EC2 フリートの設定戦略 - Amazon Elastic Compute Cloud

EC2 フリートの設定戦略

EC2 フリート は、オンデマンドインスタンス と スポットインスタンス のグループです。

EC2 フリート は、フリートのリクエストで指定したターゲット容量を満たすために必要なインスタンス数の起動を試みます。フリートは、オンデマンドインスタンス のみ、または スポットインスタンス のみで構成するか、オンデマンドインスタンス と スポットインスタンス を組み合わせて構成できます。スポットインスタンス へのリクエストは、利用可能な容量があり、リクエストで指定した 1 時間あたりの上限料金がスポット料金を超えている場合に達成されます。また、スポットインスタンス が中断した場合、フリートはターゲット容量を維持しようとします。

フリートに対する 1 時間あたりの支払い上限容量を設定し、上限料金に達するまで EC2 フリート でインスタンスを起動することもできます。支払い上限料金に達すると、ターゲット容量に満たない場合でも、フリートはインスタンスの起動を停止します。

スポットキャパシティープールは、同じインスタンスタイプとアベイラビリティーゾーンを使用する、未使用の EC2 インスタンスのセットです。EC2 フリート を作成する場合に複数の起動条件を含めることができ、これにはインスタンスタイプ、アベイラビリティーゾーン、サブネット、上限価格があります。フリートは、リクエストに含まれる起動条件と、そのリクエストの設定に基づいてリクエストを処理するための、スポットキャパシティープールを選択します。スポットインスタンス は選択されたプールから取得されます。

EC2 フリート では、コアまたはインスタンスの数やメモリの量に基づいてアプリケーションにとって意味がある大量の EC2 容量をプロビジョニングできます。たとえば、EC2 フリート が 200 インスタンス (そのうち 130 が オンデマンドインスタンス で、残りが スポットインスタンス) のターゲット容量を起動するように指定できます。

ニーズを満たす EC2 フリート を作成するのに適切な設定戦略を使用してください。