン。

例: us-east-1b

AWS::EC2::Instance

PrivateDnsName

指定されたインスタンスのプライベート DNS 名。

例: ip-10-24-34-0.ec2.internal

AWS::EC2::Instance

PublicDnsName

指定されたインスタンスのパブリック DNS 名。

例: ec2-107-20-50-45.compute-1.amazonaws.com

AWS::EC2::Instance

PrivateIp

指定されたインスタンスのプライベート IP アドレス。

例: 10.24.34.0

AWS::EC2::Instance

PublicIp

指定されたインスタンスのパブリック IP アドレス。

例: 192.0.2.0

AWS::EC2::NetworkInterface

PrimaryPrivateIpAddress

指定されたネットワークインターフェイスのプライマリプライベート IP アドレス。

例: 10.0.0.192

AWS::EC2::NetworkInterface

SecondaryPrivateIpAddresses

指定されたネットワークインターフェイスのセカンダリプライベート IP アドレス。

例: ["10.0.0.161", "10.0.0.162", "10.0.0.163"]

AWS::EC2::SecurityGroup

GroupId

指定されたセキュリティグループのグループ ID。

例: sg-94b3a1f6

AWS::EC2::SecurityGroup

VpcId

VPC の ID。

例: vpc-3325caf2

AWS::EC2::Subnet

AvailabilityZone

サブネットのアベイラビリティーゾーン。

例: us-east-1a

AWS::EC2::Subnet

Ipv6CidrBlocks

サブネットに関連付けられる IPv6 CIDR ブロックのリスト。

例: [ 2001:db8:1234:1a00::/64 ]

AWS::EC2::Subnet

NetworkAclAssociationId

サブネットの VPC に関連付けられるネットワーク ACL の ID。

例: acl-5fb85d36

AWS::EC2::Subnet

VpcId

サブネットの VPC の ID。

例: vpc-11ad4878

AWS::EC2::SubnetNetworkAclAssociation

AssociationId

サブネットにアタッチされる NetworkAcl associationId

AWS::EC2::VPC

CidrBlock

VPC の IP アドレスのセット。

例: 10.0.0.0/16

AWS::EC2::VPC

CidrBlockAssociations

VPC の IPv4 CIDR ブロック関連付け ID のリスト。

例: [ vpc-cidr-assoc-0280ab6b ]

AWS::EC2::VPC

DefaultNetworkAcl

VPC に関連付けられているデフォルトのネットワーク ACL。VPC の作成時に AWS によって作成されます。

例: acl-814dafe3

AWS::EC2::VPC

DefaultSecurityGroup

VPC に関連付けられているデフォルトのセキュリティグループ ID。VPC の作成時に AWS によって作成されます。

例: sg-b178e0d3

AWS::EC2::VPC

Ipv6CidrBlocks

VPC に関連付けられる IPv6 CIDR ブロックのリスト。

例: [ 2001:db8:1234:1a00::/56 ]

AWS::ECR::Repository

Arn

例: arn:aws:ecr:us-east-2:123456789012:repository/test-repository

AWS::ECS::Cluster

Arn

例: arn:aws:ecs:us-east-2:123456789012:cluster/MyECSCluster

AWS::ECS::Service

Name

Amazon Elastic Container Service サービス名。

例: sample-webapp

AWS::EKS::Cluster

Arn

クラスターの ARN。

例: arn:aws:eks:us-east-2:123456789012:cluster/MyECSCluster

AWS::EKS::Cluster

CertificateAuthorityData

クラスターの certificate-authority-data

AWS::EKS::Cluster

Endpoint

Kubernetes API サーバーのエンドポイント。

例: https://EXAMPLEFBBB3BA591B746AFC5AB30262.yl4.us-west-2.eks.amazonaws.com

AWS::ElastiCache::CacheCluster

ConfigurationEndpoint.Address

Memcached キャッシュクラスターの設定エンドポイントの DNS アドレス。

例: test.abc12a.cfg.use1.cache.amazonaws.com:11111

AWS::ElastiCache::CacheCluster

ConfigurationEndpoint.Port

Memcached キャッシュクラスターの設定エンドポイントのポート番号。

AWS::ElastiCache::CacheCluster

RedisEndpoint.Address

Redis キャッシュクラスターの設定エンドポイントの DNS アドレス。

例: test.abc12a.cfg.use1.cache.amazonaws.com:11111

AWS::ElastiCache::CacheCluster

RedisEndpoint.Port

Redis キャッシュクラスターの設定エンドポイントのポート番号。

AWS::ElastiCache::ReplicationGroup

ConfigurationEndPoint.Address

キャッシュノードの DNS ホスト名。

AWS::ElastiCache::ReplicationGroup

ConfigurationEndPoint.Port

キャッシュエンジンがリッスンしているポート番号。

AWS::ElastiCache::ReplicationGroup

PrimaryEndPoint.Address

プライマリ読み書きキャッシュノードの DNS アドレス。

AWS::ElastiCache::ReplicationGroup

PrimaryEndPoint.Port

プライマリ読み書きキャッシュエンジンがリッスンしているポート番号。

AWS::ElastiCache::ReplicationGroup

ReadEndPoint.Addresses

読み取り専用レプリカのエンドポイントのリストがある文字列。ReadEndPoint.Ports 属性からのポートの順序に対するアドレスマップの順序。

例: "[abc12xmy3d1w3hv6-001.rep12a.0001.use1.cache.amazonaws.com, abc12xmy3d1w3hv6-002.rep12a.0001.use1.cache.amazonaws.com, abc12xmy3d1w3hv6-003.rep12a.0001.use1.cache.amazonaws.com]"

AWS::ElastiCache::ReplicationGroup

ReadEndPoint.Ports

読み取り専用レプリカのポートのリストがある文字列。ReadEndPoint.Addresses 属性からのアドレスの順序に対するポートマップの順序。

例: "[6379, 6379, 6379]"

AWS::ElastiCache::ReplicationGroup

ReadEndPoint.Addresses.List

読み取り専用レプリカのエンドポイントのリスト。

例: ["abc12xmy3d1w3hv6-001.rep12a.0001.use1.cache.amazonaws.com", "abc12xmy3d1w3hv6-002.rep12a.0001.use1.cache.amazonaws.com", "abc12xmy3d1w3hv6-003.rep12a.0001.use1.cache.amazonaws.com"]

AWS::ElastiCache::ReplicationGroup

ReadEndPoint.Ports.List

読み取り専用レプリカのポートのリスト。

例: ["6379","6379","6379"]

AWS::ElasticBeanstalk::Environment

EndpointURL

この環境のロードバランサーの URL。

例: awseb-myst-myen-132MQC4KRLAMD-1371280482.us-east-2.elb.amazonaws.com

AWS::ElasticLoadBalancing::LoadBalancer

CanonicalHostedZoneName

ロードバランサーに関連付けられる Route 53 ホストゾーンの名前。

例: mystack-myelb-15HMABG9ZCN57-1013119603.us-east-2.elb.amazonaws.com

AWS::ElasticLoadBalancing::LoadBalancer

CanonicalHostedZoneNameID

ロードバランサーに関連付けられる Route 53 ホストゾーン名の ID。

例: Z3DZXE0Q79N41H

AWS::ElasticLoadBalancing::LoadBalancer

DNSName

ロードバランサーの DNS 名。

例: mystack-myelb-15HMABG9ZCN57-1013119603.us-east-2.elb.amazonaws.com

AWS::ElasticLoadBalancing::LoadBalancer

SourceSecurityGroup.GroupName

ロードバランサーのバックエンド Amazon EC2 アプリケーションインスタンスのインバウンドルールの一部として使用できるセキュリティグループ。

例: amazon-elb

AWS::ElasticLoadBalancing::LoadBalancer

SourceSecurityGroup.OwnerAlias

ソースセキュリティグループの所有者。

例: amazon-elb-sg

AWS::ElasticLoadBalancingV2::LoadBalancer

DNSName

ロードバランサーアプリケーションの DNS 名。

例: my-load-balancer-424835706.us-west-2.elb.amazonaws.com

AWS::ElasticLoadBalancingV2::LoadBalancer

CanonicalHostedZoneID

ロードバランサーに関連付けられる Amazon Route 53 ホストゾーン名の ID。

例: Z2P70J7EXAMPLE

AWS::ElasticLoadBalancingV2::LoadBalancer

LoadBalancerFullName

ロードバランサーアプリケーションの 正式名称。

例: app/my-load-balancer/50dc6c495c0c9188

AWS::ElasticLoadBalancingV2::LoadBalancer

LoadBalancerName

ロードバランサーアプリケーション名。

例: my-load-balancer

AWS::ElasticLoadBalancingV2::LoadBalancer

SecurityGroups

Application Load Balancer のセキュリティグループの ID。

例: sg-123456a

AWS::ElasticLoadBalancingV2::TargetGroup

LoadBalancerArns

このターゲットグループにトラフィックをルーティングするロードバランサーの Amazon リソースネーム (ARN)。

例: [ "arn:aws:elasticloadbalancing:us-west-2:123456789012:loadbalancer/app/my-load-balancer/50dc6c495c0c9188" ]

AWS::ElasticLoadBalancingV2::TargetGroup

TargetGroupFullName

ターゲットグループのフルネーム。

例: targetgroup/my-target-group/cbf133c568e0d028

AWS::ElasticLoadBalancingV2::TargetGroup

TargetGroupName

ターゲットグループの名前。

例: my-target-group

AWS::Elasticsearch::Domain

DomainArn

ドメインの Amazon リソースネーム (ARN)。

例: arn:aws:es:us-west-2:123456789012:domain/mystack-elasti-1ab2cdefghij

AWS::Elasticsearch::Domain

DomainEndpoint

インデックス、検索、データアップロードのリクエストを Amazon Elasticsearch Service ドメインに送信するために使用されるドメイン固有のエンドポイント。

例: search-mystack-elasti-1ab2cdefghij-ab1c2deckoyb3hofw7wpqa3cm.us-west-2.es.amazonaws.com

AWS::EMR::Cluster

MasterPublicDNS

マスターノード (インスタンス) のパブリック DNS 名。

例: ec2-12-123-123-123.us-west-2.compute.amazonaws.com

AWS::Events::Rule

Arn

例: arn:aws:events:us-east-2:123456789012:rule/example

AWS::IAM::AccessKey

SecretAccessKey

指定された Access Key のシークレットアクセスキー。

例: wJalrXUtnFEMI/K7MDENG/bPxRfiCYzEXAMPLEKEY

AWS::IAM::Group

Arn

例: arn:aws:iam::123456789012:group/mystack-mygroup-1DZETITOWEKVO

AWS::IAM::InstanceProfile

Arn

例: arn:aws:iam::1234567890:instance-profile/MyProfile-ASDNSDLKJ

AWS::IAM::Role

Arn

例: arn:aws:iam::1234567890:role/MyRole-AJJHDSKSDF

AWS::IAM::User

Arn

例: arn:aws:iam::123456789012:user/mystack-myuser-1CCXAFG2H2U4D

AWS::IoT::Certificate

Arn 例: arn:aws:iot:ap-southeast-2:123456789012:cert/a1234567b89c012d3e4fg567hij8k9l01mno1p23q45678901rs234567890t1u2

AWS::IoT::Policy

Arn

例: arn:aws:iot:us-east-2:123456789012:policy/MyIoTPolicy

AWS::IoT::TopicRule

Arn

例: arn:aws:iot:us-east-2:123456789012:rule/MyIoTRule

AWS::IoT1Click::Device

Arn

AWS IoT 1-Click 互換デバイスの ARN。

例: arn:aws:iot1click:us-west-2:123456789012:devices/G030PX0312744DWM

AWS::IoT1Click::Device

DeviceId

ユーザー指定のデバイス ID。

例: G030PX0312744DWM

AWS::IoT1Click::Device

Enabled

デバイスが有効 (true) か無効 (false) かを示すブール値。

例: true

AWS::IoT1Click::Placement

PlacementName

プロジェクトに関連付けられているプレイスメント名。

例: region27

AWS::IoT1Click::Placement

ProjectName

特定のプレイスメントのプロジェクトの名前。

例: seattle-region

AWS::IoT1Click::Project

ProjectName

プロジェクトの名前。

例: seattle-region

AWS::IoT1Click::Project

Arn

プロジェクトの ARN。

例: arn:aws:iot1click:us-east-1:123456789012:projects/seattle-region

AWS::Kinesis::Stream

Arn

例: arn:aws:kinesis:us-east-2:123456789012:stream/stream-name

AWS::Kinesis::StreamConsumer

ConsumerARN

例: arn:aws:kinesis:us-east-1:123456789012:stream/stream-name/consumer/consumer-name:1234567890

AWS::Kinesis::StreamConsumer

ConsumerCreationTimestamp

例: 2018-10-31T17:35:57.650Z

AWS::Kinesis::StreamConsumer

ConsumerName

例: example-consumer-name

AWS::Kinesis::StreamConsumer

ConsumerStatus

例: CREATING

AWS::Kinesis::StreamConsumer

StreamARN

例: arn:aws:kinesis:us-east-2:123456789012:stream/stream-name

AWS::KinesisFirehose::DeliveryStream

Arn

例: arn:aws:firehose:us-east-2:123456789012:deliverystream/delivery-stream-name

AWS::KMS::Key

Arn

例: arn:aws:kms:us-west-2:123456789012:key/12a34567-8c90-1defg-af84-0bf06c1747f3

AWS::Lambda::Function

Arn

例: arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:MyStack-AMILookUp-NT5EUXTNTXXD

AWS::Lambda::Version

Version

Lambda 関数のバージョン。

例: 1

AWS::Logs::Destination

Arn

例: arn:aws:logs:us-east-2:123456789012:destination:MyDestination

AWS::Logs::LogGroup

Arn

例: arn:aws:logs:us-east-2:123456789012:log-group:/mystack-testgroup-12ABC1AB12A1:*

AWS::OpsWorks::Instance

AvailabilityZone

AWS OpsWorks インスタンスのアベイラビリティーゾーン。

例: us-east-2a

AWS::OpsWorks::Instance

PrivateDnsName

AWS OpsWorks インスタンスのプライベート DNS 名。

AWS::OpsWorks::Instance

PrivateIp

AWS OpsWorks インスタンスのプライベート IP アドレス。

AWS::OpsWorks::Instance

PublicDnsName

AWS OpsWorks インスタンスのパブリック DNS 名。

AWS::OpsWorks::Instance

PublicIp

AWS OpsWorks インスタンスのパブリック IP アドレス。

注記

この属性を使用するには、パブリック IP アドレスを自動的に割り当てる AWS OpsWorks レイヤーに AWS OpsWorks インスタンスが存在している必要があります。

例: 192.0.2.0

AWS::OpsWorks::UserProfile

SshUserName

AWS OpsWorks インスタンスの SSH ユーザー名。

AWS::OpsWorksCM::Server

Arn

例: arn:aws:OpsWorksCM:us-east-1:123456789012:server/server-a1bzhi

AWS::OpsWorksCM::Server

Endpoint

例: myserver-asdfghjkl.us-east-1.opsworks.io

AWS::Redshift::Cluster

Endpoint.Address

クラスターの接続エンドポイント。

例: examplecluster.cg034hpkmmjt.us-east-2.redshift.amazonaws.com

AWS::Redshift::Cluster

Endpoint.Port

クラスターの接続ポート。

例: 5439

AWS::RDS::DBCluster

Endpoint.Address

DB クラスターの接続エンドポイント。

例: mystack-mydbcluster-1apw1j4phylrk.cg034hpkmmjt.us-east-2.rds.amazonaws.com

AWS::RDS::DBCluster

Endpoint.Port

DB クラスターが接続を受け付けるポート番号。

例: 3306

AWS::RDS::DBCluster

ReadEndpoint.Address

DB クラスターの読み込みエンドポイント。

例: mystack-mydbcluster-ro-1apw1j4phylrk.cg034hpkmmjt.us-east-2.rds.amazonaws.com

AWS::RDS::DBInstance

Endpoint.Address

データベースの接続エンドポイント。

例: mystack-mydb-1apw1j4phylrk.cg034hpkmmjt.us-east-2.rds.amazonaws.com

AWS::RDS::DBInstance

Endpoint.Port

データベースが接続を受け入れるポート番号。

例: 3306

AWS::Route53::HostedZone

NameServers

特定のホストゾーンのネームサーバーのセット。

例: ns1.example.com

この属性は、プライベートホストゾーンではサポートされていません。

AWS::Route53Resolver::ResolverEndpoint

Arn

インバウンドエンドポイントまたはアウトバウンドエンドポイントの ARN。

例: arn:aws:route53resolver:us-east-2:123456789012:resolver-endpoint/rslvr-out-fdc049932dexample

AWS::Route53Resolver::ResolverEndpoint

Direction

これがインバウンドエンドポイントかアウトバウンドエンドポイントかを指定します。

例: INBOUND

AWS::Route53Resolver::ResolverEndpoint

HostedVPCId

リゾルバーエンドポイントを作成する VPC の ID。

例: vpc-0dd415a0edexample

AWS::Route53Resolver::ResolverEndpoint

IpAddressCount

リゾルバーエンドポイントが DNS クエリに使用できる IP アドレスの数。

例: 2

AWS::Route53Resolver::ResolverEndpoint

Name

インバウンドエンドポイントまたはアウトバウンドエンドポイントの名前。

例: MyInboundEndpoint

AWS::Route53Resolver::ResolverEndpoint

ResolverEndpointId

作成時にリゾルバーによってエンドポイントに割り当てられた ID。

例: rslvr-out-fdc049932dexample

AWS::Route53Resolver::ResolverRule

Arn

ルールの ARN。

例: arn:aws:route53resolver:us-east-2:123456789012:resolver-rule/rslvr-rr-5328a0899aexample

AWS::Route53Resolver::ResolverRule

DomainName

ネットワーク内の DNS リゾルバーに転送するアウトバウンド DNS クエリのドメイン名。

例: example.com

AWS::Route53Resolver::ResolverRule

ResolverEndpointId

ルールが関連付けられているエンドポイントの ID。

例: rslvr-out-fdc049932dexample

AWS::Route53Resolver::ResolverRule

ResolverRuleId

作成時にリゾルバーによってルールに割り当てられた ID。

例: rslvr-rr-5328a0899aexample

AWS::Route53Resolver::ResolverRule

TargetIps

リゾルバーが DNS クエリを転送する IPv4 IP アドレス。

例: 192.0.2.44

AWS::Route53Resolver::ResolverRuleAssociation

Name

リゾルバールールと VPC の関連付けの名前。

例: test.example.com in beta VPC

AWS::Route53Resolver::ResolverRuleAssociation

ResolverRuleAssociationId

情報を取得する対象のリゾルバールールの関連付け ID。

例: rslvr-rrassoc-97242eaf88example

AWS::Route53Resolver::ResolverRuleAssociation

ResolverRuleId

VPCId で指定した VPC に関連付けたリゾルバールールの ID。

例: rslvr-rr-5328a0899example

AWS::Route53Resolver::ResolverRuleAssociation

VPCId

リゾルバールールを関連付けた VPC の ID。

例: vpc-03cf94c75cexample

AWS::S3::Bucket

Arn

例: arn:aws:s3:::mybucket

AWS::S3::Bucket

DomainName

指定されたバケットの DNS 名。

例: mystack-mybucket-kdwwxmddtr2g.s3.amazonaws.com

AWS::S3::Bucket

DualStackDomainName

指定されたバケットの IPv6 DNS 名。

例: mystack-mybucket-kdwwxmddtr2g.s3.dualstack.us-east-2.amazonaws.com/

AWS::S3::Bucket

WebsiteURL

指定されたバケットの Amazon S3 ウェブサイトエンドポイント。

例: http://mystack-mybucket-kdwwxmddtr2g.s3-website-us-east-2.amazonaws.com/

AWS::Serverless::Function

Arn

AWS::Serverless::Function リソースの ARN。

AWS::ServiceDiscovery::HttpNamespace

Arn

例: arn:aws:servicediscovery:us-west-2:1234567890:namespace/ns-d6wz3hq6kexample

AWS::ServiceDiscovery::HttpNamespace

Id

例: ns-d6wz3hq6kexample

AWS::ServiceDiscovery::PrivateDnsNamespace

Arn

例: arn:aws:servicediscovery:us-west-2:1234567890:namespace/ns-t2kl4fs6xexample

AWS::ServiceDiscovery::PrivateDnsNamespace

Id

例: ns-t2kl4fs6xexample

AWS::ServiceDiscovery::PublicDnsNamespace

Arn

例: arn:aws:servicediscovery:us-west-2:1234567890:namespace/ns-d6wz3hq6kexample

AWS::ServiceDiscovery::PublicDnsNamespace

Id

例: ns-d6wz3hq6kexample

AWS::ServiceDiscovery::Service

Arn

例: arn:aws:servicediscovery:us-west-2:1234567890:service/srv-7dfj3r6cyexample

AWS::ServiceDiscovery::Service

Id

例: srv-7dfj3r6cyexample

AWS::ServiceDiscovery::Service

Name

例: example

AWS::SNS::Topic TopicName

Amazon SNS トピックの名前。

例: my-sns-topic

AWS::StepFunctions::Activity Name AWS Step Functions アクティビティの名前。
AWS::StepFunctions::StateMachine Name Step Functions ステートマシンの名前。

AWS::SQS::Queue

Arn

例: arn:aws:sqs:us-east-2:123456789012:mystack-myqueue-15PG5C2FC1CW8

AWS::SQS::Queue

QueueName

Amazon SQS キューの名前。

例: mystack-myqueue-1VF9BKQH5BJVI