AWS CloudFormation デザイナー インターフェイスの概要。 - AWS CloudFormation

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

AWS CloudFormation デザイナー インターフェイスの概要。

デザイナー には、4 つのペインがあります。[canvas (キャンバス)] ペインは、テンプレートリソースの図を表示して、その関係が一目でわかるようにします。テンプレートにリソースを追加するには、リソースを [リソースタイプ] ペインから [canvas (キャンバス)] ペインにドラッグします。[Integrated JSON and YAML editor (統合された JSON と YAML エディタ)] ペインを使用して、リソースプロパティまたはテンプレートパラメータなどのテンプレートの詳細を指定します。テンプレートを変更したら、ローカルファイルまたは Amazon S3 バケットに保存することができます。有効なテンプレートを JSON から YAML に、またはその逆に変換すると [Messages (メッセージ)] ペインに成功または失敗のメッセージが表示されます。無効なテンプレートを開いたり検証したりすると、[Messages (メッセージ)] ペインに検証エラーが表示されます。

注記

デザイナー は、スタックで実行中のリソースを表示したり変更することはできません。スタックの作成、変更、保存のみに使用します。

次の図は、デザイナー ペインとそのメインコンポーネントを示しています。

デザイナー のペインとコンポーネント


          デザイナー のペインとコンポーネントのスクリーンショットに番号が付けられています。
1.ツールバー

ツールバーは、テンプレートを開いたり保存する、変更の取り消しまたはやり直し、スタックの作成、テンプレートを検証などの、一般的な操作コマンドへのクイックアクセスを提供します。図をイメージとしてダウンロードしたり、ヘルプを表示したり、キャンバスペインで図を更新したりすることもできます。

2.[リソースタイプ] ペイン

[リソースタイプ] ペインには、テンプレートに追加可能なすべてのテンプレートリソースが、AWS サービス名で分類されてリストされます。リソースは、[リソースタイプ] ペインから [canvas (キャンバス)] にドラッグして追加します。サポートされるリソースの大部分は、「AWS リソースおよびプロパティタイプのリファレンス」で説明されています。[リソースタイプ] ペインには、AWS::EC2::SubnetRouteTableAssociation リソースなどの接続リソースはリストされません。これらのリソースは、ルートテーブルをサブネットに接続するときなど、関連するリソースを接続するときに作成します。詳細については、「[Canvas (キャンバス)] ペイン」を参照してください。

注記

デザイナー は、AWS CloudFormation によりサポートされるリソースタイプのみを表示できます。アベイラビリティーゾーン (AZs)、または入れ子スタックのリソースなどの、他のエンティティは表示できません。

3.[Canvas (キャンバス)] ペイン

[canvas (キャンバス)] ペインには、テンプレートリソースが図として表示されます。リソースの追加または削除、リソース間の関係の作成、レイアウトのアレンジに使用できます。[canvas (キャンバス)] で変更を行うと、テンプレート の JSON または YAML が自動的に変更されます。詳細については、「[Canvas (キャンバス)] ペイン」を参照してください。

4.ウィンドウボタンとの適合

テンプレートの図に適合するように、[canvas (キャンバス)] ペインのサイズを変更するボタンです。

5.[Full screen (全画面)] ボタンと [Split screen (分割画面)] ボタン

デザイナー の異なる表示を選択するボタン。キャンバスの全画面表示、統合された JSON と YAML エディタの全画面表示、またはキャンバスとエディタの分割画面表示を選択できます。

6.[Integrated JSON and YAML editor (統合された JSON と YAML エディタ)] ペイン

統合されたエディタ で、リソースプロパティまたはテンプレートパラメータなどの、テンプレートの詳細を指定します。[canvas (キャンバス)] で項目を選択すると、関連する JSON または YAML が デザイナー のエディタでハイライトされます。JSON または YAML を編集した後で、[canvas (キャンバス)] ( を選択) を更新して、図を更新する必要があります。[Choose template language (テンプレート言語の選択)] で適切なラジオボタンを選択して、JSON と YAML の間で有効なテンプレートを変換できます。 デザイナー は、有効な YAML または有効な JSON テンプレートのみを変換できます。変換に成功すると、 [Messages (メッセージ)] ペインに次のようなメッセージが表示されます。テンプレートは YAML に正常に変換されました。AWS CloudFormation デザイナー は、テンプレートの変換時に書式設定を保持しません。

重要

デザイナー のテンプレートに # YAML コメントを追加しないことをお勧めします。YAML テンプレートに # コメントがある場合、デザイナー は YAML を編集したり JSON に変換したりするときにコメントを保持しません。デザイナー でテンプレートを編集または変更する場合 (たとえば、キャンバスにリソースをドラッグする場合)、コメントは失われます。

テンプレート言語を選択すると、キャンバスにドラッグした新しいリソースは、選択した言語で作成されます。別の言語に戻すには、テンプレートが有効であることを確認してから、[Choose template language (テンプレート言語の選択)] という [YAML] または [JSON] を選択します 。

詳細については、「統合された JSON および YAML エディタ」を参照してください。

7.[Messages (メッセージ)] ペイン

テンプレートを JSON から YAML に、またはその逆に変換すると [Messages (メッセージ)] ペインに成功または失敗のメッセージが表示されます。無効なテンプレートを使用してスタックを開いたり、検証したり、スタックを作成したりしようとすると、[Messages (メッセージ)] ペインに検証エラーが表示されます。