オンデマンドキャパシティー予約 の CloudWatch メトリクス - Amazon Elastic Compute Cloud

オンデマンドキャパシティー予約 の CloudWatch メトリクス

CloudWatch メトリクスでは、使用状況のしきい値に達したときに通知するように CloudWatch アラームを設定することにより、キャパシティーの予約 を効率的にモニタリングし、未使用の容量を特定できます。これは、一定量の キャパシティーの予約 ボリュームを維持し、ボリュームの使用効率を高めるのに役立ちます。

オンデマンドキャパシティー予約 は 5 分ごとにメトリクスデータを CloudWatch に送信します。キャパシティーの予約 は、アクティブな期間が 5 分未満のメトリクスをサポートしていません。

CloudWatch コンソールでのメトリクスの表示の詳細については、「Amazon CloudWatch メトリクスの使用」を参照してください。アラームの作成の詳細については、「Amazon CloudWatch アラームの作成」を参照してください。

キャパシティーの予約 使用状況メトリクス

AWS/EC2CapacityReservations 名前空間には、以下の使用状況メトリクスが含まれています。それらのメトリクスを使用して、オンデマンド容量をモニタリングし、予約に指定したしきい値内に維持できます。

メトリクス 説明
UsedInstanceCount

現在使用中のインスタンスの数。

単位: 個

AvailableInstanceCount

使用可能なインスタンスの数。

単位: 個

TotalInstanceCount

予約済みのインスタンスの合計数。

単位: 個

InstanceUtilization

現在使用中のリザーブドキャパシティーインスタンスの割合。

単位: パーセント

キャパシティーの予約 メトリクスディメンション

以下のディメンションを使用して、前の表に示したメトリクスを絞り込むことができます。

ディメンション 説明
CapacityReservationId

このグローバルに一意のディメンションを指定すると、リクエストしたデータがフィルタリングされて、指定した容量予約のものだけになります。

キャパシティーの予約 の CloudWatch メトリクスの表示

メトリクスはまずサービス名前空間ごとにグループ化され、次にサポートされているディメンションごとにグループ化されます。以下の手順を使用して キャパシティーの予約 メトリクスを表示できます。

CloudWatch コンソールを使用して キャパシティーの予約 メトリクスを表示するには

  1. CloudWatch コンソール (https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/) を開きます。

  2. 必要に応じてリージョンを変更します。ナビゲーションバーから、キャパシティーの予約 があるリージョンを選択します。詳細については、「リージョンとエンドポイント」を参照してください。

  3. ナビゲーションペインで [Metrics (メトリクス)] を選択します。

  4. [All metrics (すべてのメトリクス)] で、[EC2 Capacity Reservations (EC2 容量予約)] を選択します。

  5. メトリクスディメンション [By Capacity Reservation (容量予約別)] を選択します。メトリクスが CapacityReservationId 別にグループ化されます。

  6. メトリクスを並べ替えるには、列見出しを使用します。メトリクスをグラフ表示するには、メトリクスの横にあるチェックボックスを選択します。

キャパシティー予約に関するメトリクスを表示するには (AWS CLI)

次の list-metrics コマンドを使用します。

aws cloudwatch list-metrics --namespace "AWS/EC2CapacityReservations"