Dedicated Hosts - Amazon Elastic Compute Cloud

Dedicated Hosts

Amazon EC2 Dedicated Host は完全にお客様専用の物理サーバーです。オプションで、インスタンス容量を他の AWS アカウントと共有することもできます。詳細については、共有 Dedicated Hosts の操作 をご参照ください。

専有ホストは、インスタンスの配置を可視化および制御し、ホストアフィニティをサポートします。つまり、特定のホストでインスタンスを起動して実行でき、インスタンスが特定のホストでのみ実行されるようにできます。詳細については、「自動配置とアフィニティについて」を参照してください。

専有ホストは、包括的な Bring-Your-Own-License (BYOL) サポートを提供します。これにより、Windows Server、SQL Server、SUSE Linux Enterprise Server、Red Hat Enterprise Linux、または VM、ソケット、または物理コアにバインドされているその他のソフトウェアライセンスを含む、既存のソケット単位、コア単位、または VM 単位のソフトウェアライセンスをライセンス条項に従って使用できます。

インスタンスを専用ハードウェアで実行する必要があるが、インスタンスの配置を可視化または制御する必要はなく、ソケット単位またはコア単位のソフトウェアライセンスを使用する必要がない場合は、代わりにハードウェア専有インスタンスを使用することを検討できます。ハードウェア専有インスタンスと専有ホストのどちらを使用しても、専用の物理サーバーに Amazon EC2 インスタンスを起動することができます。ハードウェア専有インスタンス と Dedicated Hosts のインスタンスの間に、パフォーマンス、セキュリティ、または物理的な違いはありません。ただし、これらにはいくつかの重要な違いがあります。次のテーブルでは、Dedicated Hosts とハードウェア専有インスタンスの主な違いをいくつか紹介します。

Dedicated Host Dedicated Instance

専用物理サーバー

お客様専用のインスタンス容量を持つ物理サーバー。

単一の顧客アカウント専用の物理サーバー。

インスタンス容量の共有

インスタンス容量を他のアカウントと共有できます。

非サポート

請求

ホストごとの請求

インスタンスごとの請求

ソケット、コア、ホスト ID の可視性

ソケットと物理コアの数が見える

可視性なし

ホストおよびインスタンスアフィニティ

インスタンスを同じ物理サーバーに徐々にデプロイし続けることができる

サポート外

ターゲットを絞ったインスタンスの配置

インスタンスを物理サーバーに配置する方法についての可視性と制御が高い

サポート外

インスタンスの自動復旧

サポート対象。詳細については、ホスト復旧 を参照してください。

サポート対象

Bring-Your-Own-License (BYOL)

サポート

部分的なサポート*

キャパシティ予約

サポート外

サポート

* ソフトウェアアシュアランスによるライセンスモビリティを使用する Microsoft SQL Server、および Windows Virtual Desktop Access (VDA) ライセンスを、ハードウェア専有インスタンスで使用することが可能です。

専有インスタンスの詳細については、「Dedicated Instances」を参照してください。

インスタンスキャパシティの設定

Dedicated Hosts はさまざまな構成 (物理コア、ソケット、vCPU) をサポートしているため、さまざまなファミリーやサイズのインスタンスを実行できます。

アカウントに 専有ホスト を割り当てる場合、単一のインスタンスタイプ、または同じインスタンスファミリー内の複数のインスタンスタイプをサポートする構成を選択できます。ホストで実行できるインスタンスの数は、選択した設定によって異なります。

単一インスタンスタイプのサポート

1 つのインスタンスタイプのみをサポートする専有ホストを割り当てることができます。この設定では、専有ホストで起動するすべてのインスタンスは、ホストを割り当てるときに指定する同じインスタンスタイプである必要があります。

例えば、m5.4xlarge インスタンスタイプのみをサポートするホストを割り当てることができます。この場合、そのホスト上で実行できるインスタンスは m5.4xlarge のみです。

ホスト上で起動できるインスタンスの数は、ホストが提供する物理コアの数と、指定されたインスタンスタイプによって消費されるコア数によって異なります。例えば、m5.4xlarge インスタンスにホストを割り当てると、ホストは 48 個の物理コアを提供し、各 m5.4xlarge インスタンスは 8 個の物理コアを消費します。つまり、そのホストでは最大 6 つのインスタンスを起動できます (48 物理コア/インスタンスあたり 8 コア = 6 インスタンス)。

複数のインスタンスタイプのサポート

同じインスタンスファミリー内の複数のインスタンスタイプをサポートする専有ホストを割り当てることができます。これにより、同じインスタンス ファミリー内にあり、ホストに十分なインスタンスキャパシティがある限り、同じホスト上で異なるインスタンスタイプを実行できます。

例えば、R5 インスタンス ファミリー内のさまざまなインスタンスタイプをサポートするホストを割り当てることができます。この場合は、そのホスト上で、ホストの物理コア容量まで、r5.larger5.xlarger5.2xlarger5.4xlarge などの R5 インスタンスタイプの任意の組み合わせを起動できます。

次のインスタンスファミリーは、複数のインスタンスタイプをサポートする Dedicated Hosts をサポートしています。

  • 一般的な用途:A1、M5、M5n、M6i、T3

  • コンピューティングの最適化: C5、C5n、および C6i

  • メモリ最適化: R5、R5n、R6i

ホストで実行できるインスタンスの数は、ホストが提供する物理コア数、およびホスト上で実行する各インスタンスタイプによって消費されるコア数によって異なります。例えば、48 個の物理コアを提供する R5 ホストを割り当て、2 つの r5.2xlarge インスタンス (4 コア x 2 インスタンス) と 3 つの r5.4xlarge インスタンス (8 コア x 3 インスタンス) を実行するとします。これらのインスタンスは合計 32 コアを消費します。残りの 16 コアを超えない限り、R5 インスタンスを任意に組み合わせて実行できます。

ただし、各インスタンスサイズで実行可能な上限のインスタンス数は、インスタンスファミリーごとに異なります。例えば、R5 専有ホスト は、32 個の物理コアを使用する r5.8xlarge インスタンスを最大 2 個までサポートします。さらに、ホストのコア容量を満たすために、より小さいサイズの R5 インスタンスを追加して使用できます。各インスタンスファミリーでサポートされているインスタンスサイズの数については、「Amazon EC2 Dedicated Hosts の料金」を参照してください。

次の表に、インスタンスタイプの組み合わせの例を示します。

インスタンスファミリー インスタンスサイズの組合せ例

R5

  • 具体例 1: 4 x r5.4xlarge + 4 x r5.2xlarge

  • 具体例 2: 1 x r5.12xlarge + 1 x r5.4xlarge + 1 x r5.2xlarge + 5 x r5.xlarge + 2 x r5.large

C5

  • 具体例 1: 1 x c5.9xlarge + 2 x c5.4xlarge + 1 x c5.xlarge

  • 具体例 2: 4 x c5.4xlarge + 1 x c5.xlarge + 2 x c5.large

M5

  • 具体例 1: 4 x m5.4xlarge + 4 x m5.2xlarge

  • 具体例 2: 1 x m5.12xlarge + 1 x m5.4xlarge + 1 x m5.2xlarge + 5 x m5.xlarge + 2 x m5.large

考慮事項

複数のインスタンスタイプをサポートする Dedicated Hosts を使用する場合は、次の点に注意してください。

  • C5n、M5n、R5n などの N タイプの Dedicated Hosts では、小さいサイズのインスタンス (2xlarge 以下) と大きいインスタンスサイズ (4xlarge 以上、metal を含む) を混在させることはできません。N タイプの Dedicated Hosts で小さいインスタンスサイズと大きいインスタンスサイズを同時にホストする必要がある場合は、小さいインスタンスサイズと大きいインスタンスサイズに別々のホストを割り当てる必要があります。

  • 大きいインスタンスサイズから起動し、必要に応じて残りのインスタンスキャパシティを小さいインスタンスサイズで埋めることをお勧めします。

Bring your own license

Dedicated Hosts を利用すると、ソフトウェアライセンスを、既存のソケット単位、コア単位、または VM 単位で使用できます。自分のライセンスを使用する場合、お客様は自分のライセンスを管理する責任があります。ただし、Amazon EC2 ではインスタンスアフィニティやターゲットを絞ったプレイスメントなど、ライセンスのコンプライアンスを維持するための機能を利用できます。

自分のボリュームライセンスマシンのイメージを Amazon EC2 で使用するための一般的な手順を以下に示します。

  1. マシンイメージの使用を制御するライセンス条件が、仮想化クラウド環境での使用を許可していることを確認します。

  2. マシンイメージを Amazon EC2 内で使用できることを確認したら、VM Import/Export を使用してインポートします。マシンイメージをインポートする方法については、VM Import/Export ユーザーガイドを参照してください。

  3. マシンイメージをインポートしたら、自分のアカウント内のアクティブな Dedicated Hosts で、そのイメージからインスタンスを起動できます。

  4. オペレーティングシステムによっては、これらのインスタンスを実行する際、自分の KMS サーバー 。

注記

イメージが AWS 内でどのように使用されているかを追跡するには、AWS Config でホストの記録を有効にします。AWS Config では、Dedicated Hosts での設定の変更を記録したり、その出力をライセンスレポートのデータソースとして使用したりすることができます。詳細については、「設定の変更の追跡」を参照してください。

Dedicated Hosts の制約事項

Dedicated Hosts を割り当てる際は、次の制限と制約に注意してください。

  • Dedicated Hosts で RHEL、SUSE Linux、SQL Server を実行するには、独自の AMI を使用する必要があります。AWS が提供している、あるいは AWS Marketplace から入手が可能な RHEL、SUSE Linux、SQL Server の AMI は、Dedicated Hosts では使用できません。独自の AMI を作成する方法の詳細については、「Bring your own license」を参照してください。

    この制限は、ハイメモリインスタンス (u-6tb1.metalu-9tb1.metalu-12tb1.metalu-18tb1.metal、および u-24tb1.metal) に割り当てられたホストには適用されません。AWS によって提供される、または AWS Marketplace で利用できる RHEL および SUSE Linux AMI は、これらのホストで使用できます。

  • インスタンスファミリーごとの Dedicated Hosts の実行数には、リージョンごとに AWS アカウントあたりの上限があります。クォータは実行中のインスタンスにのみ適用されます。インスタンスが保留中、停止処理中、停止済みの場合、クォータにはカウントされません。アカウントのクォータを確認する、または引き上げをリクエストするには、Service Quotas コンソールを使用してください。

  • Dedicated Host で実行されるインスタンスは、VPC でのみ起動できます。

  • Auto Scaling グループは、ホストリソースグループを指定する起動テンプレートを使用する場合にサポートされます。詳細については、Amazon EC2 Auto Scaling ユーザーガイドの「Auto Scaling グループの起動テンプレートの作成」を参照してください。

  • Amazon RDS インスタンスはサポートされません。

  • AWS 無料利用枠は Dedicated Hosts ではご使用になれません。

  • インスタンスのプレイスメント制御は、Dedicated Hosts でのインスタンスの起動管理を表します。Dedicated Hosts をプレイスメントグループで起動することはできません。

  • 仮想インスタンスタイプにホストを割り当てる場合、ホストの割り当て後にインスタンスタイプを .metal インスタンスタイプに変更することはできません。例えば、m5.large インスタンスタイプにホストを割り当てた場合、インスタンスタイプを m5.metal に変更することはできません。

    同様に、.metal インスタンスタイプにホストを割り当てる場合、ホストの割り当て後にインスタンスタイプを仮想インスタンスタイプに変更することはできません。例えば、m5.metal インスタンスタイプにホストを割り当てた場合、インスタンスタイプを m5.large に変更することはできません。