Linux インスタンスへの接続 - Amazon Elastic Compute Cloud

Linux インスタンスへの接続

Linux インスタンスに接続するには、さまざまな方法があります。一部は、接続元のローカルマシンのオペレーティングシステムによって異なります。EC2 Instance Connect、AWS Systems Manager Session Manager、または AWS CloudShell などのその他の機能は変わりません。このセクションでは、Linux インスタンスに接続し、ローカル コンピューターとインスタンス間でファイルを転送する方法について説明します。Windows インスタンスに接続する方法の詳細については、「Windows インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド」の「Windows インスタンスに接続する」を参照してください。

Linux インスタンスに接続する前に、以下の前提条件を満たしていることを確認してください。

次に、次のオプションのいずれかを選択して Linux インスタンスに接続します。

注記

例えば、接続に関するトラブルシューティングのヒントについては、「インスタンスへの接続に関するトラブルシューティング」を参照してください。

AWS Nitro System で構築されたインスタンスの起動、ネットワーク設定、および他の問題をトラブルシューティングするには、Linux インスタンス用 EC2 シリアルコンソール を使用できます。

インスタンスに関する情報を取得する

インスタンスに接続する準備をするには、Amazon EC2 コンソールまたは AWS CLI を使用して次の情報を取得します。


				Amazon EC2 コンソールのインスタンスペインを開きます。
  • インスタンスのパブリック DNS 名を取得します。

    Amazon EC2 コンソールから、インスタンスのパブリック DNS を取得できます。[インスタンス] ペインの [パブリック IPv4 DNS] 列を確認します。この列が非表示になっている場合は、画面右上部にある設定アイコン ( ) を選択し、[パブリック IPv4 DNS] を選択します。パブリック DNS は、[インスタンス] ペインのインスタンス情報セクションにもあります。Amazon EC2 コンソールの [インスタンス] ペインでインスタンスを選択すると、そのインスタンスに関する情報がページの下半分に表示されます。[詳細] タブで、[パブリック IPv4 DNS] を探します。

    その代わりに、describe-instances (AWS CLI) または Get-EC2Instance (AWS Tools for Windows PowerShell) コマンドを使用することもできます。

    [パブリック IPv4 DNS] が表示されない場合は、[インスタンスの状態][実行中] であり、プライベートサブネットでインスタンスを起動していないことを確認します。インスタンス起動ウィザードを使用してインスタンスを起動した場合[ネットワーク設定][パブリック IP の自動割り当て] フィールドを編集して、値を [無効] に変更した可能性があります。[パブリック IP の自動割り当て] オプションを無効にすると、インスタンスは起動時にパブリック IP アドレスが割り当てられません。

  • (IPv6 のみ) インスタンスの IPv6 アドレスを取得します。

    自分のインスタンスに IPv6 アドレスを割り当てている場合は、オプションで、パブリック IPv4 アドレスまたはパブリック IPv4 DNS のホスト名の代わりに、IPv6 アドレスを使用してインスタンスに接続することも可能です。ローカルコンピュータに IPv6 アドレスがあり、IPv6 を使用するように設定されている必要があります。Amazon EC2 コンソールから、インスタンスの IPv6 アドレスを取得できます。[インスタンス] ペインの [IPv6 IPs] 列を確認します。または、インスタンス情報セクションで IPv6 アドレスを確認できます。Amazon EC2 コンソールの [インスタンス] ペインでインスタンスを選択すると、そのインスタンスに関する情報がページの下半分に表示されます。[詳細] タブで、[IPv6 アドレス] を探します。

    その代わりに、describe-instances (AWS CLI) または Get-EC2Instance (AWS Tools for Windows PowerShell) コマンドを使用することもできます。IPv6 の詳細については、「IPv6 アドレス」を参照してください。

  • インスタンスのユーザー名を取得します。

    インスタンスに接続するには、ユーザーアカウントのユーザー名、またはインスタンスの起動に使用した AMI のデフォルトのユーザー名を使用します。

    • ユーザーアカウントのユーザー名を取得します。

      ユーザーアカウントの作成方法については、「Linux インスタンスのユーザーアカウントを管理する」を参照してください。

    • インスタンスの起動に使用した AMI のデフォルトのユーザー名を取得します。

      インスタンスの起動に使用される AMI デフォルトユーザー名

      Amazon Linux 2023

      Amazon Linux 2

      Amazon Linux

      ec2-user
      CentOS centos または ec2-user
      Debian admin
      Fedora fedora、または ec2-user
      RHEL ec2-user、または root
      SUSE ec2-user、または root
      Ubuntu ubuntu
      Oracle ec2-user
      Bitnami bitnami
      その他 AMI プロバイダーに確認してください。

プライベートキーを見つけ、許可を設定する

インスタンスに接続するには、プライベートキーファイルの場所を知っている必要があります。SSH 接続の場合、ユーザーのみがファイルを読み込むことができるように許可を設定する必要があります。

Amazon EC2 を使用する際のキーペアの仕組みについては、「Amazon EC2 のキーペアと Linux インスタンス」を参照してください。

(オプション) インスタンスのフィンガープリントを取得する

インスタンスの接続時に、インスタンスのフィンガープリントを検証することで、中間者攻撃を防御することができます。フィンガープリントの検証は、サードパーティが提供するパブリック AMI からインスタンスを起動する場合に役立ちます。

タスクの概要

まず、インスタンスのフィンガープリントを取得します。次に、インスタンスを接続する際に、フィンガープリントを検証するようにプロンプトされます。取得したフィンガープリントと表示されたフィンガープリントを比較します。これらのフィンガープリントが一致しない場合、何者かが中間者 (MITM) 攻撃を試みている可能性があります。一致する場合には、安心してインスタンスに接続できます。

インスタンスのフィンガープリントを取得するための前提条件
  • インスタンスのフィンガープリントを取得するには、AWS CLI を使用する必要があります。AWS CLI のインストールの詳細については、AWS Command Line Interface ユーザーガイドの「AWS Command Line Interface のインストール」を参照してください。

  • インスタンスが pending の状態であってはいけません。フィンガープリントは、インスタンスの最初の起動が完了した後にのみ使用できます。

インスタンスのフィンガープリントを取得するには
  1. 使用するローカルシステム (お客様が接続しているインスタンス上ではなく) で次の get-console-output (AWS CLI) コマンドを使用して、インスタンスのフィンガープリントを取得します。コンソール出力を取得するには、インスタンス所有者である必要があります。出力が大きい場合は、出力をテキストファイルにパイプして読み込みやすいようにすることができます。AWS CLI を使用する際は、明示的にまたはデフォルトリージョンを設定して、AWS リージョン を指定する必要があることに注意してください。リージョンを設定または指定する方法については、「AWS Command Line Interface ユーザーガイド」の「設定の基本」を参照してください。

    aws ec2 get-console-output --instance-id instance_id --output text > temp.txt
  2. 次の出力例は、get-console-output コマンドを実行するときに確認する必要がある内容を示しています。正確な出力は、オペレーティングシステム、AMI バージョン、AWS でキーペアを作成したかどうかによって異なります。

    ec2: ############################################################# ec2: -----BEGIN SSH HOST KEY FINGERPRINTS----- ec2: 1024 SHA256:7HItIgTONZ/b0CH9c5Dq1ijgqQ6kFn86uQhQ5E/F9pU root@ip-10-0-2-182 (DSA) ec2: 256 SHA256:l4UB/neBad9tvkgJf1QZWxheQmR59WgrgzEimCG6kZY root@ip-10-0-2-182 (ECDSA) ec2: 256 SHA256:kpEa+rw/Uq3zxaYZN8KT501iBtJOIdHG52dFi66EEfQ no comment (ED25519) ec2: 2048 SHA256:L8l6pepcA7iqW/jBecQjVZClUrKY+o2cHLI0iHerbVc root@ip-10-0-2-182 (RSA) ec2: -----END SSH HOST KEY FINGERPRINTS----- ec2: #############################################################